« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

NO.163「み」のつく元気になった邦画2

セブンアンドワイ

水戸黄門」(みとこうもん)

<元気コメント>
 時代劇の歯切れのいいさわやかさは、公家、武家、庶民の立場は異なっても、懸命に生きようとする姿を伝えてくれる。 
  
<あらすじ>
 元禄四年、江戸に大火しきり、ために人心とみに乱れ、様々な流言飛言が飛び交っていた。
 そんな下町の一膳飯屋にいるのは、素性を隠し、大火の原因を探りに来ていた水戸黄門、助三郎、格之進の一行だった。
 日夜大火の真相を求めて活動する黄門主従は、放れ駒の四郎吉の協力を求めて、両国橋から行徳河岸にかけて罠を仕掛けようと計画する・・・

<データ>
水戸黄門(1960)
 製作:1960年 日本 東映
 監督:松田定次 マツダサダツグ
 脚本:小国英雄 オグニヒデオ
 出演:月形龍之介 ツキガタリュウノスケ  (水戸黄門)
    中村錦之助 ナカムラキンノスケ  (放駒の四郎吉)
    大川橋蔵 オオカワハシゾウ  (水戸中将綱条)
    桜町弘子 サクラマチヒロコ  (糸路)
    大川恵子 オオカワケイコ  (継の方)
    片岡千恵蔵 カタオカチエゾウ  (柳原大納言資廉)
    市川右太衛門 イチカワウタエモン  (紀伊大納言光貞)
    中村賀津雄 ナカムラカツオ中村嘉葎雄  (渥美格之進)
    伏見扇太郎 フシミセンタロウ  (将軍綱吉)
    東千代之介 アズマチヨノスケ  (佐々木助三郎)
    大友柳太朗 オオトモリュウタロウ  (井戸甚佐衛門)

解説:「クレージーの無責任清水港」の小国英雄の脚本を、「丹下左膳」の松田定次が監督した、オールスター・キャストによる黄門映画。
   撮影は「旗本退屈男 謎の暗殺隊」の川崎新太郎が担当

****************************************
【コラム:映画を楽しむ20】
<映画もファッションも>
 テレビドラマ以来評判を呼んで、映画化された「SEX and the CITY」を略して、「SATC」と言うそうだ。 ストーリーもさることながら、そのきらびやかなファッションも注目されている。
  原色や大きな花柄プリントが多用され、一見派手だが、映画の中では見事に背景に溶け込んでしまうから不思議だ。 きっと、本音で迫る彼女たちの行動とよくマッチしているからだろう。
 (個人的には、キュートなニーハイソックスが好きである)

 聞けば、 ”サラジェシカ・パーカーの演じる「キャリー」のファッションは、登場したアイテムが完売になってしまうほどの人気ぶり” だそうだ。
 そこで便利なのが、「BuyMa」である。

 「BuyMa」(バイマ)とは?  世界65ヶ国約1万人のバイヤーさんから自分の欲しい商品の購入・買付けをお願いをすることができる話題のグローバルショッピングコミュニティ。  →日本未発売の人気ブランドや、探しているけど見つからないレア商品等なかなか入手できないアイテムを手に入れることができる。
****************************************

<「水戸黄門」と言えば>
★かつては水戸黄門漫遊記
 (みとこうもん)は、江戸時代の幕藩体制下において、水戸藩主が中納言に叙せられた場合に称される漢風の別称であるが、特に徳川光圀が有名であり、光圀主従が世直しのために諸国漫遊の旅をするという物語・時代劇そのものを指す用語として用いられる。
 かつては、水戸黄門漫遊記(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。
 メディアとしては、講談・歌舞伎・演劇・小説・映画・テレビドラマ・漫画・アニメなどに広く及ぶ。

水戸黄門漫遊記

★幕末は光圀がお供の俳人を連れて諸国漫遊
 幕末になって、講談師(氏名は不明)がこれらの伝記や十返舎一九作の滑稽話『東海道中膝栗毛』などを参考にして『水戸黄門漫遊記』を創作したと考えられている。
 内容は、光圀がお供の俳人を連れて諸国漫遊して世直しをするというもので、大変な人気作となった。
 明治になると、大阪の講釈師玉田玉知がお供を俳人ではなく家臣の佐々木助三郎(介三郎、助さん)と渥美格之進(格さん)とする話に膨らませて、さらに人気の題材となっていった。

【水戸黄門の映画】

★時代劇の定番として大戦前から戦後にかけて数十作が製作
 明治末期に日本でも映画製作が始まると、時代劇映画の定番として『水戸黄門漫遊記』ももてはやされ、大戦前から戦後にかけて数十作が製作された。
 戦前から戦中には、山本嘉一、大河内傳次郎、市川右太衛門ら時代劇の大スターたちが黄門を演じている。
 黄門が老け役であることを嫌った大河内や市川のために、若侍との一人二役が設定された。
 戦後は占領期の剣劇禁止を経た後に、東映が月形龍之介を主演にシリーズ化した。
 初期の月形黄門はB級作品であったが、好評のためオールスター大作が作られるようになり、題名も従来の『水戸黄門漫遊記』から単に『水戸黄門』が主流になっていった。
 月形シリーズでは、昭和34年(1959年)の『水戸黄門 天下の副将軍』が名高い。
 月形黄門の興行的成功により、各社が競作したが東映の月形作品には及ばなかった。
 テレビ時代になると、東京放送(TBS)がやはり月形を主演にテレビドラマ化(ブラザー劇場)した。
 さらに月形と同様に悪役が多かった東野英治郎を主演に起用したナショナル劇場シリーズ『水戸黄門』になって現在まで続いている。
 このナショナル劇場版では脚本家の宮川一郎の案により、ドラマの毎回の佳境で三つ葉葵の紋所が描かれた印籠を見せて「控え居ろう! この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすという筋書きが創られ、お忍びの旅では現実には考えにくい設定であるが、視聴者に好評を得て定番となっている。
 (参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲今回「水戸黄門」の中で

 江戸の放火は誰の仕業だったか?
(正解は次回)

▼前回「ミセス・ダウト」の中で
 ミセス・ダウトは、どこの国の人? 

