« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月26日 (火)

<OK牧場の決斗>

コラム【この映画で元気94】

「シネログ」もチェック!

<OK牧場の決斗>
 1881年の本日10月26日、メキシコ国境に近いアリゾナのトゥムストーンのOKコラルで激しい死闘が繰り広げられた。
 かねて確執のあったワイアット・アープ(バート・ランカスター)兄弟とクラントン兄弟の銃撃戦である。
 OKコラルは、牧場ではなく、柵で囲われた馬置き場である。
 アープ組には、医者のくせに胸を患うドク・ホリディ(カーク・ダグラス)が加わっていた。
 1957年製作のジョン・スタージェス監督のダイナミックな西部劇である。
 
 本テーマによる作品は、「荒野の決闘 」(1946年、ジョン・フォード監督)他、
「ドク・ホリデー」(1971年、フランク・ペリー監督)、
ワイアット・アープ 」(1993年、ローレンス・カスダン監督)、
「トゥームストーン」(1994年、ジョージ・P・コスマトス監督)
等が製作されている。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

OK牧場の決斗」(Gunfight at the O.K. Corral)
製作年 : 1956年
製作国 : アメリカ
配給 : パラマウント
監督:ジョン・スタージェス
出演:
バート・ランカスター  (Wyatt Earp)

   カーク・ダグラス  (Doc Holliday)
   ロンダ・フレミング  (Laura Denbow)
   ジョー・ヴァン・フリート  (Kate Fisher)
   ジョン・アイアランド  (Ringo)
解説:保安官ワイアット・アープが、医者からヤクザに身を持ちくずしたドク・ホリデイの助太刀でOKコラールに仇敵クラントン一家と死闘を交えたという西部の歴史に語り伝えられる事件の映画化で、1946年、ジョン・フォードが「荒野の決闘」として以来今回が2度目の映画化である。
   ジョージ・スカリンの原案からレオン・ユーリスが脚本を書きブラボー砦の脱出」のジョン・スタージェスが監督した。
   撮影監督は「雨を降らす男」のチャールズ・ラング、作曲指揮は「友情ある説得」のディミトリ・ティオムキン。
   主演は「ヴェラクルス」のバート・ランカスター、「海底2万マイル」のカーク・ダグラス、「オドンゴ」のロンダ・フレミング、「ながれ者」のジョー・ヴァン・フリート、「誇りを汚すな」のジョン・アイアランド。他に「雨を降らす男」のアール・ホリマン、「ローンレンジャー」のライル・ベトガーなど。
   フランク・フェイレンが主題歌を歌う。

OK牧場の決斗 - goo 映画

(映画で元気の一言)カーク・ダグラスのドク・ホリディの渋みと人間臭さが、何とも言えずよかった。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:ジョン・スタージェス監督作品『OK牧場の決斗』(1957)を鑑賞した    
    OK牧場の決斗    
    OK牧場の決斗 [DVD]    
    映画 OK牧場の決斗(1957) ガッツ石松のギャグにされているけれど 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

映画話題「雷桜」

「シネログ」の新着記事をチェック!「シネログ」もチェック!

  緑豊かな山中に突如現れた野生美な娘は、実写とアニメの違いはあるにしても背景も、スタイルももののけ姫を思い出させた。

  大木が落雷により真っ二つに割れ、そこに遭遇した者の人生を変えてしまうのは、「ヨーク軍曹」でアルビン・ヨークが雨の中の教会前のシーンと同じである。
 
  祭りの場面で、囃子ながら激しく踊る村人に囲まれ、次第にその円の中心の存在となっていく二人は、「ロミオとジュリエット」(1968年)のキャピュレット家の夜会での出会い場面を彷彿とさせた。

