« 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ49】 »

2009年11月 3日 (火)

【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】

新規で「J:COM TV デジタル + HDR」もしくは「J:COM TV デジタルコンパクト + HDR」 にお申し込みいただき、2010年1月15日(金)までに設置工事を完了されたお客さま を対象に、HDレコーダーつきデジタルチューナー[HDR]の月額基本料が無料になるキャンペーンを開催中

<今週の元気をもらったセリフ>

 前回このセリフが出てくる映画とは?
「月を指差してこう言えばいい
 愛しいひとよ あなたにあの月をあげよう」

正解:「陰陽師
 製作 :2001年 日本 東宝配給
 監督:滝田洋二郎 タキタヨウジロウ
 原作:夢枕獏 ユメマクラバク     
 出演:野村萬斎 ノムラマンサイ  (安倍晴明)
    伊藤英明 イトウヒデアキ  (源博雅)
    真田広之 サナダヒロユキ  (道尊)
    小泉今日子 コイズミキョウコ  (青音)
    今井絵理子 イマイエリコ  (蜜虫)
 解説:この世とあの世が曖昧に交差し、魔物たちが人と渾然と存在した平安時代。
    そんな暗黒の世を鎮め、ふたつの世界の調和を保つ能力をもつ「陰陽師」と呼ばれる男たちがいた。
    平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。
    監督は「秘密」の滝田洋二郎。夢枕獏の原作を下敷きに、「催眠」の福田靖、夢枕獏、「難波金融伝ミナミの帝王 劇場版PARTⅣ 借金極道」の江良至が共同で脚本を執筆。撮影を「ekiden」の栢野直樹が担当している。主演は、映画初出演の野村萬斎と「LOVE SONG」の伊藤英明。第56回毎日映画コンクール録音賞、第44回ブルーリボン賞主演男優賞(野村萬斎)、ゴールデングロス賞銀賞、第25回日本アカデミー賞最優秀録音賞&新人俳優賞(野村萬斎)ほか(優秀主演男優賞(野村萬斎)、優秀助演女優賞(小泉今日子)、優秀監督賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞、優秀美術賞、優秀音楽賞)受賞作品

今回、このセリフが出てくる映画とは?
「You don't get anywhere in this world by waiting for what you want to come to you. You make it happen.」
 (この世界は待っていてはだめよ。自分から仕掛けないとね)

  ★ヒント:証券業界を舞台に、ビジネスと恋に賭けた女の闘いと、アメリカン・ドリームを描く
  (正解は次回)

<今週の元気になった映画曲>

前回この曲がでてくる映画とは?
「瀬戸内行進曲(In The Mood)」(「瀬戸内行進曲」を収録、「人間万葉歌~阿久悠作詩集」)

正解:「瀬戸内少年野球団
 製作:1984年 日本 ヘラルド配給
 監督:篠田正浩 シノダマサヒロ
 原作:阿久悠 アクユウ
 出演:山内圭哉   (足柄竜太)
    大森嘉之 オオモリヨシユキ  (正木三郎(バラケツ))
    佐倉しおり サクラシオリ  (波多野武女)
    夏目雅子 ナツメマサコ  (中井駒子)
    大滝秀治 オオタキヒデジ  (足柄忠勇)
 解説:敗戦直後の淡路島を舞台に、野球を通して子供たちに民主主義を学ばせようとする女教師と、スポーツに目覚めていく子供たちとの絆を描く。
    原作は阿久悠の同名小説で昭和五四年度下半期の直木賞候補作品。
    脚本は「夜叉ヶ池」の田村孟、監督は「悪霊島」の篠田正浩、撮影も同作の宮川一夫が各々担当

今回この曲がでてくる映画とは?
「愛を感じて」

  ★ヒント:「美女と野獣(1991)」「アラジン」と、90年代に入り、第二の黄金期を迎えたディズニー・プロの32本目の長編アニメーション
  (正解は次回)

 ◆◆これらの映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい。
   ご覧になった感想をお寄せ下さい。
   連絡先:mdreamk@mbn.nifty.com 

「シネログ」もチェック!

|

« 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ49】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/46664266

この記事へのトラックバック一覧です: 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 :

« 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ49】 »