 正解 イギリス人

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.162「ミセス・ダウト」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【ロビン・ウィリアムズのセリフは(オランさん)】
 ロビン・ウィリアムズのセリフはいつ聞いても歯切れがいいです。
 素敵なパパですね。(オラン)

 ☆☆オランさん、お便りありがとうございました。
   彼がしゃべると、長いセリフも、短いセリフもまるで自分の言葉のようですね。 
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ダック巣さんのオススメ「未知との遭遇」】
 定番かもしれないけれど、オイラこれが好きだぜー。(ダック巣)

 ☆☆ダック巣さん、お便りありがとうございました。
   「み」のつく洋画のおススメありがとうございました。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
未知との遭遇(製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション)」(Close Encounters of the Third Kind)
製作:1977年 アメリカ コロムビア映画配給
監督:Steven Spielberg スティーヴン・スピルバーグ
出演:Richard Dreyfuss リチャード・ドレイファス  (Roy Neary)
   Teri Garr テリー・ガー  (Ronnie Neary)
   Melinda Dillon メリンダ・ディロン  (Jillian Guiler)
   Cary Guffey ケイリー・グッフィ  (Barry Guiler)
   Bob Balaban ボブ・バラバン  (David Laughlin)

解説:砂漠。砂塵の中に第二次世界大戦に使われたらしい戦闘機の姿がみえる。
   それは、真新しく、20数年前の消失当時と同じ姿だ。
   調査団一行のリーダー、ラコーム(フランソワーズ・トリュフォ)により、発見の様子は語られる--
   人類が初めて異星生命体と接触する姿を描くSF。製作はジュリア・フィリップスとマイケル・フィリップス、監督・脚本は「JAWS・ジョーズ」のスティーブン・スピルバーグ(ノヴェライゼーション/三笠書房刊)、撮影はビルモス・ジグモンド、視覚効果はダグラス・トランブル、音楽はジョン・ウィリアムス、アメリカ・シーンの追加撮影はウィリアム・A・フレイカー、インド・シーンの撮影はダグラス・スローコンヴ、プロダクション・デザイナーはジョー・アルブス、編集はマイケル・カーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

【映画クイズ1「映画と監督」】

<1.外国映画と監督について>
  次の監督の作品はア.からエ.の中でどれでしょう?

①セルゲイ・エイゼンシュタイン
ア.「我が友イワン・ラプシン」 イ.「戦艦バウンティ」 ウ.「戦艦ポチョムキン」 エ.「アンナ・カレーニナ」

②ジャン・ルノワール
ア.「大いなる幻影」 イ.「人生の幻影」 ウ.「大いなる遺産」 エ.「大いなる勇者」

③エリア・カザン
ア.「欲望のあいまいな対象」 イ.「イージー・ライダー」 ウ.「乱暴者」 エ.「波止場」

④ジョージ・ロイ・ヒル
ア.「俺たちに明日はない」 イ.「明日に向かって撃て」 ウ.「俺たちは天使じゃない」 エ.「ピアニストを撃て」

⑤ホウ・シャオシエン
ア.「さらばわが愛/覇王別姫」 イ.「欲望の翼」 ウ.「非情城市」 エ.「?峯街(クーリンチェ)殺人事件」

<2.日本映画と監督について>
  次の監督の作品はア.からエ.の中でどれでしょう?

①豊田四郎
ア.「夫婦善哉」 イ.「安城家の舞踏会」 ウ.「煙突の見える場所」 エ.「君の名は」

②浦山桐郎
ア.「おとうと」 イ.「巨人と玩具」 ウ.「不良少年」 エ.「キューポラのある街」

③小林正樹
ア.「切腹」 イ.「肉弾」 ウ.「大菩薩峠」 エ.「十三人の刺客」

④藤田敏八
ア.「約束」 イ.「もう頬づえはつかない」 ウ.「赫い髪の女」 エ.「八月の濡れた砂」

⑤矢口史靖
ア.「ナビィの恋」 イ.「ウォーターボーイズ」 ウ.「リング」 エ.「ハッシュ!」

(正解は次回)

 参考:映画検定公式問題集  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

NO.162「み」のつく元気になった洋画2

ミセス・ダウト

<元気コメント>
 なんとか愛する子供達と接触しようとする涙と笑いの努力に脱帽。
 こんなに子供たちと楽しめる親がいたのならどんなに最高な家族だろう。

<あらすじ>
 七色の声を使い分ける声優のダニエル(ロビン・ウィリアムズ)は仕事中にボスともめ、クビになる。
 インテリアデザイナーの妻ミランダ(サリー・フィールド)は、子供と遊ぶしか能のない夫にうんざりしていた。
 長男クリス(マシュー・ローレンス)の12歳の誕生パーティで子供や動物たちとバカ騒ぎをしたダニエルに、ついにミランダの怒りが爆発し、離婚を宣言する。
 クリスの姉リディア(リサ・ジャクブ)と5歳の妹ナタリー(マラ・ウィルソン)も落胆するが、それ以上にショックだったのは、子ぼんのうなダニエルだった・・・

<データ>
ミセス・ダウト」(Mrs. Doubtfire)
製作 :1993年 アメリカ FOX配給
監督:Chris Columbus クリス・コロンバス
原作:Anne Fine アン・ファイン 「ミセス・ダウト
出演:Robin Williams ロビン・ウィリアムズ  (Danie lHillard Mrs.Doubtfire)
   Sally Field サリー・フィールド  (Miranda Hillard)
   Pierce Brosnan ピアース・ブロスナン  (Stu)
   Harvey Fierstein ハーヴェイ・フィアスティン  (Frank)
   Polly Holliday ポリー・ホリディ  (Gloria)

解説:離婚した父親が子供たちに会いたい一心で、女装して元妻の家庭へ家政婦として潜り込んでの騒動を描いたコメディ。
   アン・ファインの小説(邦訳・講談社文庫)を*「潮風のいたずら(1988)」のレスリー・ディクソンが新人ランディ・メイエム・シンガーと脚色、「ホーム・アローン」シリーズのクリス・コロンバスが監督して映画化。
   製作は、*「ロビン・ウィリアムズ」と夫人のマーシャ・ガーセス・ウィリアムス、マーク・ラドクリフの共同で、本作はウィリアムス夫妻の設立したブルー・ウルフ・プロの第1回作品。
   撮影は「パトリオット・ゲーム」のドナルド・M・マッカルパイン、音楽は「羊たちの沈黙」のハワード・ショア。
   美術は「ゴッドファーザーPARTⅢ」のアンジェロ・グラハム。
   特殊メイクは「ドラキュラ(1992)」のグレッグ・キャノン。
   主演は「トイズ」のロビン・ウィリアムズ
   共演は「マグノリアの花たち」のサリー・フィールド
   
