« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月23日 (火)

「失くしたものがあるのは、あなただけじゃないのよ

【元気をもらった映画のセリフ】

「シネログ」もチェック!

<今回のセリフ>
 このセリフが出てくる映画とは?
「失くしたものがあるのは、あなただけじゃないのよ。私もよ。私の愛した人を失くしたの」
(You're not the only one who lost in this. I lost, too. I lost the one man I ever loved.)

  ヒント1:リンダ 

  ヒント2:ハリソン・フォード

  ヒント3:弁護士
 
  正解は、次回に

(映画で元気の一言)自分を失った者が、それを取り戻していくことはさぞかし・・・

<前回のセリフの答>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「二人の愛を縛ったの」

正解「
製作年 : 1994年
製作国 : 日本
配給 : ヘラルド・エース
監督:岩井俊二 イワイシュンジ
原作:岩井俊二 イワイシュンジ
出演:山口智子 ヤマグチトモコ (妻)
   豊川悦司 トヨカワエツシ (夫)
   田口トモロヲ タグチトモロヲ (カウンセラー)
解説:なんでも縛りたくなってしまう″強迫性緊縛症″の女性と、その夫を中心としたドラマ。
   監督はTVドラマ「if もしも…」の1エピソード「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」で日本映画監督協会新人賞を受賞した岩井俊二

Undo - goo 映画 

(映画で元気の一言)夫は妻を思い、妻は夫を思い・・・

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考映画『undo』    
       
フランソワ・オゾン、岩井俊二作品原作の演劇    
    
「If もしも」といえば、岩井俊二    
    
2008年11月18日    
    
Undo ”アンドゥー”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

<合衆国最後の日>

コラム【この映画で元気95】

「シネログ」もチェック!
 
 映画が製作されたのは1977年だが、その時点では近未来の1981年の本日11月16日、元空軍大佐ローレンス・デル(バート・ランカスター)ら四人がモンタナ州のミサイル基地を占拠した。
 デルは、大統領(リチャード・ダーニング)に、ベトナム戦争の秘密文書の公開と、大統領自身の人質などを要求する。
 文書が公開されれば、合衆国は崩壊することになる。
 要求を拒めばミサイルが発射され、世界核戦争が始まる・・・

<合衆国最後の日>

 変化球ばかり投じるロバート・アルドリッチ監督のポリティカル・フィクション。
 ランカスターが「五月の七日間」についで、近未来の反乱者を演じた。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

合衆国最後の日(Twilight's Last Gleaming)
製作年 : 1977年
製作国 : アメリカ 西ドイツ
配給 : 日本ヘラルド映画
監督:ロバート・アルドリッチ
原作:ウォルター・ウェイジャー
出演:バート・ランカスター  (Dell)
   リチャード・ウィドマーク  (General Mackenzie)
   ポール・ウィンフィールド  (Powell)
   バート・ヤング  (Garvas)
   チャールズ・ダーニング  (President Stevens)
解説:ミサイル基地を占領し機密文書の公開を企てるグループと政府とのやりとりを描くSF。
   製作はマーヴ・アデルソン、監督は「ロンゲスト・ヤード 」のロバート・アルドリッチ、脚本はロナルド・M・コーエンとエドワード・ヒューブッシュ、原作はウォルター・ウェイジャー(徳間書房刊)、撮影はロバート・ハウザー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。
   出演はバート・ランカスター、リチャード・ウィドマーク、バート・ヤングなど

 (映画で元気の一言)反乱者の指導者であろうと、映画「大空港」のような空港長であろうと、こうと思った意志を貫こうとする役にバート・ランカスターはぴったりである。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:合衆国最後の日 / 6.8 / Twilight's Last Gleaming
     バート・ランカスター 様  Burt Lancaster
   ロンゲスト・ヤード」:映画チラシ・第127回目 [超絶!映画チラシ!]
     これぞ硬派監督の代表 《ロバート・アルドリッチ
    「エンティティー 霊体」「合衆国最後の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

「二人の愛を縛ったの」

【元気をもらった映画のセリフ】

「シネログ」もチェック!

<今回のセリフ>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「二人の愛を縛ったの」

  ヒント1:強迫性緊縛症

  ヒント2:if もしも…

  ヒント3:日本映画監督協会新人賞
 
  正解は、次回

(映画で元気の一言)こんな風に縛られたら・・・

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)クリスマス・トワイライト・パス

<前回のセリフの答>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「レディーと花売り娘の違いは、彼女がどう振舞うかではなく、彼女がどう扱われるかによるのです」
(The difference between a lady and a flower girl is not how she behaves, but how shi is treated.)

正解「ピグマリオン」(PYGMALION)
製作:1938年 イギリス
監督:アンソニー・アスクィス 
    レスリー・ハワード 
原作:ジョージ・バーナード・ショウ 
音楽:アルテュール・オネカー 
出演:レスリー・ハワード 
   ウェンディ・ヒラー 
  メアリー・ローア 
  ウィルフリッド・ローソン 
解説:後にミュージカル「マイ・フェア・レディとなることで知られるB・ショウの戯曲の、彼自身による脚本での映画化で、監督は主演のハワードとA・アスキスが共同で当たった。
   彫刻が趣味の王ピグマリオンが自分の彫った人形ガラティアに恋をし、神に祈ってそれに魂を入れてもらうというギリシア神話の挿話の、ショウ一流の辛辣な翻案で、王は音声学者ヒギンズ教授に、人形は花売り娘イライザに、そして舞台は天界からロンドンに変わる。

(映画で元気の一言)映画「マイ・フェア・レディ」とはまた一味違う。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:バギーさんの枕映画草子 ピグマリオン(1938)(英) 〔5.0〕   
    INTRO | ヨーロッパ映画名作選    
    nlog(n): バーナードショーといえば ghoti    
    映画「ピグマリオン」を観て・・・(331)    
    [映画] 「ピグマリオン」感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »