« 話題【悠久の大地、映画「沈まぬ太陽」】 | トップページ | 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 »

2009年10月30日 (金)

【NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優】

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】ワケあり品がお買い得!アイオープラザ(アイ・オー・データ機器の直販ショップ。ワケあり品(プレミアムアウトレット)は棚ズレ返品、動作確認開封のみで商品自体に傷、汚れ、欠品はありません。製品保証も通常通りで大変お買得)

前回【NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優】は?
 正解:エド・ハリス(Ed Harris, 本名 Edward Allen Harris, 1950年11月28日 - )
  【エド・ハリス出演の映画例一覧】

 今回NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優を見て元気になった魅力
  重厚なリーダーとして頼れる存在。
  熱血漢で、人情にも熱い。

 NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優は?とし、次回に正解を掲載します。
 以下のヒントからNO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優を当てて下さい。
  
★ヒント1.映画での主な脇役どころ
 海底軍艦 では?
 広告写真家旗中(主演:高島忠夫)がモデルと狙っている美人の父親で第二次大戦末期失踪した帝国軍人役

★ヒント2.略歴
(以前は月波洋三郎、毛利賢二の芸名も)
 青森県青森市出身の俳優。
 新東宝入社前は舞台俳優として、本名のまま、または月波洋三郎、毛利賢二の芸名を使っていた。
 父は公務員。地元の小学校から県立青森商業に進学し、1932年に卒業。
 1933年、地方巡業の役者となり各地を廻る。
 1935年、森川信らのレヴュー劇団ピエル・ボーイズに入団。この時、月波洋三郎や月波貫一の芸名を名乗る。
 1936年に退団後は中国の上海にわたり、劇場の踊りの振付師を務める。
 1937年、帰国して名古屋の劇団に身を寄せるが、まもなく応召。
 1938年に除隊し、1939年に毛利賢二の芸名で新興キネマ演芸部に所属。
 1942年、かつてピエル・ボーイズで一緒だった清水金一や堺駿二らと新生喜劇座を結成、以後は本名の田中実で舞台に立つが、座長である清水の横暴振りから不満を抱き堺と共に退団。
 水の江瀧子主宰の劇団たんぽぽに堺や有島一郎と共に入団し、軽演劇の舞台に出演を続けるが、1944年に再び応召、終戦まで軍隊生活は続く。

(『連想ゲーム』のレギュラー回答者)
 1947年、たんぽぽに戻るが、戦前のスター・松山宗三郎こと小崎政房がいた空気座に移り、原作・田村泰次郎、脚色・小沢不二夫、演出・小崎による舞台『肉体の門』に娼婦たちと共に廃屋に同居する復員兵・伊吹新太郎役を演じる。
 センセーショナルな内容を描いた舞台は大評判を呼び、1948年、マキノ雅弘監督によって映画化される際、舞台と同役にキャスティングされ、映画デビューをかざる。
 同年、これがきっかけで新東宝に入社、1950年、新東宝の大作『細雪』に出演する際、芸名を○○○に変える。(○は?です)
 理由は本作の共演者の田中春男と苗字が被るので宣伝部から改名を要求されたからで、ちなみに芸名の由来は本名と『細雪』の原作者名とを組み合わせた。
 1951年にはオール読物に連載が始まったばかりの村上元三の小説『次郎長三国志』を読んで、作中人物・桶屋の鬼吉を自ら演じたくてマキノ雅弘監督に映画化の企画を持ち込み、この『次郎長三国志』は東宝映画でシリーズ映画化され、鬼吉役で出演、最初は低予算の時代劇ではじまった本作だったが、次第に人気を呼び、ついには東宝のドル箱シリーズとなる。
 1960年代からは東宝を中心に、黒澤作品からゴジラシリーズなどの特撮・怪獣映画、戦争映画に至るまで、数多くの作品に出演。中でも叩き上げの軍人役には定評があり、1957年の新東宝の大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』での東郷平八郎大将や1963年の東宝特撮映画『海底軍艦』の神宮寺大佐などで人気を呼んだ。
 テレビドラマでも、頑固な親父役から凄みのある悪役まで、幅広い役柄を演じている。
 NHKのクイズ・ゲーム番組『連想ゲーム』のレギュラー回答者でも御馴染みだった。
 この時、いつもスタジオ中に響く大声で回答していたということもあり、他の回答者の前にあったスタンドマイクが田崎氏の前には置かれていなかったという逸話もある。
 1985年10月18日、肺癌のため死去。享年73(満72歳没)。