   *「潮風のいたずら(1988)」については、「NO.25「し」のつく元気になった洋画」参照
   *「ロビン・ウィリアムズ」については、「NO.104「い」のつく元気になった洋画2」参照 

****************************************
【コラム:夢のホームシアター20】
<デジタルのきれいな映像も、録画も、インターンネットも>
 地上デジタル(地デジ)放送が本格化し、
現在のテレビでは視聴できないと聞いて、
その後の機器の選択に悩まれている方も多いと思う。
 そのような選択肢の一つとして
 ”ケーブルテレビ”
はいかがだろう。

 
★現在のテレビのまま、ケーブルテレビから借りた
 専用チューナーに接続するだけで、アンテナも、
 新しいテレビも、デジタルチューナーがなくても
 きれいなデジタル放送映像が楽しめる。

★また、映像がきれいに見られるだけではなく、
 楽しませてくれた映画はぜひ録画しておきたい。
 これもケーブルテレビで借りた「デジタルHDR」
 におまかせ。  
 「デジタルHDR」の機能
 ・電子番組表でかんたん録画予約
  ・ビデオテープ不要
  ・2番組同時録画OK!
  ・ハイビジョンもキレイに保存

さらに、固定電話・高速インターネット回線としても利用
****************************************

<「ミセス・ダウト」と言えば>
★アカデミーメイクアップ賞
 「ミセス・ダウト」は、ロビン・ウィリアムズが60歳近くの女性に扮し、アカデミーメイクアップ賞を受賞した。
 アカデミーメイクアップ賞( - しょう、Academy Award for Makeup)はアカデミー賞の中の一つ。
 メイクアップにおいて最優秀であると選ばれた映画作品、およびそのメイクアップ・アーティストに与えられる。
 1981年の、第54回アカデミー賞で初めて設けられた。

【アカデミーメイクアップ賞受賞】

(アカデミーメイクアップ賞受賞暦)
1981年:『狼男アメリカン』 リック・ベイカー
1982年:『人類創世』 サラ・モンザーニ、ミシェル・バーク
1983年:受賞なし
1984年:『アマデウス』 ポール・ルブラン、ディック・スミス
1985年:『マスク』 マイケル・ウエストモア
1986年:『ザ・フライ』 クリス・ウェイラス、ステファン・デュプイ
1987年:『ハリーとヘンダスン一家』 リック・ベイカー
1988年:『ビートルジュース』 ヴェ・ニール、スティーヴ・ラ・ボート、ロバート・ショート
1989年:『ドライビング Miss デイジー』 マンリオ・ロケッティ、リン・バーバー、ケヴィン・ヘイニー
1990年:『ディック・トレイシー』 ジョン・カグリオーネ・Jr、ダグ・ドレクスラー
1991年:『ターミネーター2』 スタン・ウィンストン、ジェフ・ドーン、
1992年:『ドラキュラ』 グレッグ・キャノン、ミシェル・バーク、マシュー・W・マングル
1993年:『ミセス・ダウト』 グレッグ・キャノン、ヴェ・ニール、ヨランダ・タッシング
1994年:『エド・ウッド』 リック・ベイカー、ヴェ・ニール、ヨランダ・タッシング
1995年:『ブレイブハート』 ピーター・フランプトン、ポール・パティソン、ロイス・バーウェル
1996年:『ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合』 リック・ベイカー、デヴィッド・ルロイ・アンダーソン
1997年:『メン・イン・ブラック』 リック・ベイカー、デヴィッド・ルロイ・アンダーソン
1998年:『エリザベス』 ジェニー・シャーコア
1999年:『トプシー・ターヴィー』 クリスティン・ブランデル、トレフォー・プラウド
2000年:『グリンチ』 リック・ベイカー、ゲイル・ローウェル=ライアン
2001年:『ロード・オブ・ザ・リング』 リチャード・テイラー、ピーター・オーウェン
2002年:『フリーダ』 ベアトリス・デ・アルバ、ジョン・E・ジャクソン
2003年:『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』 リチャード・テイラー
2004年:『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』 ヴァリ・オライリー
2005年:『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 タミ・レイン、ハワード・ベルガー
2006年:『パンズ・ラビリンス』 ダヴィド・マルティ、モンツェ・リベ
2007年:『エディット・ピアフ?愛の讃歌?』 ディディエ・ラヴェルニュ
(参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲今回「ミセス・ダウト」の中で
 ミセス・ダウトは、どこの国の人という想定?(正解は次回)

▼前回「また逢う日まで」の中で
 三郎の思い出として螢子に残されたものは?

 正解 螢子が描いた三郎の肖像画

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.161「また逢う日まで」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【切なさに・・・(真美さん)】
 こんなに切ない映画があったのですね。
 ”ガラス越しのキスシーン”を見てみたかったのですが、ストーリーに泣けてしまいました。(真美)

 ☆☆真美さん、お便りありがとうございました。
   素直なご感想ありがとうございました。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ミステリー好きさんのオススメ「マタンゴ」】
 元気が出たと言うと変ですが、日本映画のSFミステリー作品としてはトップだと思います。(ミステリー好き)

 ☆☆ミステリー好きさん、お便りありがとうございました。
   懐かしい映画ですね。
   今でも映画館でこの映画を見た時の驚きを覚えています。 
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
マタンゴ
 製作:1963年 東宝
 監督:猪四郎 ホンダイシロウ
 特撮監督:円谷英二 ツブラヤエイジ
 原作:星新一 ホシシンイチ 福島正実 フクシママサミ
 出演:久保明 クボアキラ  (村井研二)
    土屋嘉男 ツチヤヨシオ  (笠井雅文)
    小泉博 コイズミヒロシ  (作田直之)
    太刀川寛 タチカワヒロシ  (吉田悦郎)
    佐原健二 サハラケンジ  (小山仙造)

解説:星新一・福島正実の原作から「妖星ゴラス」のトリオ、木村武脚色、本多猪四郎が監督、小泉一が撮影したSFもの
   無人島に取り残された男女が欲望を曝け出し、ドロドロとした人間関係が展開。飢餓状態となった彼らは怪キノコを食べ、次々に怪物へと変貌していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

【公開迫る!「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」】

 いよいよ、8/15(金)から全米で公開となった「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(公式サイト)が8/23より日本でも公開開始となる。

スター・ウォーズ先行上映にコスプレ部隊 - goo 映画
 人気シリーズ映画の最新作「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(デイブ・フィローニ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、8/23公開)の先行上映イベントが16日、東京・新宿ミラノ座で行われ、コスプレ部隊20人が観客をお出迎え。
 ダース・ベイダーがポップコーンを売るなどしてファンを楽しませた。(VARIETY JAPAN サイトより)

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」
<解説>
 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(Star Wars: The Clone Wars)とは、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズの3Dアニメ映画。
 スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐の間の物語として位置付けられ、クローン大戦を具体的に描いた作品。

<あらすじ>
 ジオノーシスの戦い以降、クローン大戦は激しさを増し銀河系の各地で激戦が繰り広げられ、銀河は疲弊していた。
 狡猾なシスの暗黒卿、ドゥークー伯爵はコルサント等銀河共和国の主要な惑星が集中するコワ・ワールドへと続く各航路のあちこちに機雷を設置し、コワ・ワールドへの物資搬入を阻止し、共和国の統治から逸脱したアウター・リムでの活動を活発化していった。
 共和国は戦争勝利に必要な物資を得るため、ハットの支配する宙域を通っている航路を安全に通行するために、ハットとの交渉を始めた。
 そんな中ハットの中でも有力な氏族の出身であるジャバ・ザ・ハットの息子が誘拐されるという事件が発生。
 交渉を成功させるため、共和国はアナキン・スカイウォーカーと彼のパダワンであるアソーカ・タノをジャバの元へと派遣する・・・

<スタッフ>
監督:デイブ・フィロニー
原作:ジョージ・ルーカス
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
音楽:ケヴィン・カイナー

<キャスト:声の出演:英語版/日本語版>
アナキン・スカイウォーカー:マット・レンター/浪川大輔
アソーカ・タノ:アシュレー・ドレイン/伊藤静
オビ=ワン・ケノービ:/森川智之
メイス・ウィンドウ:サミュエル・L・ジャクソン/玄田哲章
ヨーダ:トム・ケイン/永井一郎
パドメ・アミダラ:キャット・テイバー/坂本真綾
パルパティーン:イアン・エイバークロンビー/稲垣隆史
ドゥークー伯爵:クリストファー・リー/羽佐間道夫
アサージ・ヴェントレス:ニカ・ファターマン/磯辺万沙子
キャプテン・レックス、クローン・トルーパー:ディー・ブラッドリー・ベイカー/金田明夫
バトル・ドロイド:マシュー・ウッド/間宮康弘
TC-70通訳ドロイド:/本田貴子
ズィロ・ザ・ハット:/中尾隆聖
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ/岩崎ひろし
グリーヴァス将軍:マシュー・ウッド
ナレーター:/若本規夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

NO.161「ま」のつく元気になった邦画2

また逢う日まで」(マタアウヒマデ)

<元気コメント>
 戦争というはかなさの中に求めあう若い男女の姿を、今の時代で理解するのは難しいかもしれない。
 だが、その素直な人間性は感動するように美しい。

<あらすじ>
 昭和十八年。日本に住むすべての人々は、狂気に似た戦争のるつぼの中へ巻き込まれた。
 三郎と螢子が、はじめて逢ったのは空襲警報の鳴り渡る街の地下鉄のホームであった。
 もみ合う人、人、その中で押し倒された若い二人の指がふとふれあった。
 盲目にされている戦争の最中で、人間としての青春の、愛情の喜びを得たいと願う、それは美しい心のふれ合いだった・・・

<データ>
また逢う日まで
 製作:1950年 東宝
 監督:今井正 イマイタダシ
 出演:岡田英次 オカダエイジ  (田島三郎)
    滝沢修 タキザワオサム  (田島英作)
    河野秋武 コウノアキタケ  (田島二郎)
    風見章子 カザミアキコ  (田島正子)
    久我美子 クガヨシコ  (小野螢子)

解説:東宝製作再開第二回目の作品で、製作は坂上静翁。
   脚本は「女の一生(1949)」の水木洋子と八住利雄(八住利雄の近作に「白雪先生と子供たち」あり)の協同で「青い山脈(1949)」「女の顔」につぐ今井正が演出する。
   カメラは「地獄の貴婦人」の中尾駿一郎担当。
   主演は「人間魚雷 回天」の岡田英次と「ゼロの焦点」の久我美子で、それに「暴力の街」の滝沢修、河野秋武、「銀座三四郎」の風見章子、「妻の部屋」の杉村春子が出演する。

****************************************
【コラム:映画を楽しむ19】
<地デジの映画をパソコンで>

 今や移動式のテレビ映画館となったパソコン。
 画面の進化、デジタルへの進化と共に楽しみ
ましょう。

ioPLAZA【地デジ対応液晶ディスプレイイト】
 ■これ1台で地デジ視聴もパソコンディスプレイもOK!
 ▽地デジ対応22型液晶ディスプレイ「LCD-DTV221XBR」
 66,310円 

地上デジタル対応TVキャプチャボード USBモデル<アイオープラザ>
 ■PCにカンタンUSB接続で地デジを視聴&録画♪
 ▽地デジ対応TVキャプチャボード USBモデル「GV-MVP/HZ」
  14,060円

****************************************

<「また逢う日まで」と言えば>
★ガラス越しのキスシーン
 『 また逢う日まで』(またあうひまで)は1950年3月21日に公開された日本映画である。
 ロマン・ロランの『』を翻案し、戦時下における若者たちの悲劇を描いた恋愛映画。
 主演の岡田英次と久我美子によるガラス越しのキスシーンは、日本映画史において最高の名シーンとして有名である。

★監督今井 正(いまい ただし、1912年1月8日 - 1991年11月22日)
 日本の昭和期の映画監督。
 社会派映画を主に手掛け、戦後日本映画の左翼ヒューマニズムを代表する作家である。

(入社2年目にして早くも監督昇進に指名)
 東京都渋谷に住職の子として生まれる。
 旧制芝中学校、旧制水戸高校時代よりマルクス主義と映画に傾倒し、1935年、東京帝国大学を中退し、J・Oスタジオ(現・東宝)企画部に入社する。
 並木鏡太郎、中川信夫などの助監督をつとめ、当時の同僚に市川崑がいた。
 J・Oが東宝と合併した1937年、今井は入社2年目にして早くも監督昇進に指名され、異例のスピード出世となった。
 しかし、処女作は出演俳優が兵役に取られるなどして完成が大幅に遅れ、やっと公開されたのが2年後の1939年、『沼津兵学校』が監督デビュー作となった。
 本作は地味な作風ながらも、今井の手堅い演出の甲斐もあって秀作との評価を得る。