  10/22(金)ロードーショー開始の雷桜(C) 2010「雷桜」製作委員会を、去る10月12日の試写会で観た感想である。

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】ワケあり品がお買い得!アイオープラザ

映画「雷桜」
製作:2010年
監督:廣木隆一
原作:宇江佐真理
出演:岡田将生
   蒼井優

   小出恵介
   柄本明
   時任三郎

あらすじ:徳川将軍・秀斉の十七男として生まれた清水斉道は、母の愛を知らず心に病を抱えていた。
     一方、瀬田村の山で生まれ育った野性の娘・雷は、豊かな自然の中を自由奔放に駆け回っていた。
     雷の住む瀬田山の中腹には、落雷で根元から折れた銀杏に桜が芽をつけた奇妙な巨木“雷桜”があった。
     斉道は、病の静養のため、家臣・瀬田助次郎の話にあった瀬田村を静養地として選ぶ。
     瀬田村に向かう道中、斉道は鷹を追って瀬田山に一人で入り込んでいき、美しくも奇妙な樹“雷桜”の下で、雷と出会う。

解説:時代小説家・宇江佐真理の同名小説を映画化。
   主人公・斉道役には、『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』などで数々の映画賞を受賞し、今日本映画界で最も注目されている若手実力派俳優・岡田将生。
   ヒロイン・雷役には、『フラガール』で数多くの映画賞を受賞し、今や日本映画界に欠かせない若手実力派女優・蒼井優。
   監督は『余命1ヶ月の花嫁 』の廣木隆一。

雷桜 - goo 映画
 

「雷桜」公式サイト

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:『雷桜』 in 釜山国際映画祭2010    
        映画 「雷 桜」のロケのこと    
       雷桜 [その他]    
       蒼井優&岡田将生の恋愛時代劇「雷桜」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

「レディーと花売り娘の違いは、彼女がどう振舞うかではなく

【今週の元気をもらった映画のセリフ】

「シネログ」もチェック!

<今週のセリフ>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「レディーと花売り娘の違いは、彼女がどう振舞うかではなく、彼女がどう扱われるかによるのです」
(The difference between a lady and a flower girl is not how she behaves, but how shi is treated.)

  ヒント1:イライザ

  ヒント2:ロンドン

  ヒント3:バーナード・ショー
 
  正解は、次回

(映画で元気の一言)誰でも淑女になれる

ブックオフオンライン

<先週のセリフの答>
 このセリフが出てくる映画とは?
 「キスしてほしいんだ 勝利のおまじないに そしたら今夜ぐっすり寝れる気がすんだ」

正解「タッチ」(2005)
製作年 : 2005年
製作国 : 日本
配給 : 東宝
原作:あだち充 アダチミツル
監督:犬童一心 イヌドウイッシン
出演:長澤まさみ ナガサワマサミ (浅倉南)
   斉藤祥太 サイトウショウタ (上杉達也)
   斉藤慶太 サイトウケイタ (上杉和也)
   RIKIYA リキヤ (原田正平)
   平塚真介 ヒラツカシンスケ (松平孝太郎)
解説:双子の兄弟と幼なじみの隣家の娘が織り成す、甲子園出場にかけた夢と恋愛模様を描いた青春ラヴ・ストーリー。
   監督は「メゾン・ド・ヒミコ」の犬童一心。
   あだち充による同名コミックを基に、『Deep Love~ホスト』の山室有紀子が脚色。
   撮影を「メゾン・ド・ヒミコ」の蔦井孝洋が担当している。
   主演は、「世界の中心で、愛をさけぶ 」の長澤まさみと『ホットマン2 』の斉藤祥太、「少女惨殺 -スワンズソング- 」の斉藤慶太。
   尚、本作は「空飛ぶ都市計画 施工 contemode STUDIO kajino」と2本立公開された。

タッチ(2005) - goo 映画

上記DVDはDMM.com CD&DVDレンタル可能

(映画で元気の一言)もう一度原作のコミックが読みたくなった。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:【映画】タッチ   
    『タッチ』 監督:犬童一心   
    タッチ 犬童一心監督   
    タッチ   
    金曜ロードショー「タッチ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »