« 話題【6/12(土)~第13回上海国際映画祭】 | トップページ | 「彼は、私がこの世にいるのかさえも気にしていないの »

2010年6月 9日 (水)

<動物や昆虫を殺して十字架で葬う>

TOEIC英検王者への近道≫≫≫スーパーエルマーの10日間無料試聴(映画は英語のまま観たいですね)

コラム【映画を楽しむ77】

<動物や昆虫を殺して十字架で葬う>
 1940年の今日6月9日は、映画「禁じられた遊び」の1シーンで、パリから避難する途中、五歳の娘のポーレット(ブリジット・フォセエ)がドイツ機の機銃掃射により両親が殺された日と思われる。
 画面では月日は示されていないが、ドイツ軍に追いつめられた連合軍がノルマンディー海岸のダンケルクから撤退を完了したのが6月4日、ドイツ軍がパリに入場したのが14日だから、この日に特定ができそうなのである。
 ポーレットは、10歳になる農家の少年ミシェル(ジョルジュ・プージュリー)と知り合い、彼の家においてもらう。
 
 二人は動物や昆虫をわざわざ殺して十字架で葬うのだが、「禁じられた遊び」は、この遊びと戦争にかけてある。
 純真な子供心の大人への講義と、孤児ポーレットを通して戦争の悲惨さを、ルネ・クレマン監督は切々と訴えた。
 ナルシソ・イエペスの哀愁のあるギター曲続・僕たちの洋楽ヒット(1)’55~’58(禁じられた遊び(ナルシソ・イエペス)を収録)と共に、詩情あふれる映像が世界中の人々を魅了した。

 フォセエもプージュリーも長じて俳優になったが、フォセエが主演した「エミリーの未来」(ヘルマ・サンダース=s、1984年独)では、魚を葬う場面が出てくる。
 フォセエだから演出したとブラームス監督は語っていた。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

禁じられた遊び」(Jeux Interdits)
製作年 : 1952年
製作国 : フランス
配給 : 東和
原作:Francois Boyer フランソワ・ボワイエ 「禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)
監督:Rene Clement ルネ・クレマン
出演:Brigitte Fossey ブリジット・フォッセー  (Paulette)
   Georges Poujouly ジョルジュ・プージュリー  (Michel)

   Lucien Hubert リュシアン・ユベール  (Michel's Father)
   Suzanne Courtal スザンヌ・クールタル  (Michel's Mother)
   Jacques Marin ジャック・マラン  (Georges)

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい

|

« 話題【6/12(土)~第13回上海国際映画祭】 | トップページ | 「彼は、私がこの世にいるのかさえも気にしていないの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/48583607

この記事へのトラックバック一覧です: <動物や昆虫を殺して十字架で葬う>:

« 話題【6/12(土)~第13回上海国際映画祭】 | トップページ | 「彼は、私がこの世にいるのかさえも気にしていないの »