« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

NO.111「か」のつく元気になった邦画2

カンゾー先生 (カンゾーセンセイ)

<元気コメント>
 生と性。
 人にとってはいずれもかけがえがない。
 (走り回る医者カンゾー先生とそれを囲む一筋縄ではいかない登場人物たち:世良公則=モルヒネ中毒の外科医、唐十郎=生臭坊主、松坂慶子=料亭の後家、麻生久美子=売春看護婦ソノ子)

<あらすじ>
 昭和20年、夏。戦時下の岡山県日比の海岸を、開業医・赤城風雨が走っていた。
 彼は父の代からの家訓である「開業医は足だ片足折れなば片足にて走らん両足折れなば手にて走らん疲れても走れ寝ても走れ走りに走りて生涯を終らん」を胸に、こうして病人の家を往診して回っているのだ。
 しかし、病人たちは殆ど無償に近い値段で診てくれる風雨に感謝しながらも、その一方でどんな患者にも肝臓炎としか診断しない風雨のことを「肝臓先生」と渾名するのだった・・・

<データ>
カンゾー先生
 製作:1998年 日本 東映配給
 監督:今村昌平 イマムラショウヘイ
 原作:坂口安吾 サカグチアンゴ 「肝臓先生
 出演:柄本明 エモトアキラ  (赤城風雨)
    麻生久美子 アソウクミコ  (万波ソノ子)
    Jacques Gamblin ジャック・ガンブラン  (ピート)
    世良公則 セラマサノリ  (鳥海)
    唐十郎 カラジュウロウ  (梅本)

解説:昭和20年、戦時下の岡山県の小さな漁師町を舞台に、患者を肝臓炎としか診断しない風変わりな町医者と彼を取り巻く町民たちの生き様を描いた人間喜劇。
   監督は「うなぎの今村昌平。
   坂口安吾の原作を基に、今村と「うなぎ」の天願大介が共同脚色。
   撮影を「出現!東京龍/TOKYO DRAGON」の小笠原茂が担当している。
   主演は「の柄本明。
   第51回カンヌ国際映画祭特別招待、報知映画賞主演男優賞&助演女優賞受賞作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第4位

うなぎ」:冴えない中年の山下は、無口で無愛想ながら小さな理髪店を切り盛りしていた。実は、店のオーナー以外は知らないが、彼は浮気した妻を殺した刑務所帰りの男だった。山下は自殺未遂した桂子と知り合って共同生活を始め、次第に世間に溶け込んでいく。ところが、そこにムショ仲間が現れ、過去をばらすと彼を脅迫、さらに桂子の夫も出現して…。
」:芸術か。猥褻か。耽美的世界を余すところなく描いた谷崎文学最高峰作品の映画化!(R-15)

<「カンゾー先生」と言えば>
★原作者 坂口安吾
 (さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)
 日本の小説家、エッセイスト。本名は炳五(へいご)。
 東洋大学文学部印度哲学科卒業。
 純文学のみならず、歴史小説、推理小説、文芸エッセイまで、幅広く活動した。
 終戦直後に発表した『堕落論』などにより時代の寵児となり、無頼派と呼ばれる作家の一人、その後の多くの作家にも影響を与えた。

(無頼派)
 1946年に発表した『堕落論』は終戦後の暗澹たる世相の中で、戦時中の倫理を否定し、「堕ちきること」を肯定して多大な反響を呼んだ。
 小説『白痴』との2作によって安吾は戦後の世相に大きな影響を与える。
 また、太宰治、石川淳、織田作之助らと共に新文学の旗手とされ、無頼派、新戯作派と呼ばれる。
 これによって人気作家となるが、ヒロポンなどの薬物を打ちながらの執筆により薬物中毒となり、遂に錯乱状態となって入院、退院後に再発して伊東での転地療養で回復に至った。

(「道鏡」)
 自伝的作品として「風と光と二十の私と」などがある。
 主に20代の青春期の精神遍歴が連作風に書かれ、特に「二十七歳」「三十歳」では当時新進女流作家であった矢田津世子との恋愛についてを描いており、安吾自身も年代記の眼目としている。
 歴史小説としては、三好達治の影響で切支丹に興味を持った1940年に「イノチガケ」を発表、続いて「島原の乱雑記」「鉄砲」を書く。
 戦時中には作品発表の場が大幅に減り、歴史書を読み漁り、1944年に「黒田如水」発表、翌年「二流の人」執筆(1948年刊行)、1947年「家康」「道鏡」を発表。
 「道鏡」は、戦前の史観では悪逆非道とされていた人物を取り上げた安吾らしい作品としてセンセーショナルに迎えられ、内容はむしろ女帝としての孝謙天皇を描いたものだったが、天皇家の権威を否定する史観も含んでいた。
 
(古代王朝に関する大胆な仮説も提唱)
 1951年から日本各地を取材してその歴史考察を記した「安吾新日本地理」を『文藝春秋』に連載、古代王朝に関する大胆な仮説も提唱した。
 翌年には「安吾史譚」を『オール讀物』に連載。
 1955年に「安吾新日本風土記」を『中央公論』で連載開始するも未完のままとなる。
 1952年10月から翌3月まで新聞『新大阪』に覆面作家として連載長編小説「信長」を発表。
 連載と並行して作者名を当てる懸賞募集もおこなわれ、応募総数2784通のうち正解は1299名だった。

(第2回探偵作家クラブ賞を受章)
 少年時代から推理小説の熱烈な読者であった安吾は、第2回探偵作家クラブ賞を受章した『不連続殺人事件』の他、長編『復員殺人事件』、短編「能面の秘密」など、時代ものとして『明治開化安吾捕物帖』を書いた。
 安吾の推理小説は「推理を楽しむ小説」「パズルを解くゲーム」という考え方によるもので、推理作家としてはアガサ・クリスティを最高の作家として挙げている。
 しかし推理小説を読んで真犯人を当てるのはまれで、「彼の推理は不可思議な飛躍をする」ことが多かったようだ(推理小説作家であった大井広介による回想)。

(囲碁は強く) 
 他、将棋や囲碁も好んでおり、特に囲碁は強く、京都滞在時には碁会所席主として生活していたほどであった。
 真部一男によればアマ4、5段クラスの強豪であったといい、後に囲碁のアマ八段になった将棋名人の升田幸三と対局し、勝っている。
 また、将棋の名人戦の観戦記なども多数執筆しており、木村義雄・升田幸三・大山康晴らについて述べている。
 将棋観戦記として、安吾のものは評価が高く、木村義雄が千日手回避をおこなって敗北したとき、木村を厳しく批判した「散る日本」は名作として名高い。また、大山康晴を高く評価しており、大山を主人公にした小説も執筆している。(ただ、将棋については「駒の動かし方も知らない」と記している)
 新津市大安寺(現新潟市)の坂口家墓所に葬られた。
 1957年、新潟市寄居浜の護国神社境内に「ふるさとは語ることなし」の詩碑が建立された。
 また毎年2月17日は安吾忌が催されている。
 一人息子の坂口綱男は写真家。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

★カンゾー先生を演じた柄本 明
 (えもと あきら、1948年11月3日 - )は、東京都中央区出身の俳優。妻は角替和枝、息子は柄本佑、柄本時生。
 1976年、ベンガル・綾田俊樹らと共に劇団東京乾電池を結成。
 1998年、『カンゾー先生』で第23回報知映画賞最優秀主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。
 2004年『座頭市などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。

劇団東京乾電池 夏の夜の夢」:柄本明率いる“劇団東京乾電池”が劇団員総出演で贈る、創立30周年記念公演の模様を収録。あまりにも有名なシェイクスピアの幻想劇を、妖しく演じきった賑やかで詩情豊かな作品
座頭市』:その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市。もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。殿様の師範代という身分を捨てた服部は、病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。

(志村けんとのコントは息がピッタリ)
 シリアスな演技だけでなく、『志村けんのだいじょうぶだぁ』や『志村けんのバカ殿様などにおける志村けんとのコントは息がピッタリで印象深いが、本人は「コントは志村さんとしかやらない」と明言している。
 この柄本・志村コンビでのコントでは、柄本が強烈な個性を持つボケ役を演じ(婚期を逃した四十路女性、挙動不審なサラリーマン、年増の芸者など)、志村がツッコミに徹する形で笑いを誘発するパターンが取られている。

志村けんのバカ殿様 秋の巻」:下品、ベタ、卑猥…でも面白い、“コントの天才”志村けんによる超定番「バカ殿」がDVDで登場!白塗りメイクのバカ殿が、常軌を逸した行動で城内~城下町を混乱の渦に陥れる!意外に豪華なゲスト陣にも注目

(愛称は「えもっちゃん」)
 2006年、NHK大河ドラマ『功名が辻で親子共演を果たした。
 『スタジオパークからこんにちは』でゲストとして呼ばれたときには、収録の最中だったのか受け狙いだったのかは定かではないが、秀吉役の格好のままで登場。
 その姿で東京乾電池30年の歴史などを語った。
 余談だが、夢を語る男が嫌いらしい(子供ならよいが)。聞くと虫唾が走るという。
 愛称は「えもっちゃん」。

NHK大河ドラマ 功名が辻 スペシャル」:真心ひとつで戦国を駆け抜けた武将・山内一豊と、“励ますこと”に特別の才能を持った一豊の妻・千代の生涯を描いた、2006年NHK大河ドラマの総集編DVD
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▼「カンゾー先生」の中で
 Jacques Gamblin ジャック・ガンブラン(ピート)が扮する脱走兵はどこの国の人?

▲前回「俺たちに明日はない」の中で
 ボニーとクライドの二人が逃避行に使い、警察の車では追いつけなかったというどこのメーカーの車?

 正解
  フォード

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
(今回お便りはございませんでした)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【アーサーさんのオススメ「王様の剣」】
 アニメですが、ワートがマーリンに教育されていく姿が見ているだけで元気がでます。(アーサー)

 ☆☆アーサーさん、お便りありがとうございました。
   ディズニー映画らしくカラーがきれいで夢のある作品でしたね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
王様の剣
 製作:1963年 アメリカ ディズニー  配給
 監督:ウォルフガング・ライザーマン
 出演:リッキー・ソーレンソン カール・スウェンソン ジュニウス・マシューズ イサ・クエンセル ノーマン・アルデン

解説:鉄床に突き立てられた剣を引き抜くことができた者が、次の王様になるであろうと語り継がれていた中世のイギリス。
   城で働くみなしごの少年ワートは、森の中で魔法使いマーリンに出会います。
   ワートを未来の王様と予言していたマーリンは、ワートに帝王教育を始めます。
   その中でワートは、生きるための勇気、知恵、愛を学んでいくのでした。
   イギリスに伝わるアーサー王伝説を、ディズニーの色鮮やかなアニメーションでお楽しみください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

【話題作続々入荷中、ネットでレンタル新着】

 羊たちの沈黙シリーズハンニバル・ライジング」もいよいよ登場。
 ジンギスカンが呼んでいる「蒼き狼」が見たい。

ハンニバル・ライジング

出演: ギャスパー・ウリエル リス・エヴァンス コン・リー ドミニク・ウェスト
監督: ピーター・ウェーバー
あらすじ:レクター博士の頭脳にある「記憶の宮殿」。その最後の扉が、いま解き放たれる!1952年、リトアニア。戦争で家族と死に別れ、記憶の一部と言葉を失ってしまったハンニバル・レクターは、ソ連の孤児院に収容されていた。この孤児院は、かつて家族と裕福な時を過ごしたレクター城をソ連が没収し改装したものだった。ある晩、厳しい制裁から逃れるため脱走したハンニバルは、パリで美しい日本人女性と出会う

蒼き狼~地果て海尽きるまで~

出演: 反町隆史 袴田吉彦 松方弘樹 津川雅彦 菊川怜 若村麻由美 松山ケンイチ Ara 平山祐介
監督: 澤井信一郎
あらすじ:世界を変える男の誕生。そのとき、母は父を憎んでいた。史上最大の帝国を築いた男‘チンギス・ハーン’。人は彼を「蒼き狼」と呼んだ。豪華スタッフ・キャストが、日本映画史上空前のスケールで描く、歴史に秘められた英雄の素顔。天地を揺るがす壮絶なる戦いが始まる

ゴーストライダー

出演: ニコラス・ケイジ エヴァ・メンデス サム・エリオット ピーター・フォンダ
監督: マーク・スティーヴン・ジョンソン
あらすじ:危険なバイクスタントのショーで人気を博す天才ライダー、ジョニー・ブレイズ。そんな彼にはある秘密があった。17歳の時、病気の父親の命を救うため、悪魔メフィストと取引をして魂を売り渡してしまったのだ。そして彼が30歳の時、メフィストが再び彼の前に現れる。メフィストはジョニーに魔界の反逆者ブラックハートを捕らえるよう命じる。ゴーストライダーとなったジョニーは、ブラックハート率いる悪魔軍団を追いつめていくが…。

ナイト ミュージアム

出演: ベン・スティラー ロビン・ウィリアムズ カーラ・グギーノ ディック・ヴァン・ダイク ミッキー・ルーニー スティーヴ・クーガン リッキー・ジャーヴェイス ジェイク・チェリー
監督: ショーン・レヴィ
あらすじ:自然史博物館の夜警となったラリーは、さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。ところが誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。音のするほうへ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が吸水機から水を飲んでいた。驚きは、それだけではなかった。モアイ像や原始人、動物たちなど、博物館の展示物が次々と生き返り、勝手気ままに動き出していたのだった…。

ホリデイ
出演: キャメロン・ディアス エドワード・バーンズ ケイト・ウィンスレット ジャック・ブラック ジュード・ロウ ルーファス・シーウェル イーライ・ウォラック
監督: ナンシー・マイヤーズ
あらすじ:条件の合う者同士が休暇中に家も車も交換する、それがホーム・エクスチェンジ。全編を満たす大人の遊び心。最高にホットでチャーミングな4人が奏でる、恋と人生のアンサンブル。全てを変える運命の休暇が今、はじまる―。

 この他にも続々話題作入荷中。
 しかもわざわざお店に行かなくてもレンタルできます。

DMM.com CD&DVDレンタル DMM月額レンタルサービスガイド

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月24日 (金)

NO.110「お」のつく元気になった洋画2

俺たちに明日はない (オレタチニアスハナイ)

<元気コメント>
 決して犯罪を賛美する訳ではないが、これも人生とばかり生きる姿は痛快でさえある。
 禁酒法と世界恐慌下の当時、新聞も含めて英雄視する者も多かったというが気持ちがなんとなくわかるのである。

 
<あらすじ>
 感化院のあがりのクライド(ウォーレン・ベイティ)が例によって駐車中の車を盗もうとした時、近くの2階から声をあげて邪魔をしたのが、ボニー(フェイ・ダナウェイ)だった。
 2人にはこれがはじめての出会いだったが、クライドはボニーの気の強さに、ボニーはクライドの図太さに、惚れこんでしまった。
 2人いっしょならば恐いものなしと彼らは、次々と犯行をくり返し、それにつれて2人の仲も次第に深くなっていった・・・

<データ>
俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)
 製作:1967年 アメリカ ワーナー・ブラザース・セブン・アーツ配給
  監督:Arthur Penn アーサー・ペン
 出演:Warren Beatty ウォーレン・ベイティ  (Clyde Barrow)
    Faye Dunaway フェイ・ダナウェイ  (Bonnie Parker)
    Michael J. Pollard マイケル・J・ポラード  (C. W. Moss)
    Gene Hackman ジーン・ハックマン  (Buck Barrow)
    Estelle Parsons エステル・パーソンズ  (Blanche)

解説:デイヴィッド・ニューマンとロバート・ベントンの脚本から「逃亡地帯【字幕版】」のアーサー・ペンが監督した青春もの。
   撮影はバーネット・ガフィ、音楽はチャールズ・ストラウスが担当している。
   出演は製作もかねて「バクジーのウォーレン・ベイティ、「チャイナタウンのフェイ・ダナウェイ、「華麗なる対決のマイケル・J・ポラード、「フレンチ・コネクションのジーン・ハックマン、エステル・パーソンズほか

逃亡地帯【字幕版】」:『地獄の黙示録』のM・ブランドほか、豪華キャストで贈る社会派ドラマ。荒廃した社会を背景に、人間の内なる暴力性を鋭く描く。コロンビア75周年記念企画商品
バクジー」:ハリウッド屈指のスーパースター、ウォーレン・ベイティが後のラスベガスの発端を作ったといわれる実在の人物を華麗に演じるギャング・アクション。第64回アカデミー賞では美術監督賞、衣装デザイン賞の二部門を獲得している。30年代NY。暗黒街にその名を轟かせていた殺し屋バグジー。縄張り拡張の為、ハリウッドに乗り込んだ彼は、そこで駆け出しの女優ヴァージニアと出会い恋に落ちる。やがて、ネヴァダ州の小さな町ラスベガスを訪れたバグジーは、この地にカジノ付きの大ホテルを建設する事を決意する。
チャイナタウン」:アメリカ西海岸最大の近代都市としての様相をととのえつつあった1930年代のロサンゼルスを舞台に、政治的陰謀に巻き込まれた私立探偵の活躍を描く。製作はロバート・エヴァンス、監督は「マクベス(1971)」のロマン・ポランスキー、脚本は74'年度のアカデミー脚本賞に輝くロバート・タウン、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、ペリー・ロペス、ベリンダ・パーマーなど
華麗なる対決」:五人姉妹の列車強盗団が、とある牧場の契約書を手に入れた。一方、四人の弟達を持つ女が、その牧場のそばにある油田の地図を手に入れる。彼らは牧場をめぐって、激しく争うが…。19世紀末のニューメキシコを舞台に展開する、ヨーロッパ製ウェスタン・コメディ
フレンチ・コネクション」:米国史上最大級、麻薬密輸組織の逮捕劇!実話を基に、衝撃のドキュメンタリー・タッチと名カーチェイス、迫真のアクションで描く刑事ドラマの最高峰!

<「俺たちに明日はない」と言えば>
★ボニーとクライド(Bonnie and Clyde)
 1930年代前半にアメリカ中西部で、銀行強盗や殺人を繰り返した、ボニー・パーカー(Bonnie Parker 1910年10月1日 - 1934年5月23日)とクライド・バロウ(Clyde Barrow 1909年3月24日 - 1934年5月23日)の有名な犯罪者カップル。
 ルイジアナ州アーケディアで警官隊によって射殺されるまで、沢山の殺人に関与し、数え切れないほど多くの強盗を犯した。
 当時のアメリカは禁酒法と世界恐慌の下にあり、その憂さを晴らすように犯罪を繰り返す彼らの事を凶悪な犯罪者であるにも関わらず、新聞も含めて英雄視する者も多かった。
 後にボニーとクライドの犯罪は映画化されるが、事実をそのまま伝えるというよりも、その波乱に満ちた人生とふたりの恋にスポットが当てられており、どちらかというと美化されたものが多い。

★ボニー・パーカー
 ボニー・パーカーはテキサス州ローウェナ出身。
 両親と兄妹の5人家族だったが、1914年に父親が死去したため、祖母の家があるダラス近郊セメントシティーに引っ越す。
 セメントシティーは治安が悪く、子供をまともに育てるのに適した環境では無かった。
 当時のボニーの学校の成績は良かったが、逆上すると手がつけられなくなるという二面性を持っていた。
 そして、高校の同級生だったレイ・ソーントンと16歳で結婚し、18歳の頃からカフェでウエイトレスとして働き始める。
 翌年に、レイが銀行強盗の容疑で刑務所に入れられたために離婚を考えるが、結局籍はそのままに、法的にはボニーとレイとの婚姻は生涯継続されている。
 1930年に彼女はクライドに出会い、彼に「危険な香り」を感じてひとめぼれし、以後行動を共にすることになる。

★クライド・バロウ
 テキサス州ダラス近郊のテリコ出身。
 貧しい農家に、8人兄弟の6番目の子として生まれる。
 忙しかった両親に代わって、姉が面倒を見ていたが、親戚に預けられることもあった。
 クライドは、子供の頃から動物虐待を行うなど粗暴なことで有名で、17歳の頃に兄も所属していたギャングに入っている。
 クライドの初めての犯罪は、クリスマス前に行った七面鳥泥棒だった。
 そして、1926年に自動車窃盗で逮捕されている。
 しかし、家族からは警察へ厄介になった事を非難されることも無く、むしろ擁護する態度をとられている。
 そのため、クライドは友人の家でボニーに出会うまでの4年間に、ダラス近辺で強盗を続けていた。

★ボニーとクライドの最期
 ボニーとクライドたちの犯行を警察は黙って見過ごすはずもなく、常に逃げ回る日々が続くようになっていた。
 ボニーは逃走中の自動車事故でやけどを負い、警察との銃撃戦でクライドと兄のバックは重傷を負った。
 バックの妻ブランシェは警察に捕まり、バックは傷が元で逃亡中に死亡。
 バロウ・ギャングのメンバーも逮捕者が相次いでいった。
 仲間を次々失いながら逃げ続けていたボニーとクライドだったが、1934年5月23日、ルイジアナ州アーケディアで、行方の情報を掴んで待ち伏せしていた警官隊によって、150発を越える銃撃を受けた。
 そのうち、ボニーとクライドは車を貫通してきた84発の銃弾を浴びて射殺された。(銃弾の数については諸説ある)
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▲「俺たちに明日はない」の中で
 ボニーとクライドの二人が逃避行に使い、警察の車では追いつけなかったというどこのメーカーの車?(正解は次回)

▼前回「大空のサムライ」の中で
 坂井三郎一飛曹の所属する台南航空ゼロ戦隊が新たに移った空の激戦地とは?

 正解
  ラバウル

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.109「大空のサムライ」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【今の日本では】もう映画や本などの資料の中でしか戦争を理解できないのかもしれません。(篠田)

 ☆☆篠田さん、お便りありがとうございました。
   映画も歴史の記録の一つなのでしょうね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【御影さんのオススメ「鬼婆」】
 音羽信子さんの演技が好きです。
 その存在感というか、重厚な感じというか・・・。
 特にこの映画では迫力がありました。(御影)

 ☆☆御影さん、お便りありがとうございました。
   音羽信子はどの映画でもリアリズムあふれる演技をしていますね。
   音羽信子の出演作品で他にお気に入りがございましたらまたのお便りして下さい。(映画で元気)

<データ>
鬼婆
 製作:1964年 東宝
 監督:新藤兼人 シンドウカネト
 出演:乙羽信子 オトワノブコ  (中年女)
    吉村実子 ヨシムラジツコ  (若い女)
    佐藤慶 サトウケイ  (八)
    殿山泰司 トノヤマタイジ  (牛)
    宇野重吉 ウノジュウキチ  (鬼面の武将)

解説:(1963)」の新藤兼人がシナリオを執筆、監督した民話もの。撮影もコンビの黒田清巳
   時は南北朝、戦乱にふみにじられた民衆は飢え、都は荒廃し民は流亡した。
   芒ケ源に鬼女が住むと噂されたのもその頃である。芒ケ原に二人の女が棲んでいた。
   中年の女と、その息子の嫁は、芒ケ原に流れてくる落武者を殺し、武具類を奪っては武器商人の牛に売って生活を支えていた・・・

」:日本映画界の巨匠・新藤兼人監督の傑作。原爆の被害を受け荒廃した広島を舞台に、新たな生命を産むことの意味を追求した感動作

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

【映画用語6 映画ビジネス2】

 映画ビジネスに関連してよく使われる言葉の解説の2回目である。

<タイアップ>(Tie-In)  映画興行に役立てるために、特定企業(例えば出版社、ファーストフード店など)と提携して映画の宣伝材料、ロゴ、スティルなどを提供し、売上の一部を得る。

<プロダクトプレイスメント>(Product Placement)  画面に商品や会社のロゴをさりげなく写して、宣伝効果を上げる方法。 82年の「E.T.でE.T.がリースのキャンディを食べるシーンを入れたおかげ売上が65%も増加したという。 以後煩雑に使われるようになり、映画製作者は見返りに金銭を得て、製作費の軽減に役立てている。

<プロダクション・コード>(Production Code)  1992年に設立されたアメリカ映画製作者配給者協会(MPPDA のちにMPAAと改称)が30年に映画の内容、描写方法を細かに規定したもので、改定を繰り返した。 50年代に、憲法修正第一条で保護されるという最高裁の判定から強制できなくなり、66年に現実に即した自主規制をめざしてレイティング・システムに移行した。

<アラン・スミシー>(Alan Smithee)  DGAの会員である監督が、作品が自分の意に沿わず、映画に自分の名前をクレジットをしたくない時に使った別名。 1968年の西部劇「ガンファイターの最後で初めて使われた。 最初は、アル・スミスと名前が考案されたが、会員に同名の監督がいたため、アラン・スミシーが採用された。 以後、アレン・スミシ(Allen Smithee)とともに多くの監督が使い、日米合作「クライシス2050」(94)でも、リチャード・C・サラファインが用いているが、97年のアーサー・ヒラー監督の「アラン・スミシー・フィルム」(ビデオ発売)以後は、スミシーの使用は取りやめになり、個々に別名をつけることになった。

参考:映画検定公式テキストブック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

NO.109「お」のつく元気になった邦画2

大空のサムライ (オオゾラノサムライ)

<元気コメント>
 生きるために、生き残るために、信念をもって最善をつくそうとする姿勢には、頭が下がります。

<あらすじ>
 坂井三郎一飛曹の所属する台南航空ゼロ戦隊は、太平洋戦争開戦から四カ月後、南太平洋のラバウルへ進出した。
 坂井はすぐれた視力で、常に敵より先に相手を発見し、ゼロ戦得意の格闘戦に巻き込み確実に敵機を撃堕した。
 着任したばかりの笹井中尉が第三中隊長として初出撃し、危くスピットファイヤーに撃堕されるところを坂井に救われた。
 以来、笹井は坂井から実戦の厳しさと空戦の技を教えられ、名指揮官となっていくが…

<データ>
大空のサムライ

 製作:1976年 日本 東宝 
 監督:丸山誠治 マルヤマセイジ
 原作:坂井三郎 サカイサブロウ 「大空のサムライ
 出演:藤岡弘、 フジオカヒロシ  (坂井三郎)
    志垣太郎 シガキタロウ  (笹井中尉)
    伊藤敏孝 イトウトシタカ  (本田二飛曹)
    島田順司 シマダジュンジ  (半田飛曹長)
    島村美樹 シマムラミキ  (野村一飛曹)

解説:第二次大戦中、大空に自らの意地を燃やし、戦うために生きぬいた撃墜王を描いた戦争映画。
   原作は坂井三郎の同名の自伝。
   脚本は須崎勝弥、監督は「太平洋奇跡の作戦 キスカの丸山誠治、撮影は「東京湾炎上の西垣六郎がそれぞれ担当。

太平洋奇跡の作戦キスカ」:大平洋戦争末期、連合軍に封鎖されたキスカ島には、数百の将兵が残されていた。司令部は救出艦隊を組織、大村少将を指揮官として派遣するが…。

東京湾炎上」:原油タンカーがゲリラの手によってシージャックされた。彼らは原油の詰ったタンクの中に爆弾を設置、鹿児島のコンビナート爆破を要求する。資源の先進国占有を打破するために、見せしめとして日本を選んだのだ。タンカーが爆発すれば、関東一円は火の海に包まれてしまう。政府が下した決断はゲリラを欺くためにコンビナート爆発を特殊撮影でTV中継するというものだった…。

<「大空のサムライ」と言えば>
★坂井三郎
 (さかい さぶろう、大正5年(1916年)8月26日 - 平成12年(2000年)9月22日)
 大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員(パイロット)。
 佐賀県佐賀郡西与賀村(現在の佐賀市)出身。
 太平洋戦争終戦時は海軍少尉、最終階級は海軍中尉。
 戦後に海軍時代の経験を綴った著書「大空のサムライ」が世界的ベストセラーとなったため、太平洋戦争時における日本のエース・パイロットとしては最も著名。
 最終撃墜数は64機とする説が最も一般的だが異説も存在する。