【今井正の映画】

(戦中、戦後)
 しかし、第二次世界大戦中は、自らの信念とは別に数々の戦意高揚映画を製作。
 1943年、朝鮮を舞台に日本の武装警官隊と抗日ゲリラとの戦いを描いたプロバガンダ映画『望楼の決死隊』が、西部劇さながらのアクション・シーンを取り入れ、はじめて今井の名が注目を集めたのは皮肉なことに植民地支配を正当化した軍国主義映画だった。
 戦後は、一転して戦後民主主義啓蒙映画を手掛け、1946年、今井の戦後第1回作品で戦時中の財閥の腐敗を描いた『民衆の敵』で第1回毎日映画コンクールの監督賞を受賞。
 その一方で榎本健一と入江たか子主演の人情喜劇『人生とんぼ返り』のような作品も手掛けた。
 1949年、石坂洋次郎原作で民主主義を謳歌した青春映画『青い山脈』前後篇を監督、同名の主題歌も大ヒットしたことで映画も大ヒットを記録し、キネマ旬報ベストテンの第2位に選ばれ、今井も第1級の監督として目される。
 続いて1950年、『また逢う日まで』で戦争によって引き裂かれた恋人の悲劇を描き、今度はベストテン第1位に輝き、また劇中、主演の岡田英次と久我美子のガラス窓越しのキスシーンが当時、大きな話題になり、日本映画史に輝く名場面となった。(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 詳細は、今井正」参照

<映画クイズ>
▲今回「また逢う日まで」の中で
 三郎の思い出として螢子に残されたものは?
(正解は次回)

▼前回「マンハッタン物語」の中で
 堕胎の医者から逃げてアンジーをロッキーが連れて行ったのは誰のアパート

 正解 ストリッパーのバービー
  
◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.160「マンハッタン物語」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【ナタリーウッドが魅力的でした(マックイーンになりたかった男)】
 ウェストサイド物語のマリア役もよかったですが、今回の映画の方が一層魅力的だと思いました。(マックイーンになりたかった男)

☆☆マックイーンになりたかった男さん、お便りありがとうございました。
  わずか43歳で事故で亡くなった彼女が、生きていたらその後どのような映像を見せてくれたことでしょう。
  またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【朋子さんのオススメ「栄光のライダー」】
 スティーブ・マックィーンのバイク姿って本当に最高です。(朋子)

 ☆☆朋子さん、お便りありがとうございました。
   そうですね、「大脱走」のバイクシーンが思い出されますね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
栄光のライダー」(On Any Sunday)
 製作:1971年 アメリカ 東和配給
 監督:Bruce Brown ブルース・ブラウン
 出演:スティーブ・マックィーン

解説:オートバイ・レースに命を賭ける男たちの情熱と栄光を、世界各地で開かれているさまざまなレースを通じて描くドキュメンタリー編。
   製作・監督は、サーフィンの世界を描いた「終りなき夏」のブルース・ブラウン、撮影はボブ・バグレーほか2人のカメラマンが当たり、音楽はドミニク・フロンティア、編集はドン・シューメーカーが各々担当。
   スピード狂として知られるスティーブ・マックィーンが出演している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

【もうすぐ第65回ヴェネツィア国際映画祭】

 今年で第65回を数えるヴェネツィア国際映画祭が、イタリアで8/27から9/6まで開かれる。
 その話題を追ってみた。

ヴェネツィア国際映画祭(Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica)>

 イタリアのヴェネツィアで、毎年8月末から9月初旬に開催される映画の祭典。
 日本では、「ベニス国際映画祭」、「ヴェニス国際映画祭」、「ベネチア国際映画祭」、「ヴェネチア国際映画祭」などと表記されることもある。
 第1回(1932年)の受賞作品: 自由を我等に(ルネ・クレール)、マデロンの悲劇(エドガー・セルウィン)、ジキル博士とハイド氏(ルーベン・マムーリアン)
 昨年(2007年)の受賞作品:第64回(2007年) ラスト、コーション (アン・リー) 台湾  
 日本映画の最初の受賞作品:第6回(1938年) - 田坂具隆監督の『五人の斥候兵』が、イタリア民衆文化大臣賞を受賞
 日本映画の最近の受賞作品:第60回(2003年) - 北野武監督の『座頭市』が、監督賞(銀獅子賞)、観客賞、オープン2003年賞、デジタルアウォードを受賞

<宮崎アニメなど日本映画3本が最高賞競う>

 【ローマ29日共同】8月27日からイタリアで開催される第65回ベネチア国際映画祭の事務局は29日、最高賞「金獅子賞」などの対象となるコンペティション部門の出品作に、北野武監督のアキレスと亀(公式サイト)と宮崎駿監督の崖の上のポニョ(公式サイト)、押井守監督スカイ・クロラ(公式サイト)を含む21本を選んだと発表した。
media Jamのサイトより)

ソニーの動画配信サービス“branco(ブランコ)”

<オダジョー主演「Plastic City」、ヴェネツィア映画祭コンペ部門ノミネート―中国>

  2008年7月29日、第65回「ヴェネツィア国際映画祭」のコンペティション部門ノミネート作品が発表され、ユー・リクウァイ(余力為)監督の「Plastic City」(中国語題:蕩寇)が選ばれた。
(Record China) 
「Plastic City」は日本・中国・ブラジル合作映画で、アンソニー・ウォン(黄秋生)、オダギリジョー、ホァン・イー(黄奕)らが出演。
 映画の舞台はブラジル・サンパウロで、セリフの8割はポルトガル語という。
 アンソニーとオダジョー演じる父子両方から愛される女性を演じるホァン・イーは、この朗報を受けて「いい勉強のチャンスを与えられたと思う」と喜びのコメントを発表している。
 ユー・リクウァイ監督は、06年のヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞「長江哀歌」で知られる名匠、ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督と名コンビのカメラマンとして知られ、これまでにウォン・カーウァイ(王家衛)監督「花様年華」、アン・ホイ(許鞍華)監督の「おばさんのポストモダン生活」などを手がけている。
EXCITE ニュースより)

<「単なる“悪ふざけ映画”では無かったのか!?映画『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』ヴェネツィアに殴りこみ!」>
 なんと『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』がヴェネツィア国際映画祭コンペ外で公式招待作品されることが決定した! 
 鬼才・河崎実監督が、ついに三大映画祭のひとつ、ヴェネツィアに、タケ魔人をひっさげて舞い降りる!!
 サミットに便乗した単なる“悪ふざけ映画”では無かったのか!?
 日本の伝統芸能である怪獣映画の復権と、世界情勢を痛烈に皮肉った監督の狙いに、まずは世界のヴェネツィアが賛同。
 怪獣ギララに勝るとも劣らない、日本の首相を演じる風刺コント集団ザ・ニュースペーパーの怪演、フランス大統領のそっくりさんに加え、北の国の将軍も大暴れ!
 本年2月、大手新聞社より発行された「ニッポンの映画監督」でも無視された鬼才は、外圧によって日本でも評価されることになるのか!?

