« 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 | トップページ | 【NO.39「あ」のつく元気になった海外の脇役男優】 »

2009年12月16日 (水)

コラム【映画を楽しむ55】

<ブックオフで安く、一気にオトナ買い!>
書籍『東野圭吾映像化作品(文庫版)』をオトナ買い!icon
CD『マイケル・ジャクソンのアルバム』をオトナ買い!icon
ゲーム『ドラクエシリーズ』をオトナ買い!icon

<バルジ>
 ドイツの敗戦はもはや時間の問題とされていた944年の本日12月16日、ベルギーのアルデンヌの戦いでドイツ軍が最後の猛反撃に出た。
 楽勝ムードのアメリカ軍の前に現れたのは、すざまじい量の戦車、黒い皮ジャンパー、ヘルメットに身をかためたロバート・ショーが指揮する、ドイツ軍のタイガー戦車軍団だった。
 大戦車軍団が画面を圧倒するケン・アナキン監督の戦争スペクタクルである。
 ”バルジ”とは戦線の突出部という意味である。
(参考:今日のシネマは? 著:近藤道郎)

バルジ大作戦」(Battle of the Bulge)
製作:1965年 アメリカ ワーナー・ブラザース映画配給
監督:Ken Annakin ケン・アナキン
出演:Henry Fonda ヘンリー・フォンダ  (Lt. Col. Kiley)
   Robert Shaw ロバート・ショウ  (Col. Hassler)
    Robert Ryan ロバート・ライアン  (Gen Grey)
    Dana Andrews ダナ・アンドリュース  (Col. pritchard)
    George Montgomery ジョージ・モンゴメリー  (Sgt. Duquesne)
あらすじ:第2次大戦のヨーロッパ戦線。
  破竹の進撃を続ける連合軍の間では、ナチの崩壊も時間の問題だという楽観ムードになっていたが、陸軍中佐カイリー(ヘンリー・フォンダ)だけは、独軍が必ずもう1度、反撃に出てくるだろうという危惧を抱いていた。
  プリチャード大佐(ダナ・アンドリュース)によって一笑に附されたし、グレー将軍(ロバート・ライアン)らにも疑問をもって迎えられただけだった。
  その頃ドイツでは、ヘスラー大佐(ロバート・ショウ)らが、大奇襲作戦の準備にかかっていた。
  カイリーはあるのんびりした兵営地に行ったが、そのとき独軍の戦車隊の攻撃が始まった・・・
   You Tubeでバルジ大作戦(Battle of the Bulge)

<歴史:バルジの戦い>
 バルジの戦い (Battle of the Bulge)とは、第二次世界大戦の西部戦線におけるドイツ軍の最後の大反撃に対する連合軍からの呼び名である。
 バルジ(Bulge)とは「出っ張り」を指す英語である。ドイツ軍の進撃により戦線の一部が突出したことから米軍が名付けた。
 映画『バルジ大作戦』公開以降に同名称が良く知られるようになった。
 ドイツ軍は作戦名「ラインの守り」 (独:Unternehmen ”Wacht am Rhein”) の下に大攻勢をかけた。
 大反撃は、西方軍総司令官(Oberbefehlshaber West)だったゲルト・フォン・ルントシュテット元帥により立案されたことからルントシュテット攻勢(独:Rundstedt-Offensive)、地名からアルデンヌ攻勢(独:Ardennenoffensive)と呼ばれる。
(背景)
 1944年9月4日、イギリス軍はベルギーのアントウェルペンを解放したものの、補給拠点として使用するには周辺のドイツ軍を掃討する必要があるため、使用可能となる目処は立っていなかった。
 そのため、補給線の延びきった連合軍の進撃は休止し、戦線は膠着状態にあった。
 この状況を打開するため、9月17日バーナード・モントゴメリー将軍の計画した*マーケット・ガーデン作戦が開始され、ドイツ本国への侵攻が試みられたが、この作戦は余りにも無謀に過ぎ、多くの犠牲とともに大失敗した。
 戦線は再び膠着し、連合軍は一時的に進撃を中止して重大な問題となっていた補給対策に取り組み始めた。
 また東部戦線も同じ時期、ソビエト連邦によるバグラチオン作戦がポーランド東部で息切れしていた頃で、小休止状態にあった。
 この機会に乗じたヒトラーは乾坤一擲ともいえるような反撃作戦を構想した。
 おそらく1940年のフランスに対する電撃戦の勝利を再現しようとしたもので、ベルギーのアルデンヌ地方の森林地帯を装甲部隊が突破し、一路アントウェルペンに進撃してこれを奪回し、西部戦線北方の連合国軍を包囲、壊滅させるという案であった。
 軍部首脳のルントシュテットやモーデルは、この計画は無謀だとして反対したと言われているが、さらにヒトラーはこの作戦の成功により西部戦線の停滞、もしくは講和を実現させて、東部戦線に戦力を集中させようとしていたと推測されている。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

*マーケット・ガーデン作戦
 映画「遠すぎた橋にて映画化されている。

◆◆こ映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの映画をご紹介して下さい 

「シネログ」もチェック!

|

« 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 | トップページ | 【NO.39「あ」のつく元気になった海外の脇役男優】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/47038058

この記事へのトラックバック一覧です: コラム【映画を楽しむ55】:

« 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 | トップページ | 【NO.39「あ」のつく元気になった海外の脇役男優】 »