★坂井は少年の頃から航空機の搭乗員になることを夢見ていた
 坂井は少年の頃から航空機の搭乗員になることを夢見ていたとされる(自身の回想による)。
 海軍の搭乗員養成コースを受験するには学歴(青山学院中等部-後の高等部-を中退)が足りなかったため、一時は搭乗員になることを諦めかけるが、海軍入隊後に搭乗員に志願できることを知ると、周囲の反対を押し切って、昭和8年(1933年)佐世保海兵団へ入団した。
 海兵団卒業後は、戦艦霧島や榛名に配属され、当時の海軍において花形とされた主砲の二番砲手にまで上り詰めるが、海軍入隊の目標であった搭乗員となるため、第三八期操縦練習生を受験して合格、しかも首席で卒業し、戦闘機搭乗員としての道を歩み始める。
 坂井の回想には、榛名乗り組み時代に搭乗員へ志願したいと上官に相談したところ、二番砲手の勤務を外され、艦底で装薬や砲弾を扱う弾庫員に回されたという逸話がある。

★アメリカ大統領となるジョンソンが同乗していたB-26爆撃機を撃墜しかける
 昭和13年、坂井は大陸戦線の実戦部隊に配属され、最初は九六式艦上戦闘機、後に零式艦上戦闘機に搭乗して中華民国軍と戦った。
 大陸で実戦経験を積んで中堅搭乗員に成長した坂井は、昭和16年10月に台湾島の台南基地に新設された台南航空隊(以下、台南空と略)に配属された。ここで坂井は、下士官兵搭乗員をまとめ、士官搭乗員を補助する先任搭乗員に任命され、本田敏秋二飛曹を始めとする下士官兵のみならず上官である笹井醇一中尉(当時)らの教育まで任され、階級の垣根を越えて厳しく鍛えたとされる。
 昭和16年12月8日の開戦時はフィリピンに駐留するアメリカ陸軍航空隊と戦い、戦線の南下に伴ってインドネシア方面を転戦、この方面の制圧後はラバウル、ラエに移動、ニューギニアやソロモンに展開する連合軍(米豪軍)と激戦を繰り広げた。
 後にアメリカ大統領となるリンドン・B・ジョンソン(当時下院議員)が同乗していたB-26爆撃機を撃墜しかけるという逸話を残している。

★ソロモン、ラエでの活躍
 坂井はソロモン航空戦でもっとも多く撃墜していて34機撃墜をしている。
 ラエ時代には、坂井と並ぶ台南空の撃墜王であった西沢広義、太田敏夫と共に無断で敵地上空にて三回連続編隊宙返りをしたりしたことが、後に露見して司令から厳重な注意を受けたとする逸話が残っている。

★負傷、そして復帰
 昭和17年(1942年)8月7日、上陸したアメリカ軍を攻撃するために出撃したガダルカナル島の上空において、坂井はSBDドーントレスの編隊を「油断して直線飛行している」F4Fワイルドキャットの編隊と誤認して不用意に至近距離まで接近してしまったため、坂井機は回避もままならないままSBDの7.62mm後部旋回連装機銃の集中砲火を浴びてしまう。
 その内の一弾が坂井の頭部に命中、弾丸が飛行眼鏡の枠に命中して僅かに弾道が変わったために致命傷は免れたが、被弾した頭部右側から多量に出血(そのためか左腕が麻痺状態にあった)し、割れたガラスを目に浴びたために計器すら満足に見えないという重傷を負った。
 坂井は被弾時のショックのため失神したが、海面に向けて急降下していた機体を半分無意識の状態で水平飛行に回復させている。
 一時は負傷の状態から帰還は無理と考えたがやれるだけやろうと考え直し、出血多量による意識喪失を繰り返しながらも、約4時間に渡り操縦を続けてラバウルまでたどり着き、奇跡的な生還を果たした。
 長時間に及ぶ麻酔無しの手術で失明は免れたものの、この時の負傷で右目の視力をほぼ失ってしまう。
 その後内地に帰還したものの搭乗員を辞めさせられそうになったが、「片目でも若い者よりは使える」と主張して搭乗員として復帰、当初は教官の任に就くが、間も無く海軍航空隊の総本山である横須賀航空隊に配属された。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>
▼「大空のサムライ」の中で
 坂井三郎一飛曹の所属する台南航空ゼロ戦隊が新たに移った空の激戦地とは?

▲前回「駅馬車」の中で
  ジョン・ウェイン扮するリンゴウ・キッドが駅馬車の終点ローズバーグで敵対する相手の名前は?

 正解
 ブラマー3兄弟

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.107「駅馬車」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【もう何度も見ています】
 特にラスト付近でインディアンに駅馬車が追い詰められた時、騎兵隊の突撃ラッパが聞こえてくるシーンが最高です。
 それにブラマー兄弟を倒した後、リンゴとダラスが二人して馬車で送り出されるシーンも好きです。(騎兵隊)

 ☆☆騎兵隊さん、お便りありがとうございました。
   騎兵隊の突撃シーンは騎兵隊・インディアンものでよく出てくるシーンですね。
   私も、リンゴとダラスが二人して馬車で送り出されるシーンは好きです。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【桑名さんのオススメ「エイリアン」】
 とにかくこの映画は衝撃的でした。
 「エ」では一押しです。
 早くエイリアンに会いたい。(桑名)

 ☆☆桑名さん、お便りありがとうございました。
   あの「エイリアン」だと出会いは考えてしまいますね。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
エイリアン(Alien)
 製作:1973年 アメリカ 20世紀フォックス映画配給
 監督: Ridley Scott リドリー・スコット
 出演:Tom Skerritt トム・スケリット  (Dallas)
    Sigourney Weaver シガニー・ウィーヴァー  (Ripley)
    Veronica Cartwright ヴェロニカ・カートライト  (Lambert)
    Harry Dean Stanton ハリー・ディーン・スタントン  (Brett)
    John Hurt ジョン・ハート  (Kane)

解説:地球へ帰る途中で未知の惑星からの救援信号を受け取った宇宙貨物船ノストロモ号は航宙士ケインを救助する。
  しかし、ケインには異星生物の幼体が産み付けられていた。
  ケインの体を突き破ったエイリアンはさらに成長しながら乗組員を次々と血祭りにあげていく…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

NO.108「え」のつく元気になった洋画2

駅馬車」(エキバシャ)

<元気コメント>
 例え無法と言えども、為すべきことは為すという信念がある時、少しも罪が感じられない。

<あらすじ>
 1885年頃、アリゾナのトントから今のニューメキシコのローズバーグまでの路は、荒野を駅馬車で横切って、たっぷり2日を要した。
 大男のくせに臆病な馭者バックのあやつる馬車が、今その旅程へ出発しようとしている。
 ルシイ・マロリーは軍隊にいる夫の許へ行くため、身重の体でヴァージニアから来た若い妻である。
 ウィスキー行商のピーコックはカンサスにいる妻子の許へ帰る途中だ。
 呑んだくれの医師ブーンは、宿屋から叩きだされたので瓢然とこの車に乗込む。自ら紳士を以て任じている大賭博師のハットフィールドは、淑女ルシイに心ひかれ、危険な道中を護衛しようと同乗する。
 もう1人の女ダラスは、新開地を流れ歩く酒場女で、今日この町の矯風会のお婆さんたちから追立てられ、やむなくこの車に乗った。
 この一行を護衛するのは警察部長カーリーで、彼は脱獄囚リンゴウ・キッドを捕える目的をも持っている・・・

<データ>
駅馬車(Stagecoach)
 製作:1939年 アメリカ ユナイテッド支社配給
 監督:John Ford ジョン・フォード
 原作:Ernest Haycox アーネスト・ヘイコックス
 出演:Claire Trevor クレア・トレヴァー  (Dallas)
    John Wayne ジョン・ウェイン  (Ringo Kid)
    Andy Devine アンディ・デヴァイン  (Buck)
    John Carradine ジョン・キャラダイン  (Harfield)
    Thomas Mitchell トーマス・ミッチェル  (Doc Boone)

解説:「台風」「男の敵」「肉弾鬼中隊(1934)」のジョン・フォードがウォルター・ウェンジャー・プロで監督した映画で、雑誌コリアース掲載のアーネスト・ヘイコックスス作「ローズバーグへの駅馬車」に基づき、右記3映画と同じくダドリー・ニコルズが脚本を執筆した。
   出演者は「デッド・エンド」「15処女街」のクレア・トレヴァー、「ビッグ・トレイル(1930)」以降西部劇専門のジョン・ウェインを始め、「翼の人々」のアンディ・デヴァイン、「サブマリン爆撃隊」「台風」のジョン・キャラダイン、「コンドル(1939)」「台風」のトーマス・ミッチェル、「北海の子」のルイズ・プラット、「サブマリン爆撃隊」のジョージ・バンクロフト、「わが家の楽園」のドナルド・ミーク、「牧童と貴婦人」のバートン・チャーチル、「ステラ・ダラス(1937)」のティム・ホルト、「硝煙牧場」のトム・タイラその他である。
   撮影は「台風」「虎鮫島脱獄」のバート・グレノンが主宰している。

肉弾鬼中隊」:「駅馬」「黄色いリボン」等米国を代表する監督が初めて戦争を題材にした映画だが、単なる活劇映画ではなく、極限状態に追い込まれた人間の心理描写に力点を置いており、アクションシーンを売り物にした戦争映画とは、趣の全く違った作品になっている
ビッグ・トレイル」:西部劇の名優、ジョン・ウェインが初主演を果たしたウエスタン。ミシシッピーからオレゴンへと西部開拓の夢を抱き進む大幌馬車隊。インディアン襲撃、大河の激流、暴風など幾多の困難に遭いながらも、果敢に立ち向かっていく彼らの姿を感動的に描く
コンドル」:リタ・ヘイワース、ケーリー・グラントらハリウッド・スターが共演!

<「駅馬車」と言えば>
★『駅馬車』(Stagecoach)は、1939年のアメリカ映画

 アメリカの西部劇映画として歴史に残る作品である。
 原作はアーネスト・ヘイコックスの短編小説『ローズバーグ行き駅馬車』(ハヤカワ文庫「駅馬車」/井上一夫訳)。
 それをジョン・フォード監督が、ジョン・ウェインを主役に据えて、スクリーンの中に観客を魅了するために何が必要かということを考えて、そのほぼすべてを盛り込んだ、典型的なウェスタン。

★西部劇のバイブル
 西部劇のバイブルと言われる、アメリカ映画史に燦然と今も輝く金字塔。
 ジャンルとしては西部劇だが実際には駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様を描きつつ、終盤にはアパッチ襲撃と決闘という二つのクライマックスが待ち構えるという風に、99分という短い時間の中に映画の全てが込められている。

★映画評論家淀川長治が
 映画評論家淀川長治が、東宝映画の宣伝部勤務になって最初に担当した作品でもある。
 アルコール依存症気味の医者を演じたトーマス・ミッチェルが「風と共に去りぬ」が多くの主要部門で受賞した1939年のアカデミー賞で、助演男優賞を獲得した(ミッチェルはその「風と共に去りぬ」ではスカーレット・オハラの父の役を演じていた)。
 なお、原住民(インディアン)に対する差別的な描写から、近年ではアメリカ国内での上映・放送は難しくなっている。
「風と共に去りぬ」も(黒人への)差別的な描写ゆえに公共の場所での上映・放送は禁止されている。

★ 駅馬車定跡
 この映画のイメージからとって、駅馬車定跡と呼ばれる将棋の定跡がある。
 1948年に、塚田正夫名人(当時)と升田幸三八段(当時)の五番勝負・第4局で指されたのが最初とされる。
  その定跡は、相掛かり相腰掛け銀から、先手が▲2六飛と手待ちをしたのをとがめ、角交換から一直線の攻め合いになるものである。
 駒が次々中央に集まってくる様子が、当時人気があった「駅馬車」のラストシーンを思い出させるということで、この名前がついた。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

★ジョン・ウェイン
 NO.15「き」のつく元気洋画「黄色いリボン」参照

<映画クイズ>
▲「駅馬車」の中で
  ジョン・ウェイン扮するリンゴウ・キッドが駅馬車の終点ローズバーグで敵対する相手の名前は?

▼前回「江分利満氏の優雅な生活」の中で
 小説では、主人公は電機メーカーの宣伝部長
 映画での、主人公は?

 正解
  洋酒メーカーの宣伝部員

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.107「江分利満氏の優雅な生活」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【「血族」などで名前は知っていましたが】
 私は農業を営んでいるので体験がありませんが、サラリーマンも結構大変ですね。
 ユーモアあふれる作品で面白かったです。(おらんだ)

 ☆☆おらんださん、お便りありがとうございました。
   きっと農業にも「優雅な生活」がおありなのでしょうね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【花よりもさんのオススメ「駅ステーション」】
 はじめまして。元々健さんの映画は大好きなのですが、私は特にこの映画に元気を頂いたように思います。
(花よりも)

 ☆☆花よりもさん、お便りありがとうございました。
   高倉健の映画で他にオススメがございましたらまたお寄せ下さい。
   お便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
駅ステーション
 製作:1981年 日本 東宝
 監督:降旗康男 フルハタヤスオ
 出演:高倉健 タカクラケン  (三上英次)
    いしだあゆみ   (三上直子)
    岩淵建 ウシオテツヤ  (三上義高)
    名古屋章 ナゴヤアキラ  (高田)
    大滝秀治 オオタキヒデジ  (相場)

解説:オリンピックの射撃選手であり、警察官でもある一人の男と、事件を通して彼の心を通り過ぎていく女たちを描く。
   脚本は「冬の華の倉本聰、監督は「仕掛人梅安の降旗康男、撮影は「復活の日の木村大作がそれぞれ担当

冬の華」:殺した相手の娘を気にかけ、伯父と偽り文通を続ける一方、堅気になれずヤクザの世界で破滅していく男の姿を描いたドラマ。仁侠映画独特の派手なアクションはなく、重厚な文芸調作品に仕上がっている。
仕掛人梅安」:昼は貧乏な患者たちが集い、一心にその治療を行う善良な鍼医者である藤枝梅安にはもう一つの顔があった。その顔とは、悪党どもを闇から闇へ葬り去る夜の顔であった。闇の世界では、この男の名を「仕掛人梅安」と呼ぶ。時代小説の第一人者・池波正太郎の好評シリーズを完全映画化。金を貰い、悪を消す。悪を上回る極悪の男の凄みに、時代劇の仕掛人・萬屋錦之介が挑む
復活の日」:1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウイルス・MM-88が盗まれた。ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭ってしまい、ウイルスが地上に蔓延。人類は、南極にわずかに残るだけとなった。その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。アメリカ東部に大地震がおきる可能性があり、それは核ミサイルの発射を誘発するものだったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

【もうすぐヴェネツィア国際映画祭】

 世界3大映画祭のひとつ、第64回ベネチア国際映画祭(8月29日~9月8日)の上映作品が26日、ローマで発表された。
 日本からはメーンコンペティション部門に三池崇史監督のスキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の出品が決まった。
 「ジャンゴ」は、平家の血筋のギャングと源氏のギャングが埋蔵金を目当てに争う村を舞台に、流れ者のガンマンが活躍する和製西部劇。日本と海外の文化をごった煮にした活劇で、セリフはすべて英語。
 コンペ部門には22作品が出品される。オープニング上映作品はジョー・ライト監督の「贖罪(しょくざい)」(米英合作)。今年の審査委員長は中国の張芸謀監督が務める。
asahicomより )

★ヴェネツィア国際映画祭 (Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica) は、イタリアのヴェネツィアで、毎年8月下旬から9月初旬に開催される国際映画祭。最高賞は金獅子賞 (Leone d'Oro)。日本語では、ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭などと表されることもある。カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の1つにも数えられる。

<1932年にスタート>
 最も歴史の古い国際美術展であるヴェネツィア・ビエンナーレの第18回(1932年)の際、映画部門として開始された。
 国際映画祭としては最初とも言われる。
 初回の最優秀賞は観客の投票で決められた。
 1934年から1942年までは最高賞が「ムッソリーニ賞」であった他、戦争のために1940年から1942年は参加が激減する。
 低迷していた中、1950年代に多くの日本映画を世界に紹介する事となる。
 再度脚光を浴びる事となったのは1979年から1982年にカルロ・リッツァーニがディレクターに就任した期間であった。
 この間に現在のプログラム構成に繋がるプログラミングが行われている。
 ながらくマーケット部門を持たず、商業より芸術の映画祭として続いてきたが、2002年にマーケットが設けられるなど、商業映画の比重は次第に高まっている。
 
<公式な賞>
 金獅子賞 (Leone d'Oro/Golden Lion)
 最高賞(作品賞)。受賞者には金色の獅子のトロフィーが贈られる。
 銀獅子賞 (Leone d'Argento/Silver Lion)
 監督へと与えられる(監督賞)。受賞者には銀色の獅子のトロフィーが贈られる。
 審査員特別賞 (Premio Speciale della Giuria/Special Jury Prize)
 男優賞、女優賞  正式名称はヴォルピ杯(Coppa Volpi/Volpi Cup)であり、受賞者に贈られる杯のことでもある。Volpiは狐の意であるVolpeの複数形。
 マルチェロ・マストロヤンニ賞 (Premio Marcello Mastroianni/Marcello Mastroianni Award)  新人俳優に与えられる(新人賞)。賞の名前はイタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニの名を冠する。
 オゼッラ賞 (Osella)  脚本家へと与えられる脚本賞と技術的な貢献を評して贈られる技術貢献賞の2つがある。
 他に、オリゾンティ部門の上映作品に対する賞や全長編上映作品の中から初監督の作品に与えられる賞、短編部門の賞などがある。

<日本映画での主な受賞>
 第6回 (1938年) 田坂具隆監督の『五人の斥候兵』がイタリア民衆文化大臣賞を受賞
 第7回 (1939年) 田坂具隆監督の『土と兵隊』が日本映画総合賞を受賞
 第12回(1951年) 黒澤明監督の『羅生門』 
が金獅子賞、イタリア批評家賞を受賞
 第13回(1952年) 溝口健二監督の『西鶴一代女
が監督賞を受賞
 第14回(1953年) 溝口健二監督の『雨月物語が銀獅子賞、イタリア批評家賞を受賞
 第15回(1954年) 溝口健二監督の『山椒大夫が銀獅子賞を受賞(3年連続受賞は日本人唯一)、黒澤明監督の『七人の侍も銀獅子賞を受賞
 第17回(1956年) 市川崑監督の『ビルマの竪琴がサン・ジョルジオ賞を受賞
 第19回(1958年) 稲垣浩監督の『無法松の一生
が金獅子賞を受賞
 第22回(1961年) 黒澤明監督の『用心棒で三船敏郎が主演男優賞を受賞
 第23回(1962年) 小林正樹監督の『人間の条件がサン・ジョルジオ賞、イタリア批評家賞を受賞
 第26回(1965年) 黒澤明監督の『赤ひげで三船敏郎の主演男優賞の他、サン・ジョルジオ賞、イタリア産業賞、国際カトリック事務局賞を受賞
 第28回(1967年) 手塚治虫原作の劇場アニメ『ジャングル大帝 がサンマルコ銀獅子賞を受賞
 第46回(1989年) 熊井啓監督の『千利休・本覚坊遺文が監督賞(銀獅子賞)を受賞
 第54回(1997年) 北野武監督の『HANA-BIが金獅子賞を受賞
 第59回(2002年) 塚本晋也監督の『六月の蛇がコントロ・コレンテ部門 審査員特別賞を受賞
 第60回(2003年) 北野武監督が『座頭市で監督賞(銀獅子賞)、観客賞、オープン2003年賞、デジタルアワードを受賞
 また、第54回(1997年)には映画監督の塚本晋也が大島渚以来の審査委員を務めた。
 1982年に黒澤明、2005年には宮崎駿に Leone d'Oro alla carriera が贈られた。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 3日 (金)

NO.107「え」のつく元気になった邦画2

江分利満氏の優雅な生活 (エブリマンシノユウガナセイカツ)

<元気コメント>
 この生活をこわさせやしない。
 サラリーマンだって、一生懸命生きているのです。
 

<あらすじ>
 おもしろくない、何をしてもおもしろくない。
 三十六歳の江分利、年のせいだろうか?バーテンに聞いてみよう、「おもしろいかい?」「ええ、まあ……」おもしろくない、無気力である。
 このおもしろくない日、江分利は酔った勢いで雑誌に原稿を書く約束をしてしまった。
 でも何を書こう。
 夏子は、私達の恋愛を小説にしたらと言うが、そうだ俺みたいな平凡なサラリーマン、才能のない奴だらしのない奴が、一生懸命生きていると言う事、大変な事じゃないか、それを書こう・・・

<データ>
江分利満氏の優雅な生活
 製作:1963年  日本 東宝 
 監督:岡本喜八 オカモトキハチ
 原作:山口瞳 ヤマグチヒトミ 「江分利満氏の優雅な生活 (新潮文庫)
 出演:小林桂樹 コバヤシケイジュ  (江分利満)
    新珠三千代 アラタマミチヨ  (夏子)
    矢内茂   (庄助)
    東野英治郎 トウノエイジロウ  (明治)
    英百合子 ハナブサユリコ  (みよ)

解説:山口瞳の同名小説より、「わんぱく天使」の井手俊郎が脚色、「戦国野郎の岡本喜八が監督したサラリーマンもの。
   撮影は「白と黒」の村井博(goo映画案内より)

戦国野郎」:佐野健と「キングコング対ゴジラ」の関沢新一と「月給泥棒」の監督岡本喜八が共同で脚本を執筆、岡本喜八が監督した時代劇アクション
       時は戦国、武田勢の冷酷無残な仕打ちに愛想をつかした若き忍者越智吉丹は、一国一城の主の夢を抱き、諸国をさまよったが、この吉丹を、武田随一の忍者の雀の三郎左がつけ狙っていた・・・

