« コラム【映画を楽しむ47】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ48】 »

2009年10月23日 (金)

【NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優】

DMM.com CD&DVDレンタル(ネットで借りてポストへ返す) 

前回【NO.31「ふ」のつく元気になった日本の脇役女優】は?
正解:風吹 ジュン(ふぶき-、本名;堀川 麗子、1952年5月12日 - )
       【風吹ジュン出演の映画例一覧】

 今回NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優を見て元気になった魅力
  何事にも常に冷静な判断を下していくが、心の内は思いやりのある熱血漢。
  リーダーも、良き夫もよく似合う。
 

 NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優は?とし、次回に正解を掲載します。
 以下のヒントからNO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優を当てて下さい。
  
★ヒント1.映画での主な脇役どころ
 「トゥルーマン・ショー」では?
 保険のセールスマン、トゥルーマン・バーバンク(主演:ジム・キャリー)の住む虚構の世界のディレクターのクリストフ役

★ヒント2.略歴
 アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の俳優である。
 長老派教会会員の中流階級の家庭で、3人兄弟の次男として生まれる。
 高校ではフットボールチームでキャプテンを務め、チームを優勝に導いた。
 1969年、スポーツ奨学金でコロンビア大学に進学したが挫折。
 2年後に家族の引っ越しに伴いオクラホマ州へ移り、演劇に興味を持ったことからオクラホマ大学へ入学する。
 地元の劇場で働いた後、カルフォルニア芸術大学で再び演技を学んだ。
 1975年、ファインアートで教養学士となる。
 1983年に『プレイス・イン・ザ・ハート』の撮影中に共演したエイミー・マディガンと結婚。1人の娘がいる。

(俳優歴)
 俳優としての転機は1980年公開の『ボーダーライン』でチャールズ・ブロンソンと共演したことである。
 翌年の『ナイトライダーズ』ではバイクに乗ったアーサー王を演じた。
 1989年の『ジャックナイフ』でゴールデングローブ賞に初ノミネート。
 1995年の『アポロ13』ではゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネートされたが、受賞には至らなかった。
 1998年『トゥルーマン・ショー』でゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞した。
 2000年の『ポロック 2人だけのアトリエ』では監督も務め、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
 2005年には『ヒストリー・オブ・バイオレンス』で全米映画批評家協会賞助演男優賞を受賞している。
 社会派の作品に起用されることが多く。知的な役を演じることが多い。
 (参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 

★ヒント3.主な出演作品
コーマ Coma (1978)
ボーダーライン Borderline (1980)
ナイトライダーズ Knightriders (1981)
クリープショー Creepshow (1982)
アンダー・ファイア Under Fire (1983)
ライトスタッフ The Right Stuff(1983)
プレイス・イン・ザ・ハート Places in the Heart (1984)
ジャックナイフ Jacknife (1989)
アビス The Abyss (1989)
摩天楼を夢みて Glengarry Glen Ross (1992)
ザ・ファーム 法律事務所 The Firm (1993)
ニードフル・シングス Needful Things (1993)
理由 Just Cause (1995)
アポロ13 Apollo 13 (1995)
ニクソン Nixon (1995)
ザ・ロック The Rock (1996)
目撃 Absolute Power (1997)
トゥルーマン・ショー The Truman Show (1998)
ポロック 2人だけのアトリエ Pollock (2000) 監督・出演
スターリングラード Enemy at the Gates (2000)
戦争のはじめかた Buffalo Soldiers (2001)
ビューティフル・マインド A Beautiful Mind (2001)
めぐりあう時間たち The Hours (2002)
白いカラス The Human Stain (2003)
僕はラジオ Radio (2003)
ヒストリー・オブ・バイオレンス A History of Violence (2005)
敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven (2006)
ワン・ミスト・コール One Missed Call (2007)
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 National Treasure: The Book of Secrets (2007)
マイ・ブルーベリー・ナイツ My Blueberry Nights (2007)
ゴーン・ベイビー・ゴーン Gone Baby Gone (2007) 日本未公開
アパルーサの決闘 Appaloosa (2008) 監督・製作・脚本 日本未公開

<お便り>
↓【NO.30「ふ」のつく元気になった日本の脇役女優】やその出演映画を
をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【松田優作との(横浜バラモン)】
 「蘇える金狼」で、ホテルの中で松田優作に横抱きに抱き上げられるシーンが今でも眼に映るように残っている。
  でも、あの風吹ジュンが今ではお母さん役がよく似合う。(横浜バラモン)

 ★★横浜バラモンさんお便りありがとうございました。
   風吹ジュン、正解です。
   そんなシーンもありましたね。
   「お母さん役」というのは、どの映画またはドラマを指していますか。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)
 
 ◆◆ 【NO.31「え」のつく元気になった海外の脇役男優】やその出演映画を
   ご覧になった感想をお寄せ下さい。
 連絡先:mdreamk@mbn.nifty.com 
 題名 【NO.31「え」のつく元気になった海外の脇役男優】

<貴方のオススメ映画>

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【待ち原さんのオススメ「マルサの女」】
  何だかようやく政治が新しくなっていきそうで、そんな気分の中で思い出したのがこの映画です。(待ち原)

 ★★待ち原さんお便りありがとうございました。
   きっと不法を摘発していく姿が、今日の政治に重なったのでしょうね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
マルサの女
製作:1987年 日本 東宝配給
監督:伊丹十三 イタミジュウゾウ
出演:宮本信子 ミヤモトノブコ  (板倉亮子)
   山崎努 ヤマザキツトム  (権藤英樹)
   津川雅彦 ツガワマサヒコ  (花村)
   大地康雄 ダイチヤスオ  (伊集院)
   桜金造 サクラキンゾウ  (金子)
解説:国税局査察部に勤める女性が、ラブホテル経営者を脱税で摘発するまでを描く。
   脚本は監督も兼ねている「タンポポ」の伊丹十三が執筆。
   撮影は「時計 Adieu_l'Hiver」の前田米造が担当

 ◇◇貴方のご覧になった他の「元気の出た映画・ドラマ」をご紹介して下さい
 連絡先:mdreamk@mbn.nifty.com  映画・ドラマ名  

「シネログ」もチェック!

|

« コラム【映画を楽しむ47】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ48】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/46564631

この記事へのトラックバック一覧です: 【NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優】:

« コラム【映画を楽しむ47】 | トップページ | コラム【映画を楽しむ48】 »