« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

NO.115「く」のつく元気になった邦画2

空海 (くうかい)

<元気コメント>
 当時の大陸への渡海は今で言えば宇宙旅行に近かったのではないでしょうか。
 真理の探究にかける人間のエネルギーに圧倒されます。 

<あらすじ>
 伊豫親王に仕える叔父・阿刀大足を頼り大学をめざし奈良の都に出て来ていた佐伯の真魚が突然、姿を消したのは桓武帝による遷都騒ぎのさ中だった。
 六年後、乞食坊主の姿で故郷の讃岐に現われた彼は、家族の止める間もなく、再び命がけの修業の旅へと向かった。
 延暦二十一年一月、富士山が大爆発を起こした。
 近くで修業中だった真魚は、恐怖で逃げまどう村人たちを鍾乳洞に避難させる。
 同じ頃、京の東宮御所では藤原縄主の妻・薬子が、娘婿にあたる安殿親王と密会を重ねていた。
 延暦二十三年、桓武帝の命により第十六次遣唐船の派遣が決定。
 密教の存在を知りその教典を持ち帰ろうとした真魚は、大足と伊豫親王の尽力で遣唐留学生として参加を許された。
 そして、これを機に名を空海と改める。遣唐使の中には以後空海の生涯のライバルとなる最澄も特別待遇で加わっていた・・・

<データ>
空海
 製作:1984年 東映
 監督:佐藤純彌 サトウジュンヤ
 出演:北大路欣也 キタオオジキンヤ  (空海)
    加藤剛 カトウゴウ  (最澄)
    小川真由美 オガワマユミ  (薬子)
    西村晃 ニシムラコウ  (佐伯田公)
    石橋蓮司 イシバシレンジ  (橘逸勢)
    成田三樹夫 ナリタミキオ  (藤原葛野磨)
    中村嘉葎雄 ナカムラカツオ  (平城天皇)
    西郷輝彦 サイゴウテルヒコ  (嵯峨天皇)
    室田日出男 ムロタヒデオ  (悦々)
    丹波哲郎 タンバテツロウ  (桓武天皇)
    森繁久彌 モリシゲヒサヤ森繁久弥  (阿刀大足)

解説:弘法大師空海の生いたちから入定までの六十一年の生涯を描く。
   脚本は空海にまつわる膨大な資料をもとに「青春の門 自立篇(1977)の早坂暁が執筆。
   監督は「敦煌の佐藤純彌、撮影は「日本海大海戦 海ゆかばの飯村雅彦がそれぞれ担当

青春の門 自立篇」:昭和29年、早稲田大学に合格して上京し、赤貧生活を始めた伊吹信介(田中健)は、そこでボクシング部の石井コーチ(高橋悦史)やインテリ娼婦カオル(いしだあゆみ)など、さまざまな人々との交流の中、厳しく迷い多き青春を謳歌していく。そしてやがて彼は、自分を追って上京してきた幼なじみの織江(大竹しのぶ)と再会した…
敦煌」:科拳の試験に落ちた行徳は、失意の末西夏へ…。西夏軍に捕らえられた行徳は外人部隊に編入させられた。そこで隊長朱王礼と出会い、参謀として重用される
日本海大海戦 海ゆかば」:日露戦争中の明治38年。東郷平八郎はじめ軍司令部は、大国ロシアが誇るバルチック艦隊を迎え撃つ作戦の準備に迫られていた。その頃、連合艦隊の旗艦・三笠に海軍軍楽隊として、若い神田は配属された。そこに娼婦で恋人のせつが面会に訪れた

【空海関係の本

<「空海」と言えば>
★空海(くうかい、宝亀5年6月15日(774年7月27日) - 承和2年3月21日(835年4月22日))
 「弘法大師(こうぼうだいし)」の諡号(醍醐天皇、921年)でも知られる日本真言宗の開祖
 俗名は佐伯真魚(さえき・の・まお、佐伯眞魚)。
 最澄(伝教大師)とともに、旧来のいわゆる奈良仏教から新しい平安仏教へと日本仏教が転換していく流れの劈頭に位置し、中国から真言密教をもたらした。
 書道家としても能筆で知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられる。

(佐伯真魚の時代)
 讃岐国多度郡屏風浦の豪族・佐伯直田公(さえきあたいたぎみ)の子、真魚として、現在の香川県善通寺市に生まれた。
 母親は阿刀氏の出身。空海が誕生したとされる6月15日は、中国密教の大成者たる不空三蔵の入滅の日であり、空海が不空の生まれ変わりとする伝承に繋がっていく。
 15歳で、桓武天皇の皇子伊予親王の家庭教師であった母方の舅(おじ)である阿刀大足について論語、孝経、史伝、文章等を学び、18歳で京の大学寮に入った。
 大学での専攻は明経道で、春秋左氏伝、毛詩、尚書等を学んだと伝えられる。