『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』:
 世界の首脳たちが集まるG8サミット――洞爺湖でのサミット真っ最中、札幌近郊に中国の宇宙船が墜落。宇宙船に付着した胞子から、宇宙怪獣ギララが出現する。[G8サミット]の看板は[G8ギララ対策本部]に架け替えられる。意外な展開に色めき立つ報道陣、取材合戦が熾烈を極める中、スクープ狙いのスポーツ紙記者・隅田川すみれ(加藤夏希)とカメラマン・戸山三平(加藤和樹)は洞爺湖畔で不思議な一群を目撃する。
「美しい国」を守る為、先陣を切って仕掛けられる日本の軍事作戦。そして、イタリア、ドイツ、英国‥。
 しかし、次々と仕掛けられる国家の家の威信を賭けた作戦も、宇宙怪獣ギララには何の効果もない‥刻一刻、サミット会議場に迫りくるギララ。G8メンバーは、突如、訪れた地球存亡の危機を回避できるのか?そんな中、新聞記者の隅田川と戸山は、湖畔の村に伝わる神話から、伝説のタケ魔人を蘇らせようと考える。遂に、出現するタケ魔人!!

★第65回ヴェネツィア国際映画祭・公式招待作品(コンペ外、ミッドナイト部門)とは・・・
 第63回より設定されており、日本から黒沢清監督『叫』、ジャッキー・チェンの『プロジェクトBB』が参加。
 昨年は『ブレードランナー/ファイナルカット』、『荒野の用心棒/レストアー版』が上映されている等、 映画通が喜ぶ編成として、定評のある部門。
 本年度は8月27日~9月6日まで開催される。
シネマトピックスオンラインより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

NO.160「ま」のつく元気になった洋画2

20061213_171198

マンハッタン物語」(マンハッタンモノガタリ)

<元気コメント>
 若い男女の”遊び”がもたらした「幸福な結婚」を考えるいい機会。
 予想外の困難を乗り越えたことがより深い結びつきを生む。

<あらすじ>
 ニューヨークのデパートのセールスガール、アンジー(ナタリー・ウッド)は、楽士ロッキー(スティーヴ・マックィーン)を相手に一夜を過ごした。
 やがてアンジーは妊娠したことに気づいた。
 女性の幸福は結婚にあると信じていたアンジーは、昔かたぎの母(ペニー・サントン)に知られないうちに処理しようと、ロッキーに連絡して、医者を探してくれと頼んだ。
 もともと結婚なんてワナにかかるようなものだと思っている男だが・・・

<データ>
マンハッタン物語」(Love with the Proper Stranger)
製作:1963年 アメリカ パラマウント配給
監督:Robert Mulligan ロバート・マリガン
出演:Natalie Wood ナタリー・ウッド  (Angie)
   Steve McQueen スティーヴ・マックイーン  (Rocky)
   Edie Adams イーディー・アダムス  (Barbie)
   Herschel Bernardi ハーシェル・バーナルディ  (Dominick)
   Harvey Lembeck ハーヴェイ・レムベック  (Julio)

解説:「アラバマ物語」のアラン・J・パクラの製作、ロバート・マリガンの演出したコンビ2作目。
   脚本はアーノルド・シュルマン、撮影は「けっさくなエディ」のミルト・クラスナー、「アラバマ物語」のエルマー・バーンスタインが音楽を担当した。
   出演は「ウエスト・サイド物語」のナタリー・ウッド、「大脱走」のスティーヴ・マックィーン、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のイーディー・アダムス、「あなただけ今晩は」のハーシェル・バーナルディ、TVのハーヴェイ・レムベックほか。

****************************************
【コラム:映画を楽しむ18】
<「アナログ」と表示されたら>
 いよいよテレビでもデジタルで鮮明な映画が見られる時代が近づいてきたが、今の自分のテレビでデジタル受信ができるのかどうか?


 「NHK、地上アナログ放送で「アナログ」表示を開始」 「2011年7月24日の地上アナログ放送停波まで残り3年となった。 日本放送協会(NHK)では、24日の午前4時14分50秒から、NHK総合、NHK教育の各チャンネルの地上アナログ放送で「アナログ」のロゴマーク表示を開始。 視聴者へ注意を促している。  NHKに加え民放各局の地上アナログ放送でも、ゴールデン、プライム帯の番組冒頭に「アナログ」ロゴを表示。 2009年1月からは原則常時表示に切り替える」
(記事一部・画像共にAV・watchより)
★ケーブルなら、今のテレビのままで地デジが見られる!【J:COM】

****************************************

<「マンハッタン物語」と言えば>
★主演ナタリー・ウッド
 (Natalie Wood、本名:Natalia Nikolaevna Zakharrenko、1938年7月20日 - 1981年11月29日)は、アメリカ合衆国の女優。
 カリフォルニア州サンフランシスコにて、ロシアからの移民してきた両親の間に生まれる。
 妹は『007 ダイヤモンドは永遠に』に出演した女優のラナ・ウッド。
 1943年から映画に出演しはじめ、シャーリー・テンプルの次の世代の人気子役として、1947年の『三十四丁目の奇蹟』で人気スターとなる。
 1955年の『理由なき反抗』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。
 その後もジョン・フォードの西部劇『捜索者』やロバート・ワイズのミュージカル映画『ウエスト・サイド物語』、エリア・カザン監督でウォーレン・ベイティと共演した『草原の輝き』などでスターの座を確たるものにした。
 1981年、映画『ブレインストーム』の撮影中にボートの転覆事故で水死した。享年43

【ナタリー・ウッドの出演映画】

(恋多き女優)
 1957年に俳優のロバート・ワグナーと結婚。
 破局後、ウォーレン・ベイティと婚約していたが結婚はしなかった。
 1969年にプロデューサーのリチャード・グレグソンと結婚し、娘ナターシャをもうけた。ナターシャは後に女優になった。
 リチャード・グレグソンとの破局後、再びロバート・ワグナーと結婚している。
 ウッドは恋多き女優としても有名で、エルヴィス・プレスリー、デニス・ホッパー、レイモンド・バー、クリストファー・ウォーケンらと派手に浮名を流した。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲今回「マンハッタン物語」の中で
 堕胎の医者から逃げてアンジーをロッキーが連れて行ったのは誰のアパート
 (正解は次回)

▼前回「ぼくらの七日間戦争」の中で
 原作にはない大型の道具とは?

 正解 戦車 

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.159「ぼくらの七日間戦争」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【イヤー、懐かしいですねー(倉渕さん)】
 先日テレビでも放映されましたが、この映画を最初に見たのはいつの頃でしたでしょうか。
 宮沢りえさんがとても初々しいですね。(倉渕)

 ☆☆倉渕さん、お便りありがとうございました。
   他にも懐かしのオススメ映画がございましたら、またお便りして下さい。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
(今回お便りはございません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

【月間レンタルランキングベスト5】

  ジャンパー」が堂々のベスト1
  邦画では、「L change the worLd」がトップ
 
ベスト1「ジャンパー」
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
収録時間: 89分
出演者: ヘイデン・クリステンセン サミュエル・L・ジャクソン マイケル・ルーカー ダイアン・レイン ジェイミー・ベル アンナソフィア・ロブ マックス・シエリオット レイチェル・ビルソン
監督: ダグ・リーマン
製作: アーノン・ミルチャン ルーカス・フォスター サイモン・キンバーグ ジェイ・サンダース
脚本: サイモン・キンバーグ デビッド・S・ゴイヤー ジム・ウールス
原作:スティーヴン・グールド
ジャンル: アクション SF アドベンチャー

豪華スタッフ&キャストで贈るSFアクション・アドベンチャー
(ミシガン州に住むデビッドは同級生のミリーに想いを寄せるごく普通の高校生。しかし、川でおぼれそうになった時、彼は自分に備わった途方もない‘才能’に気付くことになる。冷たい川底から一瞬にして図書館へと‘ジャンプ’していたのだ!母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活にうんざりしていたデビッドは、1人ニューヨークへと向かう)

ベスト2 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
収録時間: 112分
出演者: ダコタ・ブルー・リチャーズ サム・エリオット ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン
監督: クリス・ワイツ
製作: ビル・カラッロ デボラ・フォート
脚本: クリス・ワイツ
原作:フィリップ・プルマン
字幕: 字幕入り/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日本語吹替
シリーズ: ライラの冒険
ジャンル: アドベンチャー ファンタジー

豪華キャストでも話題を呼んだ最新ファンタジー・アドベンチャー
(12歳の少女ライラの周りでは、次々に子供たちが行方不明になっていた。自分のダイモン(守護精霊)であるパンタライモンと共に学校を飛び出し捜索に乗り出すライラ。彼女はまだ知らない。そのたびの行く末に、底が抜けるような驚きと、引き返せないほどの恐怖が待っていることを。そして自らに課せられた運命の悲劇を―)

ベスト3 「魔法にかけられて」

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
収録時間: 107分
出演者: エイミー・アダムス スーザン・サランドン ティモシー・スポール パトリック・デンプシー ジェームズ・マースデン レイチェル・コヴィー
監督: ケヴィン・リマ
製作: バリー・ジョセフソン バリー・ソネンフェルド
脚本: ビル・ケリー
字幕: 字幕入り/英語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/DTS/日本語吹替
ジャンル: コメディー ファンタジー ラブロマンス ディズニー

ディズニーが贈る、身も心も躍るハッピー・ファンタジー
(ウォルト・ディズニーが贈る、身も心も躍る究極のハッピー・ラブストーリー。優雅でロマンティックな‘おとぎの国’から現代のニューヨークへ。ジゼルの純粋さが人々の心に優しさを呼び戻し、NYでの出会いがジゼルに本当の愛を教える…)

ベスト4 「アース」

製作年: 2007年
製作国: ドイツ/イギリス
収録時間: 98分
出演者: パトリック・スチュワート
監督: アラステア・フォザーギル マーク・リンフィールド
製作: アリックス・ティドマーシュ ソフォクレス・タシオリス
脚本: アラステア・フォザーギル デヴィッド・アッテンボロー マーク・リンフィールド
字幕: 字幕入り/日本語吹替用字幕/日本語ナレーション字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日本語吹替
ジャンル: ドキュメンタリー

(約50億年前、巨大な小惑星が地球に衝突し、地球の地軸は太陽に対し23.5度傾いてしまう。この天文学的事故はまさに奇跡だった。地軸の傾きは季節、暑さ寒さという気候の変化を生み、壮大な景観の美を作り出した。生命は太陽からエネルギーを得る。そして多くの生物が生きるため途方もない長旅をするのもまた、太陽のせいだ。さぁ我々も、北極から南極へ至る、我々が故郷と呼ぶ惑星を縦断する旅へ出よう)

ベスト5 「L change the worLd」

製作年: 2008年
製作国: 日本
収録時間: 128分
出演者: 松山ケンイチ 金井勇太 鶴見辰吾 平泉成 工藤夕貴 高嶋政伸 石橋蓮司 藤村俊二 福田麻由子 南原清隆 佐藤めぐみ 正名僕蔵 福田響志
監督: 中田秀夫
製作: 大内裕 毛利達也
脚本: 小林弘利
詳細: 原作:大場つぐみ/小畑健
字幕: 字幕入り
音声: ステレオ/ドルビーデジタル
シリーズ: DEATH NOTE
ジャンル: サスペンス ドラマ

(最も信頼するパートナーであったワタリ亡き後、Lに降りかかった事件。それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった異例の事件。人間の手で作り出された‘死神’。L本人にさえ予測できない展開が待ち受ける激動の23日間。運命のカウントダウンが始まろうとしていた…)

(DMM
  のレンタルは、
 DMM.com CD&DVDレンタル 月額レンタル 単品レンタル) 
 月額レンタルは、自動繰越制度スタート:DMM 「月額レンタル」 ベーシックプランなら、借りられなかった枚数分が翌月にくりこされるから安心して利用することができます!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

NO.159「ほ」のつく元気になった邦画2

ぼくらの七日間戦争」(ボクラノナノカカンセンソウ)

<元気コメント>
 やや現実離れしているものの、威勢よく子供が大人に反発する姿がコミカルで微笑ましい

<あらすじ>
 ある日、校則に反発した青葉中学の一年・菊地ら男子生徒8人が失跡した。
 彼は自衛隊の廃工場に立てこもっていたが、学校側は体面を取りつくろうばかり。
 そのうち、ひとみら女生徒3人も加わり、11人での自炊生活か始まった・・・

<データ>
ぼくらの七日間戦争
製作:1988年  日本 東宝
監督:菅原比呂志  スガワラヒロシ
原作:宗田理  ソウダオサム「
出演:宮沢りえ ミヤザワリエ  (中山ひとみ)
   五十嵐美穂 イガラシミホ  (橋口純子)
   安孫子里香 アビコリカ  (堀場久実子)
   菊池健一郎 キクチケンイチロウ  (菊地英治)
   鍋島利匡   (安永宏)

解説:校則に反発して廃工場に立て篭った中学生と教師や親など大人たちとの戦いを描く。
   宗田理原作の同名小説の映画化で脚本は前田順之介と菅原比呂志が執筆。
   監督はこれが第一作となる菅原、撮影は河崎敏がそれぞれ担当

****************************************
【コラム:夢のホームシアター19】
<ラックシアター>
 
あまり聞きなれない言葉かもしれないが、大型TVを
・見やすい位置で
・いい音で
楽しむためのTVの台
のことである。

 しかも、TVとの接続が簡単なので、大型TVを買って
ホームシアターを楽しみたいという方には欠かせない品に
なるだろう。

 ★ラックシアターの例 (例:Panasonic(パナソニック)★ホームシアターシステム 3.1chラックシアター SC-HTR200)
(例:32~46型クラスの薄型に最適。部屋のコーナーにもすっきり置ける、カジュアルなオープンスタイルのシアターラックシステムYAMAHA YSPラックシアターシステム YSP-LCW900-S )
****************************************

<「ぼくらの七日間戦争」と言えば>
★宮沢りえ主演第1作
 (みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は東京都練馬区出身の日本の女優。
 練馬区立大泉学園中学校卒業。所属事務所はエムツー企画。
 11歳の時にモデルとしてデビューし、程なく「週刊セブンティーン」(当時)の表紙モデルに抜擢。
 1987年に「三井のリハウス」の初代リハウスガール"白鳥麗子"役で注目を集め、トップアイドルとなる。
 その後、映画・舞台・テレビドラマで活躍中である。
 中国語では「宮澤理惠」の表記で紹介されている。
 身長167cm。血液型B型。牡羊座。

宮沢りえの出演映画】

(明星食品「チャルメラ」でCMデビュー)
1985年、 明星食品「チャルメラ」でCMデビュー。
1989年、初主演映画『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。小室哲哉楽曲提供による『ドリームラッシュ』で歌手デビューし、人気音楽番組『ザ・ベストテン』の最終回にランクインした(出演はなし)。カレンダーでは大胆なふんどしルックが話題を呼んだ。
1990年、『NHK紅白歌合戦』に出演、NHKホール外で自由に歌いたいとの本人の希望で、紅白初の中継出演となった。芝浦の倉庫屋上でバスタブにつかりながら『Game』を歌った姿が話題を呼んだ。
1991年発売の写真集『サンタフェ』(Santa-Fe、篠山紀信撮影)は人気絶頂時のヌード写真集で大ヒットし150万部のベストセラーとなる。東南アジアなどでは海賊版も出回った。
1992年、貴花田(当時関脇)との婚約を発表し、当時国民的な人気を誇っていた2人の交際が大きな話題となる。しかし短期間で不可解な婚約解消。
2001年、香港映画『華の愛~遊園驚夢』で第23回モスクワ国際映画祭・主演女優賞受賞。
2003年、『たそがれ清兵衛』で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞。
2005年、『父と暮らせば』で第47回ブルーリボン賞・主演女優賞受賞。
2005年、幹田卓司(宝石デザイナー)と交際中
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲今回「ぼくらの七日間戦争」の中で
 原作にはない大型の道具とは?
(正解は次回)

▼前回「ポリスアカデミー」の中で 
 マホニーがラサール校長にしたいたずらとは?
 正解 売春婦をやとってナニを吸わせる

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.158「ポリスアカデミー」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【全て見ています(ポリスさん)】
 このシリーズは全て見ています。
 第一作を見て以来、ドラマ化しないかなぁと思っていたら、7作品まで作られるとは思ってもみませんでした。
 この間のお話ですと第8作があって未だ未公開とのことですが、早く公開して欲しいものです。
(ポリス)

 ☆☆ポリスさん、お便りありがとうございました。
   そうですね、第8作の行方はどうなるのでしょうか。 
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【向田さんのオススメ「砲艦サンパブロ 」】
  スティーヴ・マックイーンの別の顔が見ることができたようで気に入っている作品です。(向田)

 ☆☆向田さん、懐かしい作品のおススメありがとうございました。
  「砲艦サンパブロ 」は、1967年の第39回アカデミー賞作品賞のノミネートされた作品でしたね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
砲艦サンパブロ 」(The Sand Pebbles)
製作:1966年 アメリカ 20世紀フォックス映画
監督:Robert Wise ロバート・ワイズ
原作:Richard Mckenna リチャード・マッケナ
出演:Steve McQueen スティーヴ・マックイーン  (Holman)
   Richard Attenborough リチャード・アッテンボロー  (Frenchy)
   Richard Crenna リチャード・クレンナ  (Collins)
   Candice Bergen キャンディス・バーゲン  (Shirley)
   Marayat Andriane マラヤット・アンドリアン  (Maily)

解説:1942年にベスト・セラーとなったリチャード・マッケナの小説『サンパブロ号乗組員』を原作に、ロバート・アンダーソンが脚色、「サウンド・オブ・ミュージック」のロバート・ワイズが製作・監督した。
   撮影は「荒野の悪魔」のジョー・マクドナルド、音楽はジェリー・ゴールドスミス。
   出演は「ネバダ・スミス」のスティーヴ・マックィーン、「グループ」のキャンディス・バーゲン、「飛べ!フェニックス」のリチャード・アッテンボローのほかリチャード・クレンナ、マラヤット・アンドリアン、マコ(岩松信)など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »