« 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 | トップページ | 【NO.7「で」のつく元気になった海外の脇役女優】 »

2009年4月14日 (火)

【ボンベイではなくムンバイ】

 インドで知っている地名と言えば、「デリー、ニューデリー、カルカッタ、ボンベイ」くらいだった。
 しかし、「ボンベイ」は今やない。
 正確には無くなっているのではなく、地名がマラーティー語での読み方の「ムンバイ(Mumbai)」に変わっているからだ。
 ちなみに、「カルカッタ」は「コルカタ(Kolkata)」である。
 ムンバイは1,366万もの人口は世界でも有数であり、隣接するナビムンバイおよびターネーを含めた人口1,900万にもなる都市圏は、世界でも5番目の規模を誇るという。

 このインド「ムンバイ(Mumbai」を中心地に描かれた映画が年度のアカデミー賞を総なめした「スラムドッグ$ミリオネア icon icon iconである。
 4/6(月)に、4/18(土)からの日本全国ロードショー開始→映画館で並ばずにチケットが買える!(作品案内→4月)

に先駆けた試写会に参加した。

スラムドッグ$ミリオネア
 製作:2008年 イギリス=インド ギャガ・コミュニケーションズ配給
 監督 : ダニー・ボイル
 出演 : デーヴ・パテル
     アニル・カプール
     イルファン・カーン
     マドゥル・ミッタル
     フリーダ・ピント

公式サイト「スラムドッグ$ミリオネア 」

 一人の青年が幼い頃から今日に至るまでを回顧しながら、現代インドの明暗がドキュメンタリー調に綴られ、兄弟愛と初恋の思いを昇華させていく。
 汽車で広大な地を旅する光景や、大河で大勢が洗濯しているシーンは、同じく第55回のアカデミー賞に輝いた1982年ベン・キングズレーが主演した映画「ガンジー」のワンシーンを思い出す。
 確か映画「ガンジー」の中でも宗教の争いのシーンがあった。

「ガンジー(Gandhi)
 製作 : 1982年 イギリス インド コロムビア配給
 監督:Richard Attenborough リチャード・アッテンボロー
 出演:Ben Kingsley ベン・キングズレー  (The Mahatma)
    Candice Bergen キャンディス・バーゲン  (Margaret Bourke White)
    Edward Fox エドワード・フォックス  (General Dyer)
    John Gielgud ジョン・ギールグッド  (Lord Irwin)
    Trevor Howard トレヴァー・ハワード  (Judge Broomfield)

 宗教だけではなく大都市につきもののホームレスやストリートチルドレンが「今まさにこんな具合なんだよ」と映像の中から呼びかけているようだ。
 若者が怒りをもってギャングに放った銃の音は、まるで雷が落ちた時の衝撃に似ていた。
 テレビの人気番組に熱中し人々が集う場面は、プレロス中継の街頭テレビに人々が群がる日本の一時代を思わせる。
 流れる音楽の調子は、興行収入4億円を突破した大人気のインド映画「ムトゥ 踊るマハラジャの響きを思い出した。

」(Murhu) 
 製作: 1995年 インド ザナドゥー配給
 監督:K. S. Ravikumar ケー・エス・ラヴィクマール
 出演:Rajinikanth ラジニカーント  (Muthu)
    Zamindhar ザミンダール  (Rajinikanth)
    Meena ミーナ  (Ranganayaki)
    Sarathbabu サラットバーブ  (Raja Malayasimhan)
    Radha Ravi ラーダー・ライヴィ  (Ambalathar)

|

« 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 | トップページ | 【NO.7「で」のつく元気になった海外の脇役女優】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ボンベイではなくムンバイ】:

« 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 | トップページ | 【NO.7「で」のつく元気になった海外の脇役女優】 »