(仏道修行への道-空海の誕生)
 大学での勉学に飽き足らず、20歳を過ぎた頃から山林での修行に入ったという。
 24歳で儒教・道教・仏教の比較思想論でもある『聾瞽指帰(ろうごしいき)』を著して俗世の教えが真実でないことを示した(「聾瞽指帰」は、後に序文と巻末の十韻詩を改定、『三教指帰』(さんごうしいき)と改題されている)。
 この時期より入唐までの空海の足取りは資料が少なく断片的で不明な点が多い。
 しかし吉野の金峰山や四国の石鎚山などで山林修行を重ねると共に、幅広く仏教思想を学んだことは想像に難くない。
 『大日経』を初めとする密教経典に出会ったのもこの頃と考えられている。
  さらに中国語や梵字・悉曇などにも手を伸ばした形跡もある。

(空海という名をいつから名乗っていたのか?)
 ところでこの時期、一沙門より「虚空蔵求聞持法」を授かったことはよく知られるところである。
 『三教指帰』の序文には、空海が阿波の大瀧岳や土佐の室戸岬などで求聞持法を修したこと、明星が来影するという形で行が成就したこと、が記されている。
 求聞持法を空海に伝えた一沙門とは、旧来の通説では勤操とされていたが、現在では大安寺の戒明ではないかと云われている。
 戒明は空海と同じ讃岐の出身で、その後空海が重要視した『釈摩訶衍論』の請来者である。
 空海の得度に関しては、延暦12年に20歳にして勤操を師とし槇尾山寺で出家した、という説、あるいは25歳出家説が古くからとなえられていたが、現在では、延暦23年(804)、入唐直前31歳の年に東大寺戒壇院で得度受戒したという説が有力視されている。
  また空海という名をいつから名乗っていたのかは定かではない。
 無空や教海と名乗った時期があるとする文献もある
  (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部引用 さらに詳しくお知りになりたい方は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』へ)

<映画クイズ>
▲前回「キッド」の中で
  チャップリンが育てた子供の本当の母親は有名な○○○○○になっていた?

 正解
  オペラ歌手

▼今回「空海」の中で
  最澄が空海に借用を申し入れ断られた密教の経典名は?  

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.114「キッド」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【昔見た覚えがあったのですが】
 今回改めてみると、こんなに感動的な映画だったのかと不思議でなりません。(グリンピース)

 ☆☆グリンピースさん、お便りありがとうございました。
   年齢を重ねてきたせいでしょうか、私も色々な映画で同じ思いを何度もしています。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【久保山さんのオススメ「サーカス」】
 チャップリンの映画はどれも好きですが、私は「サーカス」が大好きです。
 サーカスの離れ業シーンも、最後にチャップリンが一人でテントの跡を歩いていくシーンどれもお気に入りです。(久保山)

 ☆☆久保山さん、お便りありがとうございました。
   相変わらずの失業者という設定ながら、スリ、サーカス、キューピッドと人間的な変遷を遂げていく姿がチャップリンの魅力ですね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
サーカス(The Circus)
 公開:1928年 アメリカ ユナイテッド・アーティスツ支社配給
 監督:Charles Chaplin チャールズ・チャップリン
 出演:Charles Chaplin チャールズ・チャップリン  (Charlie)
    Merna Kennedy マーナ・ケネディ  (The Equestrienne)
    Betty Morrissey ベティ・モリッシー  (The Vanishing Lady)
    Harry Crocker ハリー・クロッカー  (Rex King of the High Wire)
    Allan Garcia アラン・ガルシア  (The Circus Proprietor)

解説:チャールズ・チャップリン氏が「黄金狂時代」に続いて製作した喜劇で、例の通りにチャップリン氏自らがストーリーを立て、それを監督し、且つそれに主演している。
   チャーリーは失業者である。彼はふらふらとサーカスのいる附近へとさしかゝる。
   ところがふとしたことから、彼は巳れの知らぬ間に掏摸の相棒の役を務めてしまっているのだ。
   そこで彼は逃場を求めてサーカスに駆け込む・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

【第20回東京国際映画祭は10/20(土)~】

<世界12大映画祭の一つ> 
 公式サイト
 第20回東京国際映画祭2007年10月20日(土)~10月28日(日)9日間
 東京国際映画祭(とうきょうこくさいえいがさい/Tokyo International Film Festival/略称TIFF)(1985 - )
 東京港区の六本木ヒルズと東京渋谷区のBunkamuraをメイン会場として、都内各劇場で上映や企画が行われ、毎年開催される映画祭。
 国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭(Competitive feature film festival)であり、世界12大映画祭の一つ。

<アジア最大級の国際映画祭>
 ユニジャパン(財団法人日本映像国際振興協会)が主催するアジア最大級の国際映画祭。
  1985年の開催時には、隔年開催で、渋谷にある映画館を中心に上映されていたが、89年から毎年開催に変更された。
  “東京サクラグランプリ”を選出する「コンペティション」やエンターテインメント性の高い話題作ばかりの「特別招待作品」、アジアの秀作に焦点を当てた「アジアの風」、日本映画をクローズアップする「日本映画・ある視点」などのTIFFメイン企画をはじめ、30企画以上が開催される。
 また2007年、経産省の音頭で、アニメやゲーム・マンガなど日本の各分野におけるコンテンツイベント・マーケットを集中して開催するコンテンツ産業振興のための国際フェスティバルJAPAN国際コンテンツフェスティバル(通称;コ・フェスタ)を立ち上げた。世界中のコンテンツ関係者が一度に多数の日本のコンテンツに触れる機会を提供し、新たな交流の場として国際共同製作や国際ビジネスの交流に結びつけていくことを目指す。
 第1回コ・フェスタのクロージングを飾るイベントである東京国際映画祭は、コ・フェスタの中核としてその役割が期待されている。

<会場>
 六本木ヒルズと大型複合文化施設であるBunkamura(オーチャードホール、シアターコクーン、ル・シネマ1、2)がメイン会場。
 その他、都内各地の劇場などで上映が行われる。
 2005年からは、同映画祭の主にアニメ部門等を、秋葉原UDXの東京アニメセンター等で、『秋葉原エンタまつり』として開催している。
 1994年は平安遷都1200周年記念として京都市で「京都国際映画祭」という名称で開催されている。

<グランプリ受賞作品>
1985年(第1回):「台風クラブ」(相米慎二監督)日本
1987年(第2回):「古井戸」(呉天明監督)中国
1989年(第3回):「ホワイト・ローズ」(ライコ・グルリチ監督)ユーゴ
1991年(第4回):「希望の街」(ジョン・セイルズ監督)アメリカ
1992年(第5回):「ホワイト・バッジ」(鄭智泳監督)韓国
1993年(第6回):「青い凧」(田壮壮監督)中国
1994年(第7回):「息子の告発」(巌浩監督)中国
1995年(第8回): 該当作品なし
1996年(第9回):「コーリャ 愛のプラハ」(ヤン・スヴェラーク監督)チェコ
1997年(第10回):「ビヨンド・サイレンス」(カロリーヌ・リンク監督)ドイツ/「パーフェクト・サークル」(アデミル・ケノヴィッチ監督)サラエボ
1998年(第11回):「オープン・ユア・アイズ」(アレハンドロ・アメナバール監督)スペイン
1999年(第12回):「ダークネス&ライト」(チャン・ツォーチ監督)台湾
2000年(第13回):「アモーレス・ペロス」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)メキシコ
2001年(第14回):「スローガン」(ジェルジ・ジュヴァニ監督)アルバニア
2002年(第15回):「ブロークン・ウィング」(ニル・ベルグマン監督)イスラエル
2003年(第16回):「暖~ヌアン」(フォ・ジェンチー監督)中国  劇場公開題「故郷(ふるさと)の香り」
2004年(第17回):「ウィスキー」(フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール監督)ウルグアイ
2005年(第18回):「雪に願うこと」(根岸吉太郎監督)日本
2006年(第19回):「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」(ミシェル・ハザナヴィシウス監督)フランス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

NO.114「き」のつく元気になった洋画2

キッド

<元気コメント>
 決して貧しさを現そうとしない息の合った親子の生活のリズムに活力をもらいました。(笑いに涙を織りまぜた感情溢れる演出、名子役ジャッキー・クーガンの愛くるしい演技)

<あらすじ>
 捨て子の少年と、彼を拾った放浪紳士チャーリーが、やがて実の親子以上の深い愛で結ばれていくまでを綴った感動作。
 
<データ>
キッド
 製作:1921年
 監督:チャールズ・チャップリン
 出演:チャールズ・チャップリン 
    ジャッキー・クーガン 
    エドナ・パーヴィアンス 
    カール・ミラー 
    チャック・ライスナー 
    トム・ウィルソン 
    ヘンリー・バーグマン 
    アルバート・オースチン 
    リタ・グレイ

解説:キッド』は、オープニングで「笑いと たぶん涙の物語」と語っている通り、映画史上初めて喜劇と悲劇の融合が効果的に取り入れられた長編喜劇映画である。

<「キッド」と言えば>
★チャールズ・チャップリン
 NO.80「ら」のつく元気になった洋画「ライムライト」を参照

ジャッキー・クーガン

★チャップリンとジャッキー・クーガン
 当時ヴォードヴィルの一芸人にすぎなかったジャッキー・クーガンは、これを期に映画界で最も有名な子役となった。
 チャップリンの研究家の多くは、チャップリンの第一子が制作開始の直前に死んでいることが、この映画での子供への親密な愛情表現につながっていると指摘している。
 貧困と金持ちの傲慢に関する描写は、チャップリンのロンドンでの体験が直接に反映されている。
 その後チャップリンは、アカデミー賞名誉賞の授賞式のため一時アメリカに滞在した1972年に、クーガンとの最後の再会を果たしている。
 
 ジャッキー・クーガン出演映画「WESTERN HEROES VOL.10 カウボーイGメンTV放送創生期に熱狂的人気を誇ったTV西部劇をDVD化する「WESTERN HEROES」シリーズ第10巻。本作は、1880年代のカリフォルニアを舞台に、合衆国政府から派遣されたふたりの密偵が、法と秩序を守るためさまざまな悪と闘う

★キッドとチャップリンの最初の妻ミルドレッド・ハリスとの離婚訴訟
 劇中で魅力的な天使を演じるリタ・グレイは、1924年から1927年までチャップリンの妻(二人目)となった。
 撮影は1920年に終了したが、『キッド』はチャップリンの最初の妻ミルドレッド・ハリスとの離婚訴訟に巻き込まれた。
 離婚に関してはいったん和解が成立していたのだが、チャップリンと『キッド』の配給元であるファースト・ナショナル社との間で契約上のトラブルがあった(チャップリンが七巻物の劇映画として製作していたのに対し、ファースト・ナショナル社は二巻物の短編喜劇3本という扱いにして、チャップリンへの給与を削ろうとした)ため、離婚訴訟を利用して『キッド』の未編集フィルムを差し押さえてしまおうという企みがあったのだ。
 チャップリンは差し押さえを避けるため、フィルムをコーヒーの缶につめてソルトレークシティのホテルの一室へと逃れて編集作業を行った。

★下町オルベラ・ストリート
 下町のシーンのいくつかが撮影されたオルベラ・ストリートは、撮影より十年ほど前、観光客向けにメキシコ風に改装された街である。
 当時オルベラはほとんど忘れ去られた狭苦しい街であり、汚い下町の雰囲気を強調するのに適していた。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
 
<映画クイズ>
▼前回「キネマの天地」の中で
  有森也実の演じる小春が、主演の代役に起用された大作映画の名称は?

  正解
   浮草

▲今回「キッド」の中で
  チャップリンが育てた子供の本当の母親は有名な○○○○○になっていた?   
   (○を埋めてください)
 
◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
NO.113「キネマの天地をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【蒲田の映画ファンです】
 映画ファンとしては当時がよく描かれて、実に嬉しい映画でした。(映画人)

 ☆☆映画人さん、お便りありがとうございました。
   蒲田撮影所も映画の一つの時代だったのですね。
   当時の逸話をご存知であればお聞きしたいですね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【宇田川さんのオススメ「君の名は」】
 最初はラジオ放送で大評判だったそうで、DVD化された今の時代でもよくわかる気がします。(宇田川)

 ☆☆宇田川さん、お便りありがとうございました。
   当時は「番組が始まる時間になると、銭湯の女湯から人が消える」と言われたらしいですね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
君の名は
 製作:1953年 松竹
 監督:大庭秀雄 オオバヒデオ
 原作:菊田一夫 キクタカズオ 「君の名は
 出演:岸恵子 キシケイコ  (氏家真知子)
    市川小太夫 イチカワコダユウ  (叔父勘次)
    望月優子 モチヅキユウコ  (妻信枝)
    佐田啓二 サダケイジ  (後宮春樹)
    月丘夢路 ツキオカユメジ  (姉悠起枝)

解説:昭和20年5月24日、東京大空襲の夜。若い男女が数寄屋橋の上で半年後の再会を約束して、名前を言わずに別れた。
   男は約束の夜、再び数寄屋橋を訪れる。だが女は遠く離れた佐渡島で縁談を無理強いされていた…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月17日 (月)

【映画用語6 映画ビジネス3】

 映画ビジネスに関連してよく使われる言葉の解説の3回目である。

<スニーク・プレヴュー>(Sneak Perview)
 題名を示さずに封切り前の映画を上映すること。
 観客の反応をチェックし、アンケートをとったりして手直しを行う。

<ビリング>(Billing)
 配役順位
 出演俳優の名前の順序、サイズは、その俳優の人気を示すだけに、関係者も大いにこだわるところ。
 クレジット場面で、大スターは映画題名よりも先に紹介されることが多い。
 これはタイトルより上(Above the Title)、あるいは、トップビリングともいう。
 同時に名前が出たり、サイズが同じ場合をイクオール・ビリングという。
 左右に名前が分かれた左の方が上位。
 複数のスターがそれぞれトップビリングを要求した場合は、複数のパターンの広告材料が作られるケースもある。

<エージェント>(Agent)
 俳優、監督、あるいは、他のクルーのビジネス上の取引を代行する人物。
 クライアントのために、役柄の選択、推薦にも関わり、70年代以降は、映画製作サイドにもエージェント出身者が多くなった。

<カメオ>(Cameo)
 有名スターが通常ならば演じないような端役を演じた時に使われる言葉で、もともとはメノウ、トルマリンなどの宝石に凸方に浮き彫りされたものをいい、端役だがキラリと光るという賞賛のニュアンスがある。
 マイケル・アンダーソン監督が、「八十日間世界一周」(56)で有名スターを出演させようとして使ったのがきっかけと言われる。

<モウガル・タイクーン>(Mogul,Tycoon)
 映画会社の社長・首脳をさす。
 モウガルは、16世紀のインドを征服したムガール人、タイクーンは日本語の「大君」(徳川将軍に対する外国人の呼称)からきている。
 WBのジャック・ワーナー、MGMのルイス・B・メイヤー、アーヴィング・サルバーグ、コロムビアのハリー・コーン、20世紀ファックスのダリル・F・ザナック、ユニヴァーサルのカール・レムリ、パラマウントのアドルフ・ズーカー、独立プロデューサーのサミュエル・ゴールドウィン、ディヴィッド・O・セルズニックらが有名。

 参考:映画検定公式テキストブック

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月14日 (金)

NO.113「き」のつく元気になった邦画2

キネマの天地 (キネマノテンチ)

<元気コメント>
 そこに映画を作ることに生きがいを見出す人々がいた。
 そして、映画を見ることで日々の楽しみを追う人々がいた。

<あらすじ>
 浅草の活動小屋で売り子をしていた田中小春が、松竹キネマの小倉監督に見出され、蒲田撮影所の大部屋に入ったのは昭和8年の春だった。
 小春は大震災で母親を失い、若い頃旅回り一座の人気者だったという病弱の父・喜八と長屋でのふたり暮らしだ。
 蒲田撮影所での体験は何もかもが新鮮だった。
 ある日、守衛に案内されて小倉組の撮影見学をしていた小春はエキストラとして映画出演することになった。
 だが素人の小春にうまく演じられる訳がなく、小倉に怒鳴られた小春は泣き泣き家に帰り、女優になることをあきらめた。
 長屋に戻って近所の奥さんにことのいきさつを話している小春を、小倉組の助監督島田健二郎が迎えにきた・・・

<データ>
キネマの天地
 製作:1986年 松竹
 監督:山田洋次 ヤマダヨウジ
 出演:渥美清 アツミキヨシ  (喜八)
    中井貴一 ナカイキイチ  (島田健二郎)
    有森也実 アリモリナリミ  (田中小春)
    倍賞千恵子 バイショウチエコ  (ゆき)
    前田吟 マエダギン  (弘吉)

解説:松竹が撮影所を大船に移転する直前の昭和8、9年の蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす人々の人生を描く。
   脚本は井上ひさし、山田太一、朝間義隆、山田洋次が共同執筆。
   監督は「男はつらいよ 柴又より愛をこめての山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫が担当

男はつらいよ 柴又より愛をこめて」:寅さんが離島の美人教師に若々しい恋をするシリーズ第36作!マドンナは、栗原小巻。

オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo あなただけのホームシアター。ご相談受付中。-Integra Style

<「キネマの天地」と言えば>
★田中絹代がスターへの階段を
 「キネマの天地」は松竹大船撮影所50周年記念作品。
 舞台は松竹が撮影所を大船に移転する直前の1934年頃の蒲田撮影所。
 城戸四郎所長以下、若き日の斎藤寅次郎、島津保次郎、小津安二郎、清水宏ら気鋭の監督たちが腕を競い、田中絹代がスターへの階段を上りかけた黄金期である。
 この時代の映画人たちをモデルにして書かれた脚本には井上ひさし、山田太一も参加した。
 また、浅草の映画館の売り子からスター女優になる主役の「田中小春」役を藤谷美和子が降板し、有森也実が抜擢されて話題になった。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

★松竹株式会社(しょうちく、SHOCHIKU Co., Ltd.)
 日本の映画・演劇の制作・興行・配給を手掛ける会社である。
 映画会社としては大手五社の一角を占める。
 創業は1895年で、設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。
 元来は演劇興行。
 現在も歌舞伎をメインに新派、松竹新喜劇も手がける。
 かつては、文楽(人形浄瑠璃)や歌劇(SKD…松竹歌劇団、OSK…大阪松竹歌劇団)、演芸(浅草松竹演芸場、道頓堀角座等)から相撲興行やプロ野球(セ・リーグ松竹ロビンス)、ボウリング、アイススケートリンクの運営等幅広い活動を行い、一時は松竹交響楽団なる本格的なオーケストラまで所有していた。
 近年は創立100年事業の一貫として1995年に松竹大船撮影所の敷地内に「鎌倉シネマワールド」なるテーマパークを開業させたが、不入りでわずか3年で閉鎖に至った。

 1895年 大谷竹次郎が京都阪井座を買収し、その興行主となる。(これが松竹の創業)
 1902年 大谷竹次郎が兄・白井松次郎とともに松竹(まつたけ)合名会社を設立する。
 1920年2月 松竹キネマ合名会社を設立。映画製作を開始。
 1920年11月 帝国活動写真株式会社を設立する。
 1921年 帝国活動写真株式会社を松竹キネマ株式会社と改称し、同時に松竹キネマ合名会社を合併する。
 1931年 日本で初めての本格的トーキー『マダムと女房』を上映する。
 1937年 松竹キネマと松竹興行を統合し、松竹(しょうちく)株式会社を設立する。
 1951年 日本初のカラー劇映画「カルメン故郷に帰るを上映する。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

カルメン故郷に帰る」:日本初の総天然色映画としても知られる、木下惠介監督、高峰秀子主演による傑作コメディ。小さい頃に馬に頭を蹴られて以来、ストリッパーをしている少し頭の弱いハイカラな娘・カルメン。友達を連れて芸術家気取りで里帰りした彼女は、地元の人たちを巻き込み大騒動を繰り広げる

★フジテレビの設立に参加
 メディア対策として、東宝・大映等と共にフジテレビの設立に参加(1959年開局)。
 なお、現在はフジテレビ株式の殆どを放出している反面、松竹大株主の10位以内に東京放送(TBS)の名が連なるなど放送局との関係に変化が見られる。
 一方では通信衛星を利用した自社製作の番組(映画、テレビドラマ、劇場中継等)を中心に流す「衛星劇場」「歌舞伎チャンネル」等を立ち上げ、現在に至る。
 2005年、歌舞伎座で創業110年を記念した女優発掘オーディション松竹STAR GATEを開催。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▼今回「キネマの天地」の中で
  有森也実の演じる小春が、主演の代役に起用された大作映画の名称は?

▲前回「カーツーム」の中で
  チャールトン・ヘストン扮するゴードン将軍が、補佐役としてスーダンへ連れていった大佐の名前は?

 正解
  スチュワート

【キネマ】

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.112「カーツーム」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【チャールトン・ヘストンの魅力がいっぱい】
 「ベン・ハー」や「エル・シド」も見ましたが、ここでもチャールトン・ヘストンの魅力がいっぱいですね。
 彼の作品は全てをみたいと思っています。(増村)

ベン・ハー:キリスト誕生から26年、ローマ帝国の支配下にあったユダヤ人地区の豪商の息子、ベン・ハーは新しい指揮官として到着した幼馴染みのメッサラと再会する。祖国を捨てたメッサラを許せないベン・ハーだったが、ベン・ハーの家の屋根瓦が崩れ総監を直撃したことにより一家は反逆罪に問われ、メッサラの手で家族は牢屋に、ベン・ハーは奴隷としてローマの軍船に送り込まれてしまう。
エル・シド:祖国存亡の危機に立ち上がったスペインの英雄、エル・シドの半生をチャールトン・ヘストンを主演に迎えて描いた壮大な歴史劇

 ☆☆増村さん、お便りありがとうございました。
   チャールトン・ヘストン出演のお気に入り作品をご紹介して下さい。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【名作映画大好きさんのオススメ「カサブランカ」】
 あまりに知られている作品でごめんなさい。でも、まだこちらでは取り上げていないみたいなので、つい・・・
(名作映画大好き)

 ☆☆名作映画大好きさんさん、お便りありがとうございました。
   オススメありがとうございました。
   確かにこれだけの名作を取り上げていませんでしたね。
   ちょうど「か」の時にありがとうございました。 
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
カサブランカ(Casablanca)
 製作:1942年 アメリカ  セントラル・モーション・ピクチュア・エキスチェンジ配給
 監督:Michael Curtiz マイケル・カーティズ
 原作戯曲:Murray Burnett マレイ・バネット Joan Alison ジョアン・アリスン
 出演:Humphrey Bogart ハンフリー・ボガート  (Rick)
    Ingrid Bergman イングリッド・バーグマン  (Ilsa Lund)
    Paul Henreid ポール・ヘンリード  (Victor aszlo)
    Claude Rains クロード・レインズ  (Capt. Louis Renault)
    Conrad Veidt コンラート・ファイト  (Major Strasser)

解説:まだ独軍に占領されない仏領モロッコの都カサブランカは、暴虐なナチスの手を脱れて、リスボンを経由し、アメリカへ行くために、1度は通過しなければならぬ寄港地である。
   この町にアメリカ人リックが経営しているナイト・クラブは、それら亡命者たちの溜り場だった。
   独軍の将校シュトラッサアは、ドイツ側の飛脚を殺して旅券を奪った犯人を追って到着する・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

【映画雑学クイズ3正解】

 さあ、貴方は何問正解できましたか?
 尚、100点満点でも正解者への賞品はありませんのあしからず。

 この異名・愛称のスターの名前は?

    問題                  正解   
  ザ・ルック            →ローレン・バコール
  偉大なる横顔          →ジョン・バリモア
  ボギー              →ハンフリー・ボガード
  イット・ガール          →クララ・ボウ
  千の顔を持つ男         →ロン・チェイニー
  リトル・トランプ          →チャールズ・チャップリン
  ザ・キング            →クラーク・ゲーブル
  グレート・ストーン・フェイス   →バスター・キートン
  アメリカの恋人          →メアリー・ピックフォード
  オールド・ブルー・アイズ    →フランク・シナトラ
  ブリュッセルから来た筋肉マン →ジャン=クロード・ヴァン・ダム
  憎むことが心地よい男     →エリッヒ・フォン・シュトロハイム

  ザ・デューク           →ジョン・ウェイン 
  
参考:映画検定公式テキストブック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

NO.112「か」のつく元気になった洋画2

カーツーム

<元気コメント>
 頑固な軍人、常に自信に満ちた行動、たった一人でも困難に立ち向かう勇気  
(秘密裏に首相と会った時の言葉、道中の船の中で交わす補佐役の大佐との会話、ゴードン将軍の人柄が偲ばれる)

<あらすじ>
 1983年、スーダンでイギリスの将軍と彼に従う1万のエジプト人が殺された。
 殺戮者の名はマーディ(ローレンス・オリビエ)。
 狂信的な回教徒のリーダーで、民族の自由の名のもとに、反乱を起こしている男である。
 当時、スーダンを支配していたのはエジプト、そのエジプトを統治していたのはイギリスである。
 困惑したイギリス首相グラッドストンは、穏便に解決するため、ゴードン将軍(チャールトン・ヘストン)に白羽の矢をむけた・・・

<データ>
カーツーム(Khartoum)
 製作:1966年 アメリカ ユナイテッド・アーチスツ配給
 監督:Basil Dearden バジル・ディアデン
 出演:Charlton Heston チャールトン・ヘストン  (General Charles Gordon)
    Laurence Olivier ローレンス・オリヴィエ  (The Mahdi)
    Richard Johnson リチャード・ジョンソン  (Col. J. D. H. Stewart)
    Ralph Richardson ラルフ・リチャードソン  (Mr. Gladstone)
    Alexander Knox アレクサンダー・ノックス  (Sir. Evelyn Baring)

解説:ロバート・アードリーのオリジナル・シナリオを、「潜行」のバジル・ディアデンが監督したチャールス・ゴードン将軍の伝記もの。
   撮影はエドワード・スケイフとハリー・ワックスマン、音楽はフランク・コーデルが担当した。
   なおアクション監督に「ベン・ハー(1959)」の戦車競争シーンで名をあげた名スタントマン、ヤキマ・カナット、特殊効果をジョン・ハウエルが担当した。
   出演は「華麗なる激情のチャールトン・ヘストン、「オセロ」のローレンス・オリヴィエ、「モール・フランダースの愛の冒険」のリチャード・ジョンソンほか。
   製作はジュリアン・ブロースタイン

ベン・ハー」:キリスト誕生から26年、ローマ帝国の支配下にあったユダヤ人地区の豪商の息子、ベン・ハーは新しい指揮官として到着した幼馴染みのメッサラと再会する。祖国を捨てたメッサラを許せないベン・ハーだったが、ベン・ハーの家の屋根瓦が崩れ総監を直撃したことにより一家は反逆罪に問われ、メッサラの手で家族は牢屋に、ベン・ハーは奴隷としてローマの軍船に送り込まれてしまう。
華麗なる激情」:ローマ法皇ユリウス2世は、システィナ礼拝堂の天井を飾るべく、ミケランジェロに天井画を注文する。彫刻家を自負するミケランジェロは断ったものの、次第に絵にのめり込んでいく

チャールトン・ヘストン

<「カーツーム」と言えば>
★ゴードン将軍役のチャールトン・ヘストン
 (Charlton Heston, 1924年10月4日 - )
 アメリカ合衆国イリノイ州エヴァンストン(Evanston)出身の俳優。 全米ライフル協会元会長としても有名。
 イリノイ州の中心部シカゴの北に隣接する、エヴァンストンに生まれ、第二次世界大戦には爆撃機の搭乗員として参戦していた。
 その後1950年に最初の映画に出演、その後もいくつもの名作に出演し、1959年には映画『ベン・ハー』でアカデミー賞主演男優賞を獲得した。

(全米ライフル協会の会長時代に)
 ハリウッド黄金期後期を支え、日本人にも馴染み深い大作やSF映画の主演者として君臨した。
 2002年、全米ライフル協会の会長時代に、ドキュメンタリー映画 『ボウリング・フォー・コロンバイン の監督マイケル・ムーアからインタビューを受け、コロンバイン高校銃乱射事件直後のコロラド州デンバーでの全米ライフル協会会議について質問された。
 自身が全米ライフル協会の会員であることを述べてインタビューを始めたムーアに対し、ヘストンは上記会議の開催を批判されていることに気づくと立ち上がって退座した。
 上記のように晩年は保守派層の代表として見られるが、1960年代にはアメリカにおける人種差別に反対し、ワシントン大行進に参加するというリベラル派であった。
 2002年8月に、自分がアルツハイマー病であることを公表した。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ボウリング・フォー・コロンバイン」:1999年、アメリカ・コロラド州の小さな町リトルトン。2人の少年は朝の6時からボウリングに興じていた。この後2人の少年は銃を手に、コロンバイン高校で銃を乱射、12人の生徒と1人の教師を射殺し23人を負傷させた後、自殺した。「なぜアメリカはこんなにも銃犯罪が多いのか」と。その疑問を解消するため、マイケル・ムーアは様々なところへアポなし突撃取材を始めるのだった

★ゴードン将軍
 チャールズ・ジョージ・ゴードン(Charles George Gordon、1833年1月28日 - 1885年1月26日)は、英国の軍人。
 太平天国の乱の時、民兵組織の常勝軍を率いて活躍、その後、スーダンのハルツームでの壮絶な戦死で人々の記憶に残ることになった。

(チャイニーズ・ゴードン)
 チャールズ・ゴードンは、英国陸軍砲兵隊H.W.ゴードン将軍の4男として誕生し、その後、陸軍士官学校に入り、1852年に少尉に任官した。
 1860年に第二次アヘン戦争が始まると、中国(清)に赴任し、1862年まで北京に駐留していたが、太平天国からの防衛のためスティーブレイ将軍の部隊が上海に派遣されると、その一員として同行した。
 当時、上海では外国人の権益を守るため米国人ウォードが常勝軍と名付けた民兵軍を組織しており、英軍はこれと連合し太平天国軍と戦った。
 ウォードが戦死すると、淮軍の司令官李鴻章は代わりの司令官を英軍から出すよう要請したため、スティーブレイ将軍はゴードンを常勝軍の司令官に推薦した。
 英軍少佐だったゴードンは、1863年に常勝軍の司令官となり、以降、1864年に太平天国が壊滅するまで各地を転戦し、乱の鎮圧に功績を挙げた。
 乱終結後、清朝から軍の最高官職を受けた。
 英国は彼を英軍中佐に昇進させ、バース勲章を与えた。
 ゴードンは、この後、本名をもじってチャイニーズ・ゴードンと呼ばれるようになる。

(世論はゴードンの救出を要求した)
 本国に帰って、1873年まで英国軍人として各地の任務についたが、エジプトの総督(ムハンマド・アリー朝)イスマーイール・パシャの招きを受けて、英国の了解の元、スーダン南部の総督となった。1876年にエジプトのスーダン・ハルツーム総督と争い、一旦辞職するが、イスマーイール・パシャの慰留を受け、スーダン全土の総督になる。アビシニアとの紛争や反乱をよく抑えていたが、1879年にアビシニアで捕虜となり、解放された後、スーダン総督を辞任しロンドンに戻った。
 その後、ベルギーからコンゴ植民地、インド総督から秘書官に、英国の中国領事館から誘われ赴任したが、いずれも長続きしなかった。
 1881年に英軍に戻り、1882年には少将に昇進した。
 その間、エジプトは北部のアラブ人反乱に悩まされ、スーダンの反乱に対応しきれなかった。
 既に実質上エジプトの支配権を握っていた英国は、1883年にエジプトにスーダンを放棄するよう命じたが、エジプト軍の撤退は困難を極めたため、英国総督はゴードンにハルツームに行き、撤退を指揮するよう要請した。
 1884年にゴードンはハルツームに到着したが、やがて、マフディー教徒(イスラム教の一派)の反乱軍に包囲された。
 英国はスーダンを放棄する方針だったが、世論はゴードンの救出を要求したため、救援軍が派遣された。
 しかし、1885年1月28日に援軍はハルツームに到着したが、その2日前にゴードンの部隊は全滅していた。
 英国における彼の人気は高く、この救出の失敗は当時のグラッドストーン内閣が退陣する原因の1つとなった(グラッドストーンの愛称はGOM(偉大なる老人、Grand Old Man)だったが、反対派はMOG(ゴードンの殺人者、Murderer of Gordon)と呼んだ)。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲「カーツーム」の中で
  チャールトン・ヘストン扮するゴードン将軍が、補佐役としてスーダンへ連れていった大佐の名前は?

▼「カンゾー先生」の中で
 Jacques Gamblin ジャック・ガンブラン(ピート)が扮する脱走兵はどこの国の人?

 正解
  オランダ

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.111「カンゾー先生」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【私でも「カンゾー先生」って】
 思わず呼んでしまいそうです。でも、戦時下の街中のお医者さんてきっとこの映画以上のご苦労があったのでしょうね。
(看護士 相川)

 ☆☆看護士の相川さん、お便りありがとうございました。
   戦時下では、軍医・従軍看護婦として徴用されたりしたのでしょうから、民間はもっと大変だったでしょうね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【女川さんのオススメ「」】
 柄本 明さんてどんな役でもはまりそうですが、私は川島なお美さんとの共演の「」が好きです。
 この方々には、もっと昭和の時代の作家や偉人を演じて頂きたいと思います。(女川)

 ☆☆女川さん、お便りありがとうございました。
   >昭和の時代の作家や偉人を演じて頂きたい
   と言うのは私も大賛成です。 
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>

 製作:1997年 東映
 監督:池田敏春 イケダトシハル
 原作:谷崎潤一郎 タニザキジュンイチロウ 「鍵 」
 出演:川島なお美 カワシマナオミ  (安西郁子)
    柄本明 エモトアキラ  (安西宗一郎)
    大沢樹生 オオサワミキオ  (木村健一)
    辻香緒里 ツジカオリ  (安西敏子)
    今井健二 イマイケンジ  (相馬博士)

解説:初老の大学教授が、妻との性生活を維持するため様々な策を弄し、死に至る姿を、ミステリー・タッチで描いた文芸ドラマ。
   原作は昭和31年に発表され“芸術か猥褻か"という論議を呼び、過去に国内外で4度も映画化されている谷崎潤一郎の同名小説。
   監督は「ちぎれた愛の殺人」の池田敏春。
   脚本はベテラン・スクリプターとして知られる白鳥あかね、「お墓と離婚」の香川まさひと、池田の共同。
   撮影は「マルタイの女」の前田米造が担当している。
   主演は本作の撮影後に主演したテレビ・ドラマ『失楽園』が話題となった「トウキョウ・ドール」の川島なお美と、「身も心も」の柄本明。
   R指定

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

【映画雑学クイズ3】

 →はヒント。○が埋まれば答えに近づきます。
 正解は次週です。
 尚、100点満点でも正解者への賞品はありませんのあしからず。

 この異名・愛称のスターの名前は?
  (異名・愛称)              (ヒント)   
  ザ・ルック              →○○○ン・○○○ル
  偉大なる横顔           →○○ン・○○○ア
  ボギー                →○○○○ー・○○○ド
  イット・ガール           →○ラ○・○○
  千の顔を持つ男         →○ン・○○ニ○
  リトル・トランプ          →○ャー○○・○○ッ○○
  ザ・キング             →○○○ク・○ー○○
  グレート・ストーン・フェイス   →○○○ー・○ー○○
  アメリカの恋人          →メ○○○・○○○○○ー○
  オールド・ブルー・アイズ    →○○ン○・○ナ○○
  ブリュッセルから来た筋肉マン→○○○=○○○ド・○○○・○ム
  憎むことが心地よい男     →○○○ヒ・○ォ○・○ュ○○○○○
  ザ・デューク            →○○○・○○○○ 
  
参考:映画検定公式テキストブック

NEW!9/26レンタル開始

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »