« 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 | トップページ | 話題【この映画は英語のまま観たい】 »

2010年3月24日 (水)

コラム【映画を楽しむ67】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)新アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」

<インサイダー>
 本日3月24日は、たばこ会社の研究開発担当副社長ジェフ・ワイガンド(ラッセル・クロウ)が、B&W社をクビになった日である。
 劇中にO・J・シンプソン釈放、マドポマー事件などの話題が出てくるから1995年の設定のようである。
 アメリカの実在の事件を元に登場人物・団体も全て実名という衝撃の問題作!

 たばこの害について取材を進めていた、米国の三大ネットワークのひとつのCBSの”60ミニッツ”のプロデューサー、バーグマン(アル・パチーノ)がジェフに接近してくる。
 ジェフは「アンモニアを加えることでニコチンをすばやく体内に吸収させる。ニコチンには中毒性がある」とタバコメーカーに大打撃をとなる内容を証言する。
 
 しかし、内部告発者(インサイダー)として踏み切るかどうか悩む。
 一方、せっかく特ダネを入手したバーグマンも社内圧力で放映できずに苦悩する。

 ラストのテロップにあるように、事実からの映画化で、マイケル・マン監督は複雑な内容をテンポよく見せた。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

インサイダー(The Insider)
 製作年 : 1999年
 製作国 : アメリカ
 配給 : 東宝東和配給
 監督:Michael Mann マイケル・マン
 原作:Marie Brenner マリー・ブレナー
 出演:Al Pacino アル・パチーノ  (Lowell Bergman)
    Russell Crowe ラッセル・クロウ  (Jeffrey Wigand)
    Christopher Plummer クリストファー・プラマー  (Mike Wallace)
    Diane Venora ダイアン・ヴェノーラ  (Liane Wigand)
    Philip Baker Hall フィリップ・ベイカー・ホール  (Don Hewitt)

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 | トップページ | 話題【この映画は英語のまま観たい】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47898543

この記事へのトラックバック一覧です: コラム【映画を楽しむ67】:

« 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 | トップページ | 話題【この映画は英語のまま観たい】 »