【山口瞳ライブリンク】

<「江分利満氏の優雅な生活」と言えば>
★原作者 山口 瞳
(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。

(雰囲気が明るく、交友関係も広く、派手な家庭)
 東京市麻布区に生まれ育つ。父親はアイディアマンの実業家。母親は横須賀の遊郭の経営者の娘で(ただし、その事実は、終生子供たちには隠していた)、美人で社交的で粋な女性。
 非常に雰囲気が明るく、交友関係も広く、派手な家庭であった。(三味線家元の杵屋勝東治、その息子である、わかき、後の若山富三郎、勝新太郎も出入りしていた。)
 ただし、父親の事業が一時失敗し、落剥して川崎の尻手付近に「都落ち」したこともあり、山口瞳の中ではその赤貧時代が原風景としていつまでも残り、派手好きでありながら、一方で非常に謹直であるという複雑な性格の元となった。
 (家族の間では「冷血動物」とあだ名されたという)
 小学校時代は、野球に熱中し、同級生に元東急フライヤーズ投手の黒尾重明がいた。
 
(鎌倉アカデミア時代)
 旧制麻布中学を経て旧制第一早稲田高等学院を中退。兵役の後、1946年に鎌倉アカデミアに入学し、在学中から同人誌に作品を発表。
 なお、鎌倉アカデミア時代には、歌人・吉野秀雄に師事し、またのちに妻となる女性と知り合っている。

 (「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」)
 国土社という小出版社に入社して編集者となる。
 だが、正式の大学を出ていないことに対するコンプレックスを指摘されたことと、また、師事していた高橋義孝から「正式な大学を出れば、もっと大きな出版社に紹介してあげる」と言われたことから、國學院大學文学部に入り直し、1954年に卒業。
 河出書房勤務などを経て、1958年、壽屋(現・サントリー)に入社。
 PR雑誌「洋酒天国」の編集や、コピーライターとして活躍する。
 ハワイ旅行が当たる懸賞のコピー「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」が代表作。

(延べ1614回『男性自身』シリーズ) 
 「婦人画報」に連載した『江分利満氏の優雅な生活 (新潮文庫)』で、1963年に第48回直木賞を受賞、同作品は映画化もされた。
 受賞後しばらくは二足の草鞋を履いたが、週刊新潮の伝説的編集者斉藤十一から週刊コラムの連載依頼を受けたことから、文筆業に専念するためにサントリーを退社。
 代表作は、「週刊新潮」に1963年から31年間、延べ1614回、死去まで一度もアナを開けることなく連載を続けたコラム・日記の『男性自身』シリーズ、自らの両親の生い立ちを題材とした『血族』(第27回菊池寛賞受賞)、『家族』など。競馬や将棋、野球に造詣が深く、全国の地方競馬場を巡る『草競馬流浪記』、プロ棋士と駒落ちで対戦した記録『山口瞳血涙十番勝負』、プロ野球から草野球まで、野球に関するエッセイをまとめた『草野球必勝法』などの著書もある。

(段位は四段)
 特に将棋には熱心であり、原田泰夫の弟子である山口英夫を自宅に呼んでもらい稽古をつけてもらっていた。
 段位は四段であった(のち昇段したという説もある)。
 対局で出会ったプロ棋士山田道美と飛車落ちの新定跡「瞳流位取り戦法」を研究・創案し、これを用いて血涙十番勝負では駒落ちながら当時のトッププロであった米長邦雄、原田泰夫に勝利し、山田道美と引き分けた。
 また「子供の頃からの夢」であった、「名人戦・第一局の観戦記執筆」もかなえた。
 だが、山口英夫との間にトラブルがおきたこともあり、晩年は将棋界との交流を絶っていた。

(谷保天満宮がお気に入りの)
 サラリーマン向けの礼儀作法についての作品も多く、サントリーの新聞広告での新成人や新社会人へのメッセージは、毎年成人の日と4月1日の恒例となっていた。
 かねがね「山手線の外側には住まない」と発言していたが、サントリー退社当時、息子の山口正介が東京郊外の国立市の中学校に通っていたことから、国立に居を移し、この地が大変気に入って終生ここで過ごした。
 『男性自身』でも度々地元のことに触れていて、なかでも谷保天満宮(やぼてんまんぐう)はお気に入りの場所だった。
 (なお、谷保天満宮では、伊丹十三と宮本信子の結婚式が行われ、山口夫妻はその立会人を勤めた。)

(『居酒屋兆治』)
 気さくな人柄で谷保駅前の焼き鳥屋に夜毎顔を出し、地元の人々との交流を大切にしていた。
 『居酒屋兆治』はそんな経緯から生まれた作品。
 筋金入りの反戦主義者であり、「人を傷つけたり殺したりすることが厭で、そのために亡びてしまった国家があったということで充分ではないか」「もし、こういう(非武装の)国を攻め滅ぼそうとする国が存在するならば、そういう世界は生きるに価しないと考える」など、強固な信念に基づく見解を『男性自身』などで述べている。
 息子の山口正介も作家で映画評論家。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<映画クイズ>

 ▲前回クイズ「浮き雲 」の中で
  イロナが勤めていた名門レストランの名前は?

 解答
  ドゥブロヴニク

 ▼「江分利満氏の優雅な生活」の中で
  小説では、主人公は電機メーカーの宣伝部長
  映画での、主人公は?

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.106「浮き雲」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【見ましたよ!】
 先日お返事を頂いたソルトです。気になって取り寄せてみました。
 最初は暗い感じでしたが、次第にパワーアップしてくる感じで、すっかりこの監督の作風に魅了されました。(高知 ソルト)

 ☆☆ソルトさん、度々のお便りありがとうございました。
   アキ・カウリスマキ監督の別の作品をご覧になりましたら、また感想をお寄せ下さい。
   お待ちしております。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【サブリナさんのオススメ「麗しのサブリナ」】
 ちょっと平凡かもしれないけれど私はこれが好き。
 特に流れる「ロマンティックじゃない」は大好き。(サブリナ)

 ☆☆サブリナさん、お便りありがとうございました。
   ”平凡”歓迎です。
   音楽もまた、雰囲気が伝わるいい曲でしたね。  
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

<データ>
麗しのサブリナ(Sabrina)
 製作:1954年 アメリカ パラマウント映画会社配給
 監督:Billy Wilder ビリー・ワイルダー
 原作:Sam Taylor サム・テイラー
 出演:Humphrey Bogart ハンフリー・ボガート  (Linus Larrabee)
    Audrey Hepburn オードリー・ヘップバーン  (Sabrina Fairchild)
    William Holden ウィリアム・ホールデン  (David Larrabee)
    Walter Hampden ウォルター・ハムデン  (Olive Larrabee)
    John Williams(1) ジョン・ウィリアムス  (Thomas Fairchild)

解説:永遠の妖精オードリー・ヘップバーン主演、サブリナ・パンツという流行まで生み出したシンデレラ物語。
   富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナが、一家の次男デビッドに失恋しパリに旅立つ。
   2年後、美しく変身した彼女にデビッド始め誰もが心を奪われ…(goo映画案内より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »