« 話題【2010年上期邦画レンタルランキング】 | トップページ |  「君は今、僕の自転車に相乗りしているだろう »

2010年7月 7日 (水)

<愛と悲しみの山河>

コラム【映画を楽しむ81】

<愛と悲しみの山河>
 1937(昭和12)年の本日7月7日、盧溝橋で日中両軍が衝突し、日中戦争が始まった。
 内閣は不拡大方針をとったが、8月15日、軍部は全面戦争に突入した。
 
 五味川純平の大河小説を山本薩夫監督が三部作として映画化したうちの第二部が、
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河
である。
 第二部では、二・二六事件から西安事件、日中戦争の勃発までが描かれる。
 軍部と財閥が結託した侵略戦争の構図を鋭く突きながらも、男女五組の愛の悲劇が展開される。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

N_619dvn127ps戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河
 製作年 : 1971年
 製作国 : 日本
 配給 : 日活
 監督:山本薩夫 ヤマモトサツオ
 原作:五味川純平 ゴミカワジュンペイ戦争と人間
 出演:滝沢修 タキザワオサム  (伍代由介)
    高橋悦史 タカハシエツシ  (伍代英介)
    浅丘ルリ子 アサオカルリコ  (伍代由紀子)
    北大路欣也 キタオオジキンヤ  (伍代俊介)
    吉永小百合 ヨシナガサユリ  (伍代順子)
    芦田伸介 アシダシンスケ  (伍代喬介)
    水戸光子 ミトミツコ  (お滝)
    波多野憲 ハタノケン  (武居弘道)
    山本圭 ヤマモトケイ  (標耕平)
    江原真二郎 エバラシンジロウ  (灰山浩一)
    南原宏治 ナンバラコウジ  (陣内志郎)
    高橋英樹 タカハシヒデキ  (柘植進太郎)
    三國連太郎 ミクニレンタロウ  (鴫田駒次郎)
    高橋幸治 タカハシコウジ  (高畠正典)
    加藤剛 カトウゴウ  (服部達夫)
    辻萬長 ツジカズナガ  (大塩雷太)
    山田禅二 ヤマダゼンジ  (梅谷庄吉)
    和泉雅子 イズミマサコ  (梅谷邦)
    山本学 ヤマモトガク山本學  (白永祥)
    地井武男 チイタケオ  (徐在林)
    坂口芳貞   (李)
    木村夏江 キムラナツエ  (全明福)
    岸田今日子 キシダキョウコ  (鴻珊子)
    吉永倫子 ヨシナガミチコ  (戸越ユキ)
    龍岡晋 タツオカシン  (趙大福)
    岩崎信忠 イワサキノブタダ  (趙延年)
    栗原小巻 クリハラコマキ  (趙瑞芳)
    西村晃 ニシムラコウ  (狩野市郎)
    佐久間良子 サクマヨシコ  (狩野温子)
    米倉斉加年 ヨネクラマサカネ  (梁思生)
    斉藤真 サイトウマコト  (島津)
    井川比佐志 イガワヒサシ  (朴)
    大月ウルフ オオツキウルフ  (イワーノフ)
    後藤陽吉 ゴトウ  (防人会の男)
    久遠利三 クドウトシゾウ  (防人会の男)
    弘松三郎 ヒロマツサブロウ  (伍代本社総務部長)
    石津康彦 イシヅヤスヒコ  (甘栗売り)
    高原駿雄 タカハラトシオ  (車夫)
    草薙幸二郎 クサナギコウジロウ  (特高刑事)
    内田稔 ウチダミノル  (特高刑事)
    玉村駿太郎 タマムラシュンタロウ  (特高刑事)
    高城淳一 タカギジュンイチ  (特高刑事)
    牧野義介   (看守)
    深江章喜 フカエショウキ  (佐官将校)
    山内明 ヤマウチアキラ  (石原莞爾)
    鈴木瑞穂 スズキミズホ  (ナレーター)
 解説:昭和七年の満州事変から一二年蘆溝橋事件までを背景に、全面的戦火の時代に突入してゆこうという動乱期に、愛と正義を至上のものとして生きようとする伍代家の次男俊介と不幸な結婚に縛られながら俊介と運命をともにしようとする人妻狩野温子の悲劇的な恋愛を中心にさまざまな人間模様を描いていく。
    原作は五味川純平の大河小説「戦争と人間」。
    脚本は「内海の輪」の山田信夫と「沖縄(1970)」の武田敦。
    監督は「戦争と人間 第一部 運命の序曲」の山本薩夫。
    撮影は「女子学園 悪い遊び」の姫田真佐久がそれぞれ担当

     戦争と人間 第二部・愛と悲しみの山河(1971) - goo 映画

「シネログ」もチェック!

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 話題【2010年上期邦画レンタルランキング】 | トップページ |  「君は今、僕の自転車に相乗りしているだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/48820543

この記事へのトラックバック一覧です: <愛と悲しみの山河>:

» 環境についてつぶやいてみるw [パピヨンのブログ]
うわ〜い、只今豪雨でございます。梅雨じゃ、梅雨じゃあ〜。まぁ雨は好きではないですが、このくらい降ってもらわんと水不足よりはましというものですよ、フォッフォッフォッ [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 22時24分

« 話題【2010年上期邦画レンタルランキング】 | トップページ |  「君は今、僕の自転車に相乗りしているだろう »