★ヒント3.主な出演作品
1948年・『馬車物語』(新東宝/監督=中川信夫/主演=榎本健一) - 弟・庫太
1948年・『肉体の門』(吉本=大泉/監督=マキノ正博/主演=轟夕起子) - 復員兵・伊吹新太郎
1950年・『白昼の決斗』(新東宝/監督=佐伯清/主演=池部良) - 相坂三平(準主演) ※新東宝が独自に映画配給業務を開始した第1回作品であり、田崎潤の新東宝入社第1回作品。
1950年・『バナナ娘』(新東宝/監督=志村敏夫/主演=並木路子) -(準主演)
1950年・『細雪』(新東宝/監督=阿部豊/競演=花井蘭子、轟夕起子、山根寿子、高峰秀子) - 板倉米吉
1950年・『夜の緋牡丹』(新東宝/監督=千葉泰樹/共演=伊豆肇、島崎雪子、) -吉岡
1951年・『殴られた石松』(新東宝/監督=渡辺邦男/共演=片岡千恵蔵) - 森の石松(主演)
1951年・『高原の駅よさようなら』(新東宝/監督=中川信夫/主演=香川京子) - 戸田直吉
1952年・『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』(新東宝/監督=渡辺邦男/主演=久慈あさみ、香川京子) - チャッカリ夫人の夫・茶刈氏
1952年・『清水次郎長伝』(新東宝/監督=渡辺邦男/出演=高田浩吉) - 森の石松(準主演)
1952年・『夕焼け富士』(新東宝/監督=中川信夫/主演=嵐寛寿郎) - 稲田友之丞
1952年~1954年・『次郎長三国志シリーズ』(東宝/監督=マキノ雅裕/主演=小堀明男) - 桶屋の鬼吉
1953年・『珍説忠臣蔵』(新東宝/監督=斎藤寅次郎/主演=古川緑波) - 不破数右衛門
1953年・『白鳥の騎士』(新東宝/監督=組田彰造/主演=三原純) - 羅生丸
1953年・『地獄門』(大映/監督=衣笠貞之助/主演=長谷川一夫・京マチ子) - 小源太
1954年・『東尋坊の鬼』(新東宝/監督=志村敏夫/共演=藤田進) - 新吉(主演)
1955年・『忍術児雷也』(新東宝/監督=萩原遼、加藤泰/主演=大谷友右衛門) - 大蛇丸(準主演)
1955年・『明治一代女』(新東宝/監督=伊藤大輔/主演=木暮実千代) - 巳之吉(準主演)
1955年・『逆襲大蛇丸』(新東宝/監督=萩原遼、加藤泰/主演=大谷友右衛門) - 大蛇丸(準主演)
1955年・『下郎の首』(新東宝/監督=伊藤大輔/共演=片山明彦) - 下郎訥平(主演)
1956年・『軍神山本元帥と連合艦隊』(新東宝/監督=志村敏夫/主演=佐分利信) - 宇田参謀長
1956年・『社長三等兵』(新東宝/監督=志村敏夫/共演=和田孝) - 山切準三(主演)
1957年・『風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍』(新東宝/監督=中川信夫/共演=日比野恵子) - 真田幸村(主演)
1957年・『明治天皇と日露大戦争』(新東宝/監督=渡辺邦男/出演=嵐寛寿郎) - 東郷平八郎
1959年・『日本誕生』(東宝/監督=稲垣浩/特技監督=円谷英二/出演=三船敏郎) - 大伴久呂比古
1960年・『暗黒街の対決』(東宝/監督=岡本喜八/出演=三船敏郎・鶴田浩二)- 小塚組親分・小塚音吉
1960年・『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(東宝/監督=松林宗恵/特技監督=円谷英二/出演=三船敏郎・鶴田浩二)- 加来止男
1960年・『殴り込み艦隊』(東映/監督=島津昇一/出演=高倉健・中山昭二)- 駆逐艦黒雲・剛田艦長
1962年・『妖星ゴラス』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=池部良・上原謙) - 園田艇長
1962年・『キングコング対ゴジラ』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=高島忠夫・浜美枝) - 東部方面隊総監
1962年・『ニッポン無責任時代』(東宝/監督=古澤憲吾/出演=植木等 ・団令子) - 黒田有人
1963年・『海底軍艦』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=高島忠夫・藤山陽子) - 神宮司八郎
1963年・『天国と地獄』(東宝/監督=黒澤明/出演=三船敏郎・仲代達矢) - 神谷重役
1963年・『青島要塞爆撃命令』(東宝/監督=古澤憲吾/特技監督=円谷英二/出演=加山雄三・池部良)
1964年・『モスラ対ゴジラ』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=宝田明・星由里子)
1964年・『宇宙大怪獣ドゴラ』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=夏木陽介・小泉博)
1964年・『今日もわれ大空にあり』(東宝/監督=古澤憲吾/出演=夏木陽介・三橋達也) - 白川司令
1964年・『国際秘密警察 火薬の樽』(東宝/監督=坪島孝/出演=三橋達也・佐藤允・星由里子) - 龍野博士
1964年・『花のお江戸の無責任』(東宝/監督=山本嘉次郎/出演=植木等) - 水野十郎左衛門
1965年・『太平洋奇跡の作戦 キスカ』(東宝/監督=丸山誠治/特技監督=円谷英二/出演=三船敏郎 ・山村聰)
1965年・『フランケンシュタイン対地底怪獣』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=ニック・アダムス・高島忠夫・水野久美) - 西秀雄県警本部長
1965年・『怪獣大戦争』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=宝田明・土屋嘉男) - 桜井博士
1966年・『網走番外地 荒野の対決』(東映/監督=石井輝男/出演=高倉健・杉浦直樹・河津清三郎) - 栗田
1966年・『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=円谷英二/出演=ラス・タンブリン・佐原健二・水野久美) - 橋本陸将補
1966年・『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(東宝/監督=福田純/特技監督=円谷英二/出演=宝田明・平田昭彦) - 基地司令
1966年・『無責任清水港』(東宝/監督=坪島孝/出演=植木等) - 横山隼人
1966年・『国際秘密警察 絶体絶命』(東宝/監督=谷口千吉/出演=三橋達也・ニック・アダムス・水野久美・佐藤允) - ブッダバル国首相
1967年・『クレージーだよ天下無敵』(東宝/監督=坪島孝/出演=植木等・谷啓) - 密輸団のボス
1967年・『網走番外地 決斗零下30度』(東映/監督=石井輝男/出演=高倉健・嵐寛寿郎・安部徹) - 坑夫長蝮
1967年・『日本のいちばん長い日』(東宝/監督=岡本喜八/出演=三船敏郎・笠智衆・宮口精二) - 小薗大佐
1967年・『網走番外地 悪への挑戦』(東映/監督=石井輝男/出演=高倉健・谷隼人・田中邦衛) - 門馬剛造
1968年・『怪獣総進撃』(東宝/監督=本多猪四郎/特技監督=有川貞昌/出演=久保明・小林夕岐子) - 吉田博士
1969年・『日本海大海戦』(東宝/監督=丸山誠治/出演=三船敏郎・加山雄三・仲代達矢) - 橋口島司
1970年・『牡丹と竜』(日活/監督=マキノ雅弘/出演=高橋英樹・小林旭・和泉雅子) - 花川俊太郎
1970年・『日本一のヤクザ男』(東宝/監督=古澤憲吾/出演=植木等 ・司葉子) - 前野武造
1977年・『恋人岬』(松竹/監督=西河克己/出演=松坂慶子・原田美枝子・細川俊之) - 滝川修平
1977年・『八甲田山』(東宝/監督=森谷司郎/出演=高倉健・三國連太郎・島田正吾) - 鈴木貞雄
1979年・『白昼の死角』(東映/監督=村川透/出演=夏木勲・天知茂・千葉真一) - 川前工業・五十畑
1981年・『連合艦隊』(東宝/監督=松林宗恵/出演=小林桂樹・丹波哲郎) - 連合艦隊司令長官・豊田副武
1983年・『小説吉田学校』(東宝/監督=森谷司郎/出演=森繁久彌・夏目雅子) - 大野伴睦
1983年・『プルメリアの伝説 天国のキッス』(東宝/監督=河崎義祐/出演=松田聖子・中井貴一) - 村上
1985年・『乱』(ヘラルド・エース/監督=黒澤明/出演=仲代達矢・寺尾聰・根津甚八) - 綾部政治
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<お便り>
↓【NO.32「え」のつく元気になった海外の脇役男優】やその出演映画を
をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【エド・ハリスですね(ライトスタッフにあこがれさん)】
 この俳優は、「ライトスタッフ」以来好きになりました。
 同じ宇宙もので「アポロ13」もよかったですね。
 (ライトスタッフにあこがれ)

