« 【NO.5「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 »

2009年4月 5日 (日)

【映画クイズ4正解】

<「映画検定」4級クラスの問題>
 1.モンタージュ理論を実践したことで知られる「戦艦ポチョムキン」の階段シーンを再現したアメリカ映画は? 
   (ア)「ブレードランナー」 (イ)「アンタッチャブル」 (ウ)「ボディガード」 (エ)「ミッションインポッシブル」

  正解:(イ)「アンタッチャブル」 
  モンタージュ理論:まったく別のショットをつなぐことによって意味のある映像を意識的につくること。
  「戦艦ポチョムキン」・・・オデッサの階段の上から赤ちゃんが乗った乳母車が転がり落ちていくシーンと軍隊により民衆の弾圧シーンをつなぐ。
  「アンタッチャブル」・・・FBIがシカゴ駅でギャングを追い詰めるが、後一歩のところで乳母車が階段を落ちてくる。

 2.大林宣彦監督の「転校生」「時をかける少女「さびしんぼう」の三部作で舞台になった町は?
   (ア)尾道 (イ)岡山 (ウ)広島 (エ)姫路

  正解:(ア)尾道 
   代々医師の家の長男として広島県尾道市に生まれた大林宣彦は、1,982年に故郷の尾道を舞台にした青春映画「転校生」を発表した。
   「時をかける少女」「さびしんぼう」でも尾道を舞台にしロケ地を回るファンも多い。

<「映画検定」3級クラスの問題>
 1.ハロルド・ロイドが時計の針ににぶら下がるシーンで知られる喜劇作品は?
   (ア)「要心無用」 (イ)「豪勇ロイド」 (ウ)「猛進ロイド」 (エ)「危険大歓迎」

  正解:(ア)「ハロルド・ロイド DVDコレクション(「要心無用」を収録) 
   ハロルド・ロイドは、キートンやチャップリンと異なり、普通の青年が思わぬことから大冒険をするというコメディーを得意とした。
   デパート店員ロイドはデパートの人気を高めるべく12階建てのデパートの壁をよじ登るが、危うく落下しかけて・・・

 2.「嵐を呼ぶ男」の主人公を演じていない俳優は?
   (ア)「石原裕次郎」 (イ)「渡哲也」 (ウ)「黒沢年男」 (エ)「近藤雅彦」

  正解:(ウ)「黒沢年男」 
   「渡哲也」は1966年、「近藤雅彦」は1983年に出演

<「映画検定」2級クラスの問題>
 1.邦題として「極楽」と愛称のつけられたコンビ?
   (ア)「ローレル&ハーディ」 (イ)「アボット&コステロ」 (ウ)「マーティン&ルイス」 (エ)「マルクス・ブラザース」

  正解:(ア)「ローレル&ハーディ」 
   「極楽コンビ」は、デブのスタン・ローレル、小柄でやせた男のオリヴァー・ハーディ

 2.実験的な手法をとる木下恵介監督が、黒白のフィルムに一部分だけ着色する手法を用いた作品は?
   (ア)「野菊の如き君なりき」 (イ)「楢山節考」 (ウ)「笛吹川」 (エ)「香華」

  正解:(ウ)「笛吹川 
   「笛吹川」は、戦国時代の農民の悲惨な状況を四代にわたって描いた反戦映画

 参考:映画検定問題集
    映画検定公式ガイドブック

|

« 【NO.5「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画クイズ4正解】:

« 【NO.5「じ」のつく元気になった海外の脇役男優】 | トップページ | 【NO.6「な」のつく元気になった日本の脇役男優】 »