« 「あるひとの存在をこころにとどめる | トップページ | <動物や昆虫を殺して十字架で葬う> »

2010年6月 7日 (月)

話題【6/12(土)~第13回上海国際映画祭】

《58型3D対応プラズマテレビ》「パナソニック TH-P58VT2」■大注目のフルハイビジョン3D映像に対応 プラズマテレビ/地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン対応プラズマテレビ。3Dグラス1台付属。綿密なフルハイビジョン高画質で話題の3D映像が楽しめる 468,000円

 開催期間:6/12(土)~6/20(日)
 今年は上海万博も開催中なのでさぞかしにぎやかなことだろう。

<上海国際映画祭>
 上海国際映画祭(しゃんはいこくさいえいがさい、上海国际电影节、英語:Shanghai International Film Festival)は、中国上海市で毎年6月に開かれる映画祭である。
 1993年に第1回が開かれ、2001年6月に行われた第5回までは隔年開催だったが、2002年の第6回からは毎年開催されている。
 中国国家広播電影電視総局と上海市の主催で行われていたが、1994年より、国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の長編映画祭 (Competitive feature film festival) になった。

 上海国際映画祭公式サイト(英語・中国語のみ)

<上海国際映画祭での日本作品の過去の最優秀賞受賞>
2005年第8回最優秀作品賞・最優秀男優賞
村の写真集
 製作年 : 2003年
 製作国 : 日本
 配給 : ビデオプランニング
 監督:三原光尋 ミハラミツヒロ
 出演:藤竜也 フジタツヤ  (高橋研一)
    海東健 カイトウケン  (高橋孝)    
    宮地真緒 ミヤジマオ  (高橋香夏)
    甲本雅裕 コウモトマサヒロ  (野原正浩)
    ペース・ウー ペースウー  (チン・リン)
 解説:美しい自然が今なお豊かに残る徳島県の山間部を舞台に、一軒の古い写真屋の家族を通して、人と人との絆を描く感動の物語。
    監督は、脚本も手がけたモリノキオクの三原光尋
    頑固一徹の写真屋である高橋研一役に、「 」の名優・藤竜也、孝役には海猿の海東健が起用され、反発し合う父子の微妙な関係を演じ合う。
    さらに徳島出身の俳優・大杉漣らを迎え、複雑に交錯する人の思いを豊かに表現。
    写真は、徳島県出身の写真家、立木義浩が監修している。

<本年度の日本作品関連>
 常盤貴子、市原隼人が「上海・日本映画週間」のゲストとして6/14(土)、万博内のメーンホール「万博文化中心」を訪問、映画上映と舞台あいさつを行う。
 上映予定作品「引き出しの中のラブレター」(常盤貴子)、「猿ロック」(市原隼人)他9作品
 前日の6/13(日)は同センターのホールでSMAPが音楽イベントを行うことになっている。
 詳しくは、スポーツ報知「常盤貴子&市原隼人が上海万博に乗り込む!映画日本代表だ!!」へ 

◆◆上記の映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメ映画・ドラマをご紹介して下さい

|

« 「あるひとの存在をこころにとどめる | トップページ | <動物や昆虫を殺して十字架で葬う> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/48567990

この記事へのトラックバック一覧です: 話題【6/12(土)~第13回上海国際映画祭】:

» 新時代、地上デジタルへ [新時代、地上デジタルへ]
このサイトは地上デジタルを解説したサイトです。 是非ご覧になってください。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 11時53分

« 「あるひとの存在をこころにとどめる | トップページ | <動物や昆虫を殺して十字架で葬う> »