« 話題【ローランド・エメリッヒの「2012」が】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 »

2010年2月24日 (水)

コラム【映画を楽しむ64】

 地デジやBSを見る録る!オールインワン地デジパソコン簡単スタートセット

<カーニバル>
 聖バレンタインデーと重なった日曜日の2月14日、パリでは*カーニバルが行われた。
 映画「天井桟敷の人々」の、映画史に残る名作のラストシーンが、カーニバルでにぎわうパリの大通りだった。
 天才的パントマイム役者バティスト(ジャン=ルイ・バロー)が恋い慕うガランス(アルレッティ)を追って群衆の中を走るシーンは圧巻だった。
 第二次大戦中のドイツ占領下の困難な状況の中で製作されながらも、その制約ゆえにマルセル・カルネ監督の代表作となった。

 *カーニバル
  キリスト教では、復活祭(イースター)前の準備期間を四旬節と呼び、この期間は信者は祈りと断食に励む習慣がある。
  四旬節の始まるのが灰の水曜日(2010年は2月17日)で、その前の数日間、せいぜい肉を食べておこうという民族行事が謝肉祭(カーニバル)である。

(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

DMM.com CD&DVDレンタル

天井桟敷の人々 」(Les Enfants du Paradis)
 製作年 : 1944年
 製作国 : フランス
 配給 : 東宝
 監督:Marcel Carne マルセル・カルネ
 出演:Pierre Brasseur ピエール・ブラッスール 
    Arletty アルレッティ  (Garance)
    Marcel Herrand マルセル・エラン  (Lacenaire)
    Fabien Loris フェアビン・ロリス  (Avril)
    Jean Louis Barrault ジャン・ルイ・バロー  (Baptiste Deburau)

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

|

« 話題【ローランド・エメリッヒの「2012」が】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47655014

この記事へのトラックバック一覧です: コラム【映画を楽しむ64】:

« 話題【ローランド・エメリッヒの「2012」が】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ】 »