« コラム【映画を楽しむ67】 | トップページ | 話題【日本のジャンヌ・ダルクは】 »

2010年3月31日 (水)

話題【この映画は英語のまま観たい】

「17歳の肖像」

17

 この映画は字幕スーパーを見るのではなく英語のまま観たい。

 3/30(火)の駐日英国大使館広報部ご招待の試写会にての鑑賞後、改めて4/17(土)からのロードショーやDVDとなって自宅で観る時はそうしたいと思った。

 ジェニーこと主演女優のキャリー・マリガンは、あのオードリー・ヘプバーンの再来とも言われているが、何だか
 「ティファニーで朝食を」の、あの怖いものなしの娘ホリーを思い出させる。

苦手な英語が、これで解決!

 だが、映画の中でキャリー・マリガンは単に奔放さをてらうのではない。
 日々変わることのない生活の中に、新たな刺激を求める未成年の女性の持つ好奇心を十二分に満たし、さらには挫折と立ち直りを見事に演じきるのである。

 そして彼女の存在の陰には
・かっこいいがちょっと悪い恋人役には、『フライトプラン 』でアカデミー賞女優ジョディ・フォスターと共演したピーター・サースガード(Peter Sarsgaard)、
・昔気質のイギリス人の父親役には、2004年は『スパイダーマン2 』で、ドック・オクことオクタビアス教授の役のアルフレッド・モリーナ(Alfred Molina)、
・彼女を諭す校長役には、1993年に『 』でアカデミー主演女優賞を受賞したエマ・トンプソン(Emma Thompson)
・挫折の支えとなった女教師役には、映画「ポストマン」でポストマンの子を宿した女性アビー役だったオリヴィア・ウィリアムズ(Olivia Williams)
等名優の支えがあった。
 
 監督は、2000年にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞し、世界的にヒットしたドグマ映画『幸せになるためのイタリア語講座』の監督デンマーク出身の女性ロネ・シェルフィグ (Lone Scherfig) である。

17歳の肖像
 4月17日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
 (イギリスアカデミー賞での主演女優賞(キャリー・マリガン)
  本年度アカデミー賞、作品賞・主演女優賞・脚色賞の3部門、BAFTA8部門にノミネート)
 【配給】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 【「17歳の肖像」公式HP

◆◆上記の映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメ映画・ドラマをご紹介して下さい

|

« コラム【映画を楽しむ67】 | トップページ | 話題【日本のジャンヌ・ダルクは】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47961628

この記事へのトラックバック一覧です: 話題【この映画は英語のまま観たい】 :

« コラム【映画を楽しむ67】 | トップページ | 話題【日本のジャンヌ・ダルクは】 »