« <OK牧場の決斗> | トップページ | <合衆国最後の日> »

2010年11月 3日 (水)

「二人の愛を縛ったの」

【元気をもらった映画のセリフ】

「シネログ」もチェック!

<今回のセリフ>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「二人の愛を縛ったの」

  ヒント1:強迫性緊縛症

  ヒント2:if もしも…

  ヒント3:日本映画監督協会新人賞
 
  正解は、次回

(映画で元気の一言)こんな風に縛られたら・・・

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)クリスマス・トワイライト・パス

<前回のセリフの答>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「レディーと花売り娘の違いは、彼女がどう振舞うかではなく、彼女がどう扱われるかによるのです」
(The difference between a lady and a flower girl is not how she behaves, but how shi is treated.)

正解「ピグマリオン」(PYGMALION)
製作:1938年 イギリス
監督:アンソニー・アスクィス 
    レスリー・ハワード 
原作:ジョージ・バーナード・ショウ 
音楽:アルテュール・オネカー 
出演:レスリー・ハワード 
   ウェンディ・ヒラー 
  メアリー・ローア 
  ウィルフリッド・ローソン 
解説:後にミュージカル「マイ・フェア・レディとなることで知られるB・ショウの戯曲の、彼自身による脚本での映画化で、監督は主演のハワードとA・アスキスが共同で当たった。
   彫刻が趣味の王ピグマリオンが自分の彫った人形ガラティアに恋をし、神に祈ってそれに魂を入れてもらうというギリシア神話の挿話の、ショウ一流の辛辣な翻案で、王は音声学者ヒギンズ教授に、人形は花売り娘イライザに、そして舞台は天界からロンドンに変わる。

(映画で元気の一言)映画「マイ・フェア・レディ」とはまた一味違う。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:バギーさんの枕映画草子 ピグマリオン(1938)(英) 〔5.0〕   
    INTRO | ヨーロッパ映画名作選    
    nlog(n): バーナードショーといえば ghoti    
    映画「ピグマリオン」を観て・・・(331)    
    [映画] 「ピグマリオン」感想

|

« <OK牧場の決斗> | トップページ | <合衆国最後の日> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/49925002

この記事へのトラックバック一覧です: 「二人の愛を縛ったの」:

« <OK牧場の決斗> | トップページ | <合衆国最後の日> »