« 「赤毛のアン」を訪ねる | トップページ | 「人生で何が待ちかまえていようと、僕は決してこの言葉を忘れない »

2010年8月 4日 (水)

トラック野郎

「シネログ」もチェック!

コラム【映画を楽しむ85】

<トラック野郎>
 長距離トラック運転手の星桃次郎(菅原文太)と相棒のやもめのジョナサンこと金造(愛川欽也)のコンビで第10作まで作られたシリーズの記念すべき第1作が「トラック野郎 御意見無用」である。
 監督は全て鈴木則文で、独身の桃次郎は、毎回マドンナに血道を上げ、失恋するパターンや、トラックの目的地としてご当地が出てくるのは、同時代のシリーズ「男はつらいよ」を意識したものだ。
 
 第1作のマドンナは、中島ゆたかで、桃次郎は夫婦気取りで「ねぶた祭り」にでかける。
 ねぶたは、青森市で本日8月4日を含む、8月2日~7日に開かれる七夕の行事である。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

  セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)イチオシフェア「目的別で選ぶ旅行」(何をしたい、何を見たいなど、目的から探す旅行。 国内、海外とわず、様々なジャンルから行きたい場所を選べます。 パワースポットを巡るのもよし、人気急上昇の「歴史」を辿ってもよし、家族と友人、たまには1人旅も。目的別の旅行フェア、イチオシです!

トラック野郎 御意見無用
 製作年 : 1975年
 製作国 : 日本
 配給 : 東映
 監督:鈴木則文 スズキノリブミ
 出演:菅原文太 スガワラブンタ  (星桃次郎)
    愛川欽也 アイカワキンヤ  (松下金造)
    中島ゆたか ナカジマユタカ  (倉加野洋子)
    湯原昌幸 ユハラマサユキ  (万田千吉)
    夏夕介 ナツユウスケ  (松岡明)
 解説:長距離トラックの運転手の生活をペーソス豊かに描いた喜劇。
    脚本は澤井信一郎、監督は脚本も執筆している「聖獣学園 」の鈴木則文、撮影は「青い性(1975)」の仲沢半次郎がそれぞれ担当

 トラック野郎 御意見無用(1975) - goo 映画

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい

|

« 「赤毛のアン」を訪ねる | トップページ | 「人生で何が待ちかまえていようと、僕は決してこの言葉を忘れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/49061035

この記事へのトラックバック一覧です: トラック野郎:

« 「赤毛のアン」を訪ねる | トップページ | 「人生で何が待ちかまえていようと、僕は決してこの言葉を忘れない »