 ★★ライトスタッフにあこがれさんお便りありがとうございました。
   エド・ハリスで正解です。
   「アポロ13」でのフライトディレクター役も光っていましたね。(映画で元気)
 
 ◆◆ 【NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優】やその出演映画を
   ご覧になった感想をお寄せ下さい。
 連絡先:mdreamk@mbn.nifty.com 
 題名 【NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優】

<貴方のオススメ映画>

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ライトスタッフにあこがれさんのオススメ「ライトスタッフ」】
 ですから、当然お勧め映画は、「ライトスタッフ」です。(ライトスタッフにあこがれ)

 ★★ライトスタッフにあこがれさんお便りありがとうございました。
   ハンドル名通りのオススメですね。
   音速の壁に挑戦し続けた実在の人物、チャック・イェーガーも懐かしいです。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
ライトスタッフ 」(The Right Staff)
製作 :1983年 アメリカ ワーナー映画配給
監督:Philip Kaufman フィリップ・カウフマン
原作:Tom Wolfe トム・ウルフ 『ザ・ライト・スタッフ―七人の宇宙飛行士 (中公文庫)
出演:Sam Shepard サム・シェパード  (Chuck Yeager)
   Scott Glenn スコット・グレン  (Alan Shepard)
   Ed Harris エド・ハリス  (John Glenn)
   Dennis Quaid デニス・クエイド  (Gordon Cooper)
   Scott Paulin   (Deke Slayton)
解説:アメリカの初期の宇宙開発計画に参加したパイロットとその家族をめぐるドラマ
   製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー。
   監督・脚本は「SF/ボディ・スナッチャー」(78)のフィリップ・カウフマン。
   原作はトム・ウルフの『ザ・ライト・スタッフ』(中公文庫)。
   撮影はケイレブ・デシャネル、音楽はビル・コンティ、特殊視覚効果はゲイリー・グティエレツが担当。
   チャック・イエガーがテクニカル・コンサルタントとして参加し、端役でも出演している。
   出演はサム・シェパード、スコット・グレン、エド・ハリス、デニス・クエイド、バーバラ・ハーシーなど。アメリカ公開版は3時間12分。

 ◇◇貴方のご覧になった他の「元気の出た映画・ドラマ」をご紹介して下さい
 連絡先:mdreamk@mbn.nifty.com 映画・ドラマ名  

|

« 話題【悠久の大地、映画「沈まぬ太陽」】 | トップページ | 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/46625331

この記事へのトラックバック一覧です: 【NO.33「た」のつく元気になった日本の脇役男優】:

« 話題【悠久の大地、映画「沈まぬ太陽」】 | トップページ | 話題【「ターミネーター4」が、「ガマの油」が・・・】 »