« 「またこんな気持ちになるなんて、思ってもみなかった」 | トップページ | 「キスしてほしいんだ 勝利のおまじないに そしたら今夜ぐっすり寝れる気がすんだ」 »

2010年9月22日 (水)

9/18(土)モンティ・パイソンと「したまちコメディ映画祭」

映画話題【9/18(土)モンティ・パイソンと「したまちコメディ映画祭」】

「シネログ」もチェック!

<思わず笑いがあふれてしまう好ましい不謹慎>
 豪華絢爛たる大ホールの舞台に登場したのは、オーケストラ、大合唱団、そしてフォーマルなスタイルの5人の紳士淑女である。
 そこは、イギリスはロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホール なのである。

 ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall of Arts and Sciences)と言えば、イギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公に捧げられた演劇場で、1871年3月29日の開場以来、ロイヤル・アルバート・ホールでは多くのイベントが行われ伝説的人物を生みだし、「ザ・ネイションズ・ヴィレッジ・ホール」と呼ばれ、建物の大きさは272フィート×238フィートで、形は楕円形をしており8,000人のキャパシティーがある有名な大劇場である。
 1941年より毎年夏に開催されている「BBCプロムナードコンサート(The Proms)」の会場としても有名で、1969年から20年間、ミス・ワールド世界大会の会場として使用され、1991年に日本の大相撲が英国で公演を行った会場でもある。
 このような有名な大劇場を満員にして始まったのは、ただのオペラではなかった。
 
 神と、古代ローマ人と征服され救世主を求めるユダヤ人、ヘルメットをかぶった作業者、そして女装を好む現代のカナダのきこり等々がオペラの主題である。
 男女の愛の行為をオペラ風に表現するとこうなるのか等々、諧謔、風刺、ブラックユーモア・・・取り上げているテーマとその大胆な表現から、不謹慎と言われるかもしれないが、思わず笑いがこみ上げてしまうのが人間の本能だからしかたがない。
 映画ながら、まるで大劇場の特等席の観客として、自分も参加しているように思えてしまうから不思議である。
 この映画は、『Not the Messiah: He's a Very Naughty Boy』 2009年に行われた笑撃の40周年記念公演を特別上映!“パイソンズ”最新のコメディ・オペラ!なのである。
 (2009年/アメリカ/91分/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント提供、Arts Alliance Media Ltd提供)
  監督:オーブリー・パウエル
  出演:エリック・アイドル、テリー・ギリアム、マイケル・ペイリン、テリー・ジョーンズ

<3回目を迎えた日本初の本格コメディ映画祭> 
 今回この映画が見られたのは、第3回*したまちコメディ映画祭in台東が、英国の映画それゆけモンティ・パイソンのプログラムをとりあげていることから後援している駐日英国大使館からのご招待によるものである。
 
 *したまちコメディ映画祭in台東
  2008年11月、東京都台東区において誕生した日本初の本格コメディ映画祭
  昨年は、88,000人以上の来場者でにぎわったこのコメディ映画の祭典が、今年は下町が誇る演劇の祭典「第1回したまち演劇祭」(2010年8月10日(火)~9月20日(月・祝))と同時開催される形で再び9月にやってまいります。
 「したコメ」は、「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、これまでの首都圏の映画祭にはない住民参加型の映画祭を目指しています。
  日本の喜劇発祥の地であり、いまなお古き良き庶民文化が脈々と引き継がれている下町「浅草」と、日本有数の芸術・文化施設の集積地域「上野」を舞台に、浅草在住のクリエイター、いとうせいこう総合プロデューサーを中心に、「コメディ」を単に面白いだけのものに留まらず、芸能・文化・歴史など多角的な側面から捉えていきます。
  そして、世代を超えた多くの方々にコメディ映画に親しんでいただけるよう、国内外の新作・旧作・名作・珍作・異色作から選びに選び抜いた最上級のコメディをプログラミングしていきます。
  世界中で数多くの映画祭が開催されている今日、下町の活気あふれるこの映画祭を通し、世の中を元気にするような「にぎわい」を創り出していくことで、日本を代表する「文化・芸術のまち」、「昔ながらの下町」としての台東区の魅力を国内外に広くアピールしていきます。

 映画上映後は、ゲストに松尾貴史、宮沢章夫、須田泰成らを迎え、アカデミックにモンティ・パイソンを語り尽くす面白トークが行われた。
 さらに、トーク後は、「 モンティ・パイソン/人生狂騒曲」も上映され、違った角度からの生きる意味を”笑いあふれる不謹慎”にて考えさせられた。

◇◇ご覧になって元気がでた映画をご紹介して下さい

参考:したまちコメディ映画祭「モンティ・パイソン」
   
モンティパイソン結成40周年記念:映画祭in台東(駐日英国大使館後援) / 喜劇の系譜
   
9月の予定 ~ 今年の初秋はロンドン日和 [その他オペラ関連]
   

   
Lucky Planet / Neil Innes & The World
   日本モンティパイソン宣言

|

« 「またこんな気持ちになるなんて、思ってもみなかった」 | トップページ | 「キスしてほしいんだ 勝利のおまじないに そしたら今夜ぐっすり寝れる気がすんだ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/49529320

この記事へのトラックバック一覧です: 9/18(土)モンティ・パイソンと「したまちコメディ映画祭」:

« 「またこんな気持ちになるなんて、思ってもみなかった」 | トップページ | 「キスしてほしいんだ 勝利のおまじないに そしたら今夜ぐっすり寝れる気がすんだ」 »