« 8/26(木)~第34回モントリオール世界映画祭 | トップページ | 「俺に触れると傷がつくぞ 俺の上には神がいるんだ」 »

2010年8月25日 (水)

<バレンチノ>

「シネログ」もチェック!

コラム【映画を楽しむ88】
<バレンチノ>

 1926年の昨日8月24日は、絶世の美男スターと呼ばれ、全世界の女性のアイドルとなったルドルフ・バレンチノが31歳の若さで病で急死した日である。
 その生涯がケン・ラッセル監督の独自な世界により描かれたのが映画「バレンチノ」である。
 尚、バレンチノ代表作としては「血と砂 」、「毒蛇 」、「黙示録の四騎士」、「シーク」、「熱砂の舞」などがある。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

国内トップクラス高機能メール配信システム、配信し放題「激メール」 

バレンチノ 」(Nureyev is Valentino)4_104047
 製作年 : 1977年
 製作国 : アメリカ
 配給 : ユナイト映画
 監督:ケン・ラッセル
 キャスト:ルドルフ・ヌレエフ  (Rudolph Valentino)
      レスリー・キャロン  (Nazimova)
      ミシェル・フィリップス  (Natasha Rambova)
      キャロル・ケイン  (Fatty's Girl)
      フェリシティ・ケンドール  (June Mathis)
 解説:ハリウッド草創期のわずか5年というスター生活で14本の作品を残し、1926年8月に31歳で倒れた大スター、バレンチノの伝記映画。
    製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、監督は「TOMMY・トミー 」のケン・ラッセル、脚本はケン・ラッセルとマルディク・マーティン、撮影はピーター・サシツキー、音楽はファーディ・グロフェとスタンリー・ブラック、演奏はS・ブラック指揮ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラ、美術はフィリップ・ハニソン、衣裳はシャーリー・ラッセル、編集はスチュアート・ベアード、振付はジリアン・グレゴリーが各々担当。
    出演はルドルフ・ヌレエフ、レスリー・キャロン、ミシェル・フィリップス、キャロル・ケイン、フェリシティ・ケンドール、シーモア・カッセル、ピーター・ヴォーン、ハンツ・ホール、ディビッド・デ・キーザー、アルフレッド・マークス、アントン・ディフリング、ジェニー・リンデン、アンソニー・ダウエルなど
 
◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

参考:突然ですが、ゲゲゲの女房
   "Celluloid Heroes"(セルロイドの英雄)

|

« 8/26(木)~第34回モントリオール世界映画祭 | トップページ | 「俺に触れると傷がつくぞ 俺の上には神がいるんだ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/49249083

この記事へのトラックバック一覧です: <バレンチノ>:

« 8/26(木)~第34回モントリオール世界映画祭 | トップページ | 「俺に触れると傷がつくぞ 俺の上には神がいるんだ」 »