« 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 | トップページ | 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 »

2010年3月17日 (水)

コラム【映画を楽しむ66】

ロケーター (探し物が見つからない・・・光と音で探し物を探知するロケーター!!)

<三浦按針>
 1600(慶長5)年の本日3月16日、オランダ船リーフデ号が初めて日本に来航した。(豊後に漂着)
 水先案内人をしていたのがイギリス人のウィリアム・アダムス(三浦按針、みうらあんじん)だった。

 この三浦按針をモデルにしたジェームズ・クラベルのベストセラー小説をジェリー・ロンドン監督が12時間のTVミニ・シリーズにし、日本ではダイジェスト版「将軍」が劇場公開された。
 映画「将軍」の中では三浦按針は、ブラックソーン(リチャード・チェンバレン)となっており、逆臣明智光秀の娘まりこ(島田陽子)と恋に落ちる。
 家康は虎長(三船敏郎)となっていた。
 家康が江戸幕府を開くのは、その3年後の1603年である。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

映画将軍 (Shogun)
 製作年 : 1980年
 製作国 : アメリカ
 配給 : 東宝配給
 監督:Jerry London ジェリー・ロンドン
 原作:James Clavell ジェームズ・クラベル 「将軍〈上巻〉 (1980年)
 出演:Richard Chamberlain リチャード・チェンバレン  (Blackthorn)
    Toshiro Mifune 三船敏郎  (Toranaga)
     島田楊子(陽子) シマダヨウコ  (Mariko)
    Frankie Sakai フランキー堺  (Yabe)
    Damien Thomas ダミアン・トーマス  (Albid)
 解説:戦乱の世が終わった1600年ごろの日本を舞台に、大閣秀吉亡き後の諸大名の動行と、漂着した1人のイギリス航海士が旗本になってゆく過程を描く。
    製作総指揮・原作は「大脱走」の脚本で知られるジェームズ・クラベル、製作・脚本はエリック・バーコビッチ、監督はTV『自動車』のジェリー・ロンドン

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 | トップページ | 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47835909

この記事へのトラックバック一覧です: コラム【映画を楽しむ66】:

« 話題【おめでとう ジェフ・ブリッジス】 | トップページ | 「若いものを育てなければ どんな国にも道はない」 »