« 話題【ブルーレイで観たい「坂の上の雲」】 | トップページ | 「そんな事して楽しいか 普通の人を感動させろよ 愛を与えろよ」 »

2010年6月16日 (水)

<クレイドル・ウィル・ロック>

スカパー!HD録画対応ハードディスク一覧《すべて録る!見る!!!》ハイビジョン放送が2.0TBのHDDでスカパー!HDなら約480時間、 東芝レグザなら約213時間録画(◎スカパー!HD録画対応ハードディスク 【東芝レグザの直接録画にも対応】《2.0TBモデル》「HVL1-G2.0T/IP」34,800円《1.5TBモデル》「HVL1-G1.5T」29,800円《1.0TBモデル》「HVL1-G1.0T」24,800円)

コラム【映画を楽しむ78】

<クレイドル・ウィル・ロック>
 1937年の本日6月16日、劇場を変えて自主公演されたが、舞台に上がったのは作者のブリッツスタインだけだった。
 
 当時不況下のアメリカは失業演劇人を救済するため、*フェデラル・シアター・プロジェクトを設けていた。
 マーク・ブリッツスタイン(ハンク・アザリア)作、作曲「クレイドル・ウィル・ロック」(揺りかごは揺れる)が、オーソン・ウェルズ(アンガス・マクファディン)の演出で上演されることになっていたが、直前になって政府の方針で中止になった。

 実話の映画化で、ラストの舞台への仕掛けが感動的だった。
 「デッドマン・ウォーキングのティム・ロビンス監督作品
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

*フェデラル・シアター・プロジェクト
 連邦劇場計画(れんぽうげきじょうけいかく、Federal Theatre Project、略称・FTP)はアメリカ合衆国の連邦政府が1930年代の大不況時に打ち出した芸術家支援・救済計画のひとつ。
 劇場での演劇・ダンス公演に出資して国民に安価な娯楽を提供し、あわせて世界恐慌下で職のない劇作家・俳優・スタッフの雇用を目的とした。
(Wikipedia より)

クレイドル・ウィル・ロック」(Cradle Will Rock)
 製作年 : 1999年
 製作国 : アメリカ
 配給 : アスミック・エース エンタテインメント
 監督:Tim Robbins ティム・ロビンス
 
出演:Hank Azaria ハンク・アザリア  (Marc Blitzstein)
   Ruben Blades ルーベン・ブラデス  (Diego Rivera)
   Joan Cusack ジョーン・キューザック  (Hazel Huffman)
   John Cusack ジョン・キューザック  (Nelson Rockefeller)
   Cary Elwes ケアリー・エルウィス  (John Houseman)
   Angus Macfaden アンガス・マクファデン  (Orson Welles)
 解説:1930年代のアメリカで、時代の圧力に立ち向かう芸術家たちの姿を描いた群像劇。
    監督・脚本・製作はデッドマン・ウォーキング」のティム・ロビンス。
    音楽は監督の実兄であるデイヴィッド・ロビンス。
    出演は「天井桟敷のみだらな人々」のジョン・タートゥーロ、「セレブリティ」のハンク・アザリア、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のエミリー・ワトソン、「地上より何処かで」のスーザン・サランドン、「プリティ・ブライド」のジョーン・キューザック、「マルコヴィッチの穴」のジョン・キューザック、「ワイルドシングス」のビル・マーレーほか

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 話題【ブルーレイで観たい「坂の上の雲」】 | トップページ | 「そんな事して楽しいか 普通の人を感動させろよ 愛を与えろよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/48648804

この記事へのトラックバック一覧です: <クレイドル・ウィル・ロック>:

« 話題【ブルーレイで観たい「坂の上の雲」】 | トップページ | 「そんな事して楽しいか 普通の人を感動させろよ 愛を与えろよ」 »