« 【NO.28「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 »

2009年9月28日 (月)

話題【10/17(土)~第22回東京国際映画祭】

 2009年10月17日(土)~10月25日(日) 9日間
 六本木ヒルズ (港区) をメイン会場に、都内の各劇場及び施設・ホールを使用
公式サイト上映作品チケット購入案内  

 第22回東京国際映画祭 記者会見が行われました。(左から高井英幸理事長、辻 仁成監督、映画祭大使木村佳乃さん、グリーンアンバサダー杏さん、アントニオ猪木さん、依田 巽チェアマン(C)2009 TIFF)

<東京国際映画祭?>
 東京国際映画祭(とうきょうこくさいえいがさい、英称 Tokyo International Film Festival、略称 TIFF)は、毎年10月に東京で開催される映画祭。
 FIAPF(国際映画製作者連盟)公認の国際映画祭であるが、総合映画祭ではなく長編作品のみを対象とする。

 財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン)が主催するFIAPF公認のコンペティティブ長編映画祭(Competitive Feature Film Festivals)である。
 2007年度の開催予算は13億円。
 1985年のスタート時は、隔年開催で、渋谷の映画館を中心に開かれていたが、1991年からは毎年開催されている。
 1994年は平安遷都1200周年記念として「第7回東京国際映画祭・京都大会」という名称のもと京都市で開催された。
 6名の国際審査委員が最優秀作品賞である“東京 サクラ グランプリ”を選出する「コンペティション」や、エンターテインメント性の高い話題作を集めた「特別招待作品」、アジアの秀作に焦点を当てた「アジアの風」、日本映画をクローズアップする「日本映画・ある視点」などのメイン企画をはじめ、30以上の企画が開催される。
 また2007年、経済産業省の音頭で立ち上げられた「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」(コ・フェスタ)の中核としても期待されている。
 20回目の開催となったこの年の東京国際映画祭は、第1回コ・フェスタのクロージングを飾った。
 2008年の第21回では、日本コカ・コーラと帝人がオープニングイベント用にペットボトルのリサイクル素材を活用したグリーンカーペットを提供している。
 2007年、角川グループホールディングス代表取締役会長兼C.E.O.の角川歴彦がチェアマンを退任、2008年度からギャガの役員である依田巽が引き継いだ。

<東京国際映画祭の部門>
 主要部門
  ・コンペティション
  ・特別招待作品
  ・アジアの風
  ・日本映画・ある視点
  ・WORLD CINEMA
  ・natural TIFF(2008年~)
 自主企画
  ・animecs TIFF
  ・ニッポン・シネマ・クラシック
  ・シネマ・ヴァイブレーション
  ・映画人の視点

<過去のグランプリ受賞作品>
1985年(第1回): 『台風クラブ』(相米慎二監督)日本
1987年(第2回): 『古井戸』(呉天明監督)中国
1989年(第3回): 『ホワイト・ローズ』(ライコ・グルリチ監督)ユーゴ
1991年(第4回): 『希望の街』(ジョン・セイルズ監督)アメリカ
1992年(第5回): 『ホワイト・バッジ』(鄭智泳監督)韓国
1993年(第6回): 『青い凧』(田壮壮監督)中国
1994年(第7回): 『息子の告発』(巌浩監督)中国
1995年(第8回): 該当作品なし
1996年(第9回): 『コーリャ 愛のプラハ』(ヤン・スヴェラーク監督)チェコ
1997年(第10回): 『ビヨンド・サイレンス』(カロリーヌ・リンク監督)ドイツ
         『パーフェクト サークル』(アデミル・ケノヴィッチ監督)サラエヴォ
1998年(第11回): 『オープン・ユア・アイズ』(アレハンドロ・アメナバール監督)スペイン
1999年(第12回): 『ダークネス&ライト』(チャン・ツォーチ監督)台湾
2000年(第13回): 『アモーレス・ペロス 』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)メキシコ
2001年(第14回): 『スローガン』(ジェルジ・ジュヴァニ監督)アルバニア
2002年(第15回): 『ブロークン・ウィング』(ニル・ベルグマン監督)イスラエル
2003年(第16回): 『暖~ヌアン』(フォ・ジェンチー監督)中国
2004年(第17回): 『ウィスキー 』(フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール監督)ウルグアイ
2005年(第18回): 『雪に願うこと 』(根岸吉太郎監督)日本
2006年(第19回): 『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』(ミシェル・ハザナヴィシウス監督)フランス
2007年(第20回): 『迷子の警察音楽隊 』(エラン・コリリン監督)イスラエル
2008年(第21回): 『トルパン』(セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督)ドイツ/スイス/カザフスタン/ロシア/ポーランド合作

◆◆東京国際映画祭へ参加された方は感想をお寄せ下さい
◇◇東京国際映画祭のグランプリ映画のオススメをご紹介して下さい

|

« 【NO.28「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143089/46338295

この記事へのトラックバック一覧です: 話題【10/17(土)~第22回東京国際映画祭】:

» 東京国際映画祭の前売チケット発売開始 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
昨日9/26からインターネットでの前売チケットの発売が開始になりましたね、東京国際映画祭。 ちょうど、開催期間中の土日は職場の人手の関係で休みがとれそうもなかったので、10/19~23の平日については有休も使って、5日間連休にしてしまいました~。 自分は特別招待作品は... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 00時28分

» 『BestofTimes』〜第22回東京国際映画祭 [タイまで5,750,000歩]
「第22回東京国際映画祭」が10月17日〜25日、六本木ヒルズ(港区)ほか各都内の劇場およびホールで開催されます。日本唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭として1985年よりスタートした東京国際映画祭は、今年で22回目を迎え、日本の映画産業、文化振興に大きな足跡...... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 15時21分

« 【NO.28「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【今週の元気をもらった映画のセリフ・音楽】 »