« 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 | トップページ | 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 »

2010年3月 3日 (水)

コラム【映画を楽しむ65】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)新アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」

<上巳の節句>
 1860(万延元)年の今日上巳の節句3月3日、降りしきる雪の中、登城する大老彦根藩主、井伊直弼を江戸城内局輪の一つの桜田門外で、井伊の開国強硬策に反対する水戸の浪士ら18人が襲撃、暗殺した。
 映画「では、浪士側には井伊大老が妾に生ませた新納鶴千代(三船敏郎)がおり、実父とは知らぬまま大老の首を落とし、岡本喜八監督のダイナミックな演出に見ごたえがあった。

 郡司次郎正の小説の映画化だが、原題のままの映画が、「侍ニッポン」(1957年松竹)。
 新納鶴千代には、かつて父坂東妻三郎が演じたこともある田村高廣が演じた。
 
 井伊直弼を扱ったものには、ほかに船橋聖一の原作を映画化した「花の生涯・彦根篇/江戸篇」(1953年松竹)がある。
 くしくも以上三作で直弼に扮したのは松本幸四郎(後の白鸚)だった。
 「花の生涯」は、松本幸四郎(後の白鸚)の映画初出演作である。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

「侍」
 製作年 : 1965年
 製作国 : 日本
 配給 : 東宝
 監督:岡本喜八 オカモトキハチ
 原作:群司次郎正  グンジジロマサ「侍ニッポン」(電子書籍)
 出演:三船敏郎 ミフネトシロウ  (新納鶴千代)
    小林桂樹 コバヤシケイジュ  (栗原栄之助)
    伊藤雄之助 イトウユウノスケ  (星野監物)
    松本幸四郎 マツモトコウシロウ  (井伊直弼)
    新珠三千代 アラタマミチヨ  (お菊)

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 | トップページ | 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47716250

この記事へのトラックバック一覧です: コラム【映画を楽しむ65】:

« 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 | トップページ | 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 »