« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

第79回アカデミー賞受賞結果発表!

 アメリカでは2/25(日)(日本時間2/26(月))以下の通り受賞結果発表
行われた。
 『ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)』は、作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞を受賞した。
 残念ながら今回日本勢の受賞はなかった。

<主要部門受賞結果一覧> 

作品賞:ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)
監督:マーティン・スコセッシ
作品紹介:香港映画の金字塔『インファナル・アフェア』を巨匠マーティン・スコセッシがリメイク。
     出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンと、ハリウッドを代表する演技派俳優。
     緊迫感溢れる心理描写を見事に描き出したサスペンスドラマ。

主演男優賞:フォレスト・ウィテカー
出演作品『ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド (出演 フォレスト・ウィッテカー)
作品紹介:ガイルズ・フォーデンの処女小説の映画化。
     元ウガンダ大統領アミンを始め、実在の人物、実際に起こった事件などを描く、史実に基づくドラマである。
     主演のフォレスト・ウィテカーの演技が高い評価を受け、各映画賞で賞を総ナメにしていることも話題に。

主演女優賞:ヘレン・ミレン
主演作品:『クイーン』
作品紹介:ダイアナ元皇太子妃が逝去。
     その時の英国王室の裏側を描く。
     エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが素晴らしい名演技を披露したことで観客から賞賛を集め、第63回ヴェネチア国際映画祭では、上映終了後15分もスタンディング・オベーションを受けたという話題作。

助演男優賞:アラン・アーキン
出演作品:『リトル・ミス・サンシャイン
作品紹介:口が悪く喧嘩が絶えないファービー一家が、末娘オリーヴの美少女コンテスト出場をきっかけに家族の絆を深めていくロード・ムービー。
     監督は長編初となるデイトン&ファリス夫婦。不器用な家族の珍道中をコミカルに、そしてちょっぴり感動的に描く。

助演女優賞:ジェニファー・ハドソン
出演作品:『ドリームガールズ (出演 ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ)
作品紹介:大人気ブロードウェイミュージカルをシカゴ』の脚本家、ビル・コンドンが監督が映画化。
     ビヨンセ・ノウルズ、エディー・マーフィ、ジェイミー・フォックスと豪華キャスト、そして期待の新人ジェニファー・ハドソンが素晴らしい歌唱力と演技力を見せつけた話題のミュージカル・エンタテインメント・ムービー。

監督賞:マーティン・スコセッシ
監督作品:『ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)ド』
作品紹介:(作品賞:『ディパーテッド』の作品紹介参照)

<その他の部門受賞結果一覧>   

長編アニメ賞:『ハッピーフィート』 
外国語映画賞:『善き人のためのソナタ』 / ドイツ 
脚本賞:『リトル・ミス・サンシャイン』 
脚色賞:『ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)』 
撮影賞:『パンズ・ラビリンス』 
編集賞:『ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)』 
美術賞:『パンズ・ラビリンス』 
衣装デザイン賞:『マリー・アントワネット』 
メイクアップ賞:『パンズ・ラビリンス』 
作曲賞:『バベル』 
オリジナル歌曲賞: "I Need to Wake Up" / 『不都合な真実』 
音響賞(録音賞):『ドリームガールズ (出演 ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ)』 
音響編集賞:『父親たちの星条旗』 
視覚効果賞:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』 
ドキュメンタリー賞:『不都合な真実』 
ドキュメンタリー短編賞:『The Blood of Yingzhou District』(原題) 
実写短編賞:『West Bank Story』(原題) 
アニメーション短編賞:『The Danish Poet』(原題) 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月23日 (金)

NO.74「や」のつく元気になった洋画「屋根の上のバイオリン弾き」

屋根の上のバイオリン弾きicon (ヤネノウエノバイオリンヒキ)

<元気コメント>
 貧しくともそれまでの生活の支えとなっていた伝統が身内からくずれ、追い討ちをかける言われなき国外追放。
 平穏に生きること、生きられることを改めて実感します。

<あらすじ>
 アナテフカの牛乳屋テビエ(トポル)は貧しくも信仰深く、少々口やかましい妻ゴールデ(ノーマ・クレイン)、愛らしい5人の娘、ツァイテル(ロザリンド・ハリス)、ホーデル(ミシェル・マーシュ)、ハーバ(ニーバ・スモール)、シュプリンシェ(エレイン・エドワーズ)、ビルケ(キャンディス・ボンスタイン)の家族と暖かい家庭を築いていた。
 アナテフカはウクライナ地方の貧しい小村で、市場、肉屋、かじ屋、仕立屋、宿屋などが雑然と立ち並び、屋根の上にはバイオリン弾きが、危なげなバランスを保って楽しい曲を弾いている。
 このバイオリン弾きが象徴するように、村もテビエも激しい現実から伝統を守って必死に生きているのだ(Tradition=伝統の歌)・・・

<データ>
屋根の上のバイオリン弾きiconiconicon(Fiddler on the Roof)
製作:1971年 アメリカ ユナイト配給
監督:Norman Jewison ノーマン・ジュイソン
原作:ショラム・アレイハム「屋根の上のバイオリン弾き
出演:Topol トポル  (Tevye)
   Norma Crane ノーマ・クレイン  (Golde)
   Rosalind Harris ロザリンド・ハリス  (Tzeitel)
   Michele Marsh ミシェル・マーシュ  (Hodel)
   Neva Small ニーバ・スモール  (Chava)

参考:ブロードウェイの公演でロングラン記録を樹立したミュージカルの映画化。
 政情不安の嵐の中でも、娘たちは恋をし、各自が新しい人生に踏み出す。
 家長は貧しくも誇り高く、妻を愛し、娘たちを愛し、家を守る。
 製作・監督は「夜の大捜査線iconiconiconのノーマン・ジュイソン、イーディッシュ文字の巨匠ショラム・アレイハムのベスト・セラー小説をジョセフ・スタインが脚色、撮影は「オリバー!iconiconiconのオズワルド・モリス、美術はマイケル・ストリンジャー、音楽監督はジョン・ウィリアムズ、作曲はジェリー・ボック、作詞はシェルドン・ハーニック、管弦楽編曲はアレグザンダーコウレージ、音楽編集はリチャード・カラス、バイオリン演奏はアイザック・スターン、振付は「ウエスト・サイド物語iconiconiconでアカデミー賞監督賞、振付により同賞の特別賞を受賞したジェローム・ロビンス、ロバート・ローレンスがそれぞれ担当。
   出演は、イスラエルの舞台とロンドン王立劇場でテビエ役を演じたトポル、「続・夜の大捜査線」のノーマ・クレイン、モリー・ピコン、レナード・フレイ、ロザリンド・ハリス、マイケル・グレイザー、ミシェル・マーシュ、ニーバ・スモール、レイモンド・ラヴロックなど
    1971年 第29回 ゴールデン・グローブ賞作品賞<コメディ/ミュージカル部門>
    1971年 第29回 ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<コメディ/ミュージカル部門>

夜の大捜査線icon」:1967年 第40回 アカデミー賞作品賞 1967年 第40回 アカデミー賞主演男優賞ロッド・スタイガー 腕利きの黒人警部バージル・ティッブスが活躍するヒットシリーズ第1弾。『ジャッカル』に出演のロッド・スタイガー扮する刑事が殺人容疑をかけられる。ミシシッピーの強烈な人種差別と闘いながら事件を解決するまでを鋭い人間描写で描いた犯罪映画
オリバー!icon」:1968年 第41回 アカデミー賞作品賞 1968年 第41回 アカデミー賞監督賞キャロル・リード 『オリバー・トゥイスト』のミュージカル劇をキャロル・リードが映画化したミュージカル映画の傑作。19世紀初頭のロンドンの貧民窟を舞台に、救貧院で生まれたオリバーの破天荒な生き方を描く
ウエスト・サイド物語icon」:1961年 第34回 アカデミー賞作品賞 1961年 第34回 アカデミー賞監督賞ロバート・ワイズ,ジェローム・ロビンズ1961年 第34回 アカデミー賞助演男優賞ジョージ・チャキリス 1961年 第34回 アカデミー賞助演女優賞リタ・モレノ 対立するジェット団とシャーク団。それぞれのグループに属していたトニーとマリアは許されざる恋に落ちてしまうのだが…。

<「屋根の上のバイオリン弾きicon」と言えば>
★『屋根の上のバイオリン弾き』(やねのうえのバイオリンひき Fiddler on the Roof)1964年のアメリカのミュージカル
 ショーレム・アレイヘムの短篇『牛乳屋テヴィエ』を原作としている。
 テヴィエ(Tevye)とその家族をはじめとして、帝政ロシア領となったシュテットルに暮らすユダヤ教徒の生活を描いたものである。
 この作品には19世紀末のシュテットルの様子が良く描かれているという。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

★オリジナル ブロードウェイ プロダクション
 1964年9月22日初演、7年9ヵ月のロングラン公演
 脚本: ジョゼフ・スタイン (Joseph Stein)
 作詞: シェルダン・ハーニック (Sheldon Harnick)
 作曲: ジェリー・ボック (Jerry Bock)
 製作: ハロルド・プリンス (Harold Prince)
 演出・振付: ジェローム・ロビンス(Jerome Robbins)
 1967年からは日本でもミュージカルとして上演され、テヴィエ役は1986年まで森繁久彌がつとめた。
 その後、テヴィエ役は西田敏行、市村正親に移って、上演を継続中。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
 市村正親主演「屋根の上のバイオリン弾き」初日前会見 

★時代的背景
 1920年代、アメリカには移民法が成立するなどし、移民の流入が阻まれた。
 そのために、ニューヨークにおけるユダヤ教徒の表現活動は、次第に東欧出身の1世から2世へと重心を移すようになっていったといわれる。
 そして、2世以降の若者は、ショレム・アレイヘムなどを東欧のイディッシュ語で楽しむ能力も余裕も失っていった。
 1960年代に「屋根の上のバイオリン弾き」がブロードウェイ・ミュージカルとして大成功をおさめたのは、英語しか理解しない世代の台頭と、それらの世代の父・祖父の世代の世界へのノスタルジックな回帰、という時代風潮があったといわれる。
 ユダヤ系移民に限らず、1世と2世などの「世代間の断絶」がアメリカの家庭にとって極めて切実な問題となっていた時代に、この作品はユダヤ系アメリカ人にとどまらず、一般に好評を博した。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.73「山びこ学校icon」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【2/19(月)素晴らしい映画です】
 今まで日本のモノクロ作品には少し敬遠しているところがありましたが、素晴らしいです。
 これからもいい作品を紹介して下さい。(愛媛 ミポリン)

 ☆☆愛媛のミポリンさん、お便りありがとうございました。
   ミポリンさんがご覧になったモノクロ作品でオススメがございましたらぜひお寄せ下さい。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【千葉の石川さんのオススメ「野獣死すべしicon」】
 松田優作の悲壮感が漂う生活の中でも自分らしさを追い求めている姿が好きでした。(千葉 石川)

 ☆☆千葉の石川さん、お便りありがとうございました。
   おっしゃる通りですね。
   あの雰囲気は独特でした。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

野獣死すべしiconiconicon
製作:1980年 東映
監督:村川透 ムラカワトオル
原作:大藪春彦 オオヤブハルヒコ
出演:松田優作 マツダユウサク  (伊達邦彦)
   小林麻美 コバヤシアサミ  (華田令子)
   室田日出男 ムロタヒデオ  (柏木秀行)
   根岸季衣 ネギシトシエ  (原雪絵)
   風間杜夫 カザマモリオ  (乃木)

解説:大藪春彦の原作小説の59年の映画化に続き、村川透監督が松田優作を主演に再映画化。
 戦地を渡り歩いた通信社の元カメラマンが、野獣の血をたぎらせながら管理社会に挑む姿を描く。
 伊達邦彦は、翻訳の仕事に身を隠しながら、銀行襲撃への道を歩み始める

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年2月19日 (月)

【2006年間 邦画レンタルベスト5】

 先週は洋画の2006年年間のレンタルベスト5( DMM.com CD&DVDレンタル による)をお伝えしたので、今週は邦画である。 

私の予想では、昭和30年代ブームにあやかって「ALWAYS 三丁目の夕日」かと思っていた。

1「THE 有頂天ホテル  

(2006年)第30回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞 

監督:三谷幸喜

出演:役所広司 (第30回日本アカデミー賞優秀主演男優賞) 戸田恵子 篠原涼子 唐沢寿明 伊東四朗 生瀬勝久 松たか子 YOU 佐藤浩市(第30回日本アカデミー賞優秀助演男優賞) 香取慎吾 蒼井 優(第30回日本アカデミー賞優秀助演女優賞)

あらすじ:大晦日の夜にばったり再会するかつての夫と妻。歌手デビューの夢を諦め、田舎へ帰る決心をしたベルボーイの前に現れた、幼馴染みのフライトアテンダント。国会議員のかつての愛人はスキャンダル発覚後、世間の目から逃れて客室係に。そこへ汚職事件に連座してマスコミに追われた議員が逃げ込んでくる。さらに人生に見切りをつけた議員は、コールガールと出会い…

2「ALWAYS 三丁目の夕日  

(2005年)第29回、日本アカデミー賞主要12部門最優秀賞獲得!

監督:山崎貴

出演:吉岡秀隆 堤真一 堀北真希 小木茂光 神戸浩 もたいまさこ 小日向文世 須賀健太 薬師丸ひろ子 三浦友和 益岡徹 温水洋一 小雪 マギー 飯田基祐 小清水一揮

あらすじ:昭和33年、東京タワー完成間近の東京下町。人情味あふれる住人たちが巻き起こす感動のストーリー。自動車修理工場を営む鈴木一家に、集団就職で上京した六子がやってきた。一方、駄菓子屋の店主でしがない小説家の茶川は、恋心を抱いている一杯飲み屋のおかみ・ヒロミに頼まれて、少年・淳之介の世話をすることになる・・・

3「男たちの大和/YAMATO  (2006年)第30回日本アカデミー賞最優秀美術賞、最優秀録音賞、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞

監督:佐藤純彌 

出演::反町隆史 中村獅童 余貴美子 寺島しのぶ 蒼井優 渡哲也 仲代達矢 鈴木京香 松山ケンイチ あらすじ:特別年少兵たちが戦艦大和に乗艦してきた。烹炊所班長の森脇や機銃射手の内田に助けられながら、艦内での厳しい訓練に耐えぬく二十歳にも満たない若者たち。しかし初の実戦となったレイテ沖海戦で、連合艦隊は事実上壊滅、厳しい行く末にたじろぎ苦しむ年少兵。そして運命の昭和20年4月。苦渋の決断をした伊藤司令長官の指揮の下、「大切なもの」を守る為に、彼らは「決戦の海」へと向かった…。

4「県庁の星

監督::西谷弘

出演:織田裕二 ベンガル 井川比佐志 奥貫薫 柴咲コウ 石坂浩二 矢島健一 益岡徹 佐々木蔵之介 山口紗弥加 酒井和歌子 紺野まひる 和田聰宏 

あらすじ:県庁のキャリア公務員である野村は、プライドの高い上昇志向の男。ビックプロジェクトを前に、県政の目玉である民間企業との人事交流研修に意欲を燃やしていた。しかし、研修先は無気力な店員たちに客もまばらな三流スーパーで、野村の教育係は年下のパート店員・二宮だった。お役所倫理を持ち出して、事あるごとに衝突する二人・・・

5「容疑者 室井慎次  

監督:君塚良一

出演:柳葉敏郎 田中麗奈 哀川翔 八嶋智人 吹越満 柄本明 佐野史郎 

あらすじ:2005年2月。警視庁の室井管理官は、みずからが指揮した殺人事件の捜査責任を追求され、ついに逮捕されてしまう。警察の不正を暴くという大義名分をかざし、徹底的に室井を追い詰めようとする弁護士と、室井を救おうとする若き女弁護士。そこに警察庁と警視庁の確執が絡み・・・

さて、さて、今年2007年の邦画は?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007年2月16日 (金)

NO.73「や」のつく元気になった邦画「山びこ学校」

山びこ学校icon (ヤマビコガッコウ)

<元気コメント>  
 生きていく上でいかに教育が大切かと教えられる作品です。
 自分でできることは何でも行う無着先生の熱意に元気づけられます。

 
<あらすじ>
 「山びこ学校icon」は山形県村山郡山元村の中学校である。
 この寒村では、村人は生きるために必死になって働かねばならなかった。
 そのため無着先生のクラスの生徒は家の仕事を手伝って欠席する者が多かった。
 しかし無着先生はこの貧しい生徒たちを少しでも高めてやりたいと一生懸命だった・・・

<データ>
山びこ学校iconiconicon

製作:1952年 八木プロ
監督:今井正 イマイタダシ
原作:無着 成恭(ムチャク セイキョウ)「山びこ学校
出演:木村功 キムライサオ  (無着)
   岡田英次 オカダエイジ  (須村)
   金子信雄 カネコノブオ  (田口)
   和澤昌次         (大崎)
   河崎保 カワサキタモツ  (木村)

参考:昭和二十六年度の出版界のベスト・セラーの一つになった山形県山元村の新制中学生の作文集「山びこ学校icon」の映画化で、シナリオ・ライター八木保太郎の主宰する八木プロ第一回作品。
   製作は若山一夫と戸田金作の共同。
   脚本を八木保太郎が書き、「どっこい生きてるiconiconiconの今井正が監督に当たっている。
   撮影は「やくざブルース」の伊藤武夫。
   出演者の主なものは、「どっこい生きてるicon」の木村功、「唐手三四郎」の岡田英次、「青春会議」の杉葉子、「長崎の歌は忘れじ」の滝沢修の他に、北林谷栄、丹阿弥谷津子、東野英治郎、殿山泰司、東京少年劇団の連中などである。(goo映画案内より)

どっこい生きてるicon」:日本映画の黄金時代を支えた独立プロによる名作を紹介するシリーズに、一株50円のカンパを集めて製作費に充てた今井正監督作品が登場。
           戦後、日当240円だったことから“ニコヨン”と呼ばれた日雇い労働者たちの生活を記録映画のように映し出す。

<「山びこ学校icon」と言えば>
日本映画の黄金時代を支えた独立プロ
 脚本家の“八木保太郎プロダクション”の第1回作品 。キネマ旬報ベストテン8位
 田舎の学校に勤務する教師・無着が、生徒たちに貧しい中でもたくましく生きていく心を植え付けていく様を描く
 生活綴り方運動に力を注いだ実在の教師の奮闘を描く感動のドラマ。
 貧しい暮らしを強いられる子供たちに寄り添い、綴り方を用いて新しい教育を切り拓いた教師を描く。

★無着 成恭(むちゃく せいきょう、1927年- )
 禅宗の僧侶で日本の教育者。
 『山びこ学校』と『全国こども電話相談室』の回答者で有名。
 質問に答える際の口上「あのね~、お答えしますとねぇ~。」は大沢悠里からものまねされ、大沢の代名詞お色気大賞で使用されているが一旦打ち切りの原因となったのはファンの間で語り草
(略歴)
1927年 山形県南村山郡本沢村(現山形市本沢)沢泉寺に誕生
旧制山形中学(現山形県立山形東高等学校)卒業
1948年 山形師範学校(現山形大学教育学部)卒業。山形県南村山郡山元村(現上山市山元)立山元小中学校(僻地1級校)に赴任
    6年間勤務し、国語教育として生活綴り方運動に取り組む。クラス文集『きかんしゃ』所収の「母の死とその後」(江口江一作)が文部大臣賞を受賞する。
1951年 クラス文集を『山びこ学校・山形県山元村中学校生徒の生活記録』(青銅社→岩波文庫・角川文庫)として刊行、ベストセラーとなる。
1952年 『山びこ学校icon』が今井正監督によって映画化。しかし、地元の恥を世間にさらしたとして、村から追放される。
1953年 上京。駒澤大学仏教学部に編入し、卒業  明星学園教諭に就任。のち、教頭に昇格
1958年 TBSラジオ「全国子供電話相談室」のレギュラー回答者を29年間務める
1983年 明星学園を退職
1987年 一鍬山福泉寺(千葉県多古町)住職に就任
2003年 泉福寺(大分県国東町横手)に転任
2004年 山形県上山市立山元小中学校にて「山びこ学校」石碑除幕。「きかんしゃの子どもはいつも力を合わせよう」と刻まれる。
2006年 山元小学校が閉校
(受賞歴)
1970年 第1回斉藤茂吉文化賞受賞
1979年 第3回正力松太郎賞受賞
(著作)
山びこ学校』岩波文庫、角川文庫、1951年
『続 山びこ学校』むぎ書房、1970年
『無着成恭の詩の授業』太郎次郎社、1982年
『人それぞれに花あり - 無着成恭の対談集 - 』太郎次郎社、1984年
『仏教ものしり事典 - 子どもの疑問に答える - 』チャイルド本社、1986年
『倶会一処 - 無着成恭の掌話集 - 』太郎治郎社、1987年
『無着成恭の昭和教育論』太郎次郎社、1989年
『無着成恭 - ぼくの青春時代 人間の記録 - 』日本図書センター2000年

(参考文献)
佐野眞一『遠い「山びこ」 - 無着成恭と教え子たちの四十年 - 』文芸春秋社、1992年
佐藤藤三郎『山びこ学校ものがたり - あの頃、こんな教育があった - 』清流出版、2004年 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.72「燃えよドラゴン」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【2/12(月)アチョーとか 】
 アチョーとか 、キェーッというような気合の声が今でも耳に残っています。(小山田)

 ☆☆小山田さん、お便りありがとうございました。
   そうでしたね。あの声は特徴的でしたね。 
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ハリソンさんのオススメ「モスキートコーストicon」】
 ハリソン・フォードの作品はよく見ていますが、私はこの家族で大自然の中へ飛び込む作品が大好きです(ハリソン)

 ☆☆ハリソンさん、お便りありがとうございました。
   確か家族で飛び込んだのは中央アメリカのジャングルの中だったでしょうか。
   ハリソン・フォードの作品でオススメがございましたら、またお便りをお寄せ下さい。(映画で元気)

モスキートコーストiconiconicon(The Mosquito Coast)
製作:1996年 アメリカ 松竹富士配給
監督:Peter Weir ピーター・ウェアー
原作:Paul Theroux ポール・セロー
出演:Harrison Ford  ハリソン・フォード (Allie Fox)
   Helen Mirren ヘレン・ミレン  (Mother)
   River Phoenix リヴァー・フェニックス  (Charlie)
   Jadrien Steele ジャドレーン・スティール  (Jerry)
   Hilary Gordon ヒラリー・ゴードン  (April)

解説:文明を捨て、自然の中で生きようとする独裁的な男の生き方を描く。
  製作はジェローム・ヘルマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはソウル・ゼインツ。
  監督は「刑事ジョン・ブック 目撃者iconiconiconのピーター・ウィアー。ポール・セローの原作を基に、ポール・シュレィダーが脚色。
  撮影はジョン・シール、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はハリソン・フォード、ヘレン・ミレン、リヴァー・フェニックスほか

刑事ジョン・ブック 目撃者icon
 : 戒律を重んじ前時代的な営みを続ける、アーミッシュ=アンマン派教徒の親子が殺人事件に遭遇。この親子を守るため、ハリソン・フォード演じるジョン・ブック刑事はアーミッシュ村へと2人を送り届け一緒に潜伏するが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月12日 (月)

【2006年間 洋画映画レンタルベスト5】

 昨年1年間のレンタルベスト( DMM.com CD&DVDレンタル 調べ)は、以下の通りだそうだ。 「ダ・ヴィンチ・コード」がトップかと思っていたら・・・。

1.「Mr.&Mrs.スミス  

監督:ダグ・リーマン

出演者:ブラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー ヴィンス・ヴォーン アダム・ブロディ ケリー・ワシントン 

あらすじ:運命的な出会いの末、電撃的に結婚したスミス夫妻。しかし、この2人には互いに相手に知られたくない秘密があった。実は、2人は対立する組織に属している、暗殺のプロだったのだ。互いに正体を隠し結婚生活を送っていたが、ある時ついに正体を知られてしまう。愛する人でも抹殺するのがこの世界の掟。さっそく2人は相手を始末すべく、壮絶な戦闘を開始する!

2.「フライトプラン  

監督:ロベルト・シュヴェンケ

出演者:ジョディ・フォスター ショーン・ビーン ピーター・サースガード エリカ・クリステンセン ケイト・ビーハン マーリーン・ローストン

あらすじ:突然の夫の事故死という深い悲しみと喪失感を抱えたカイルと6歳の娘のジュリアは、実家で夫の葬儀を執り行うために旅客機に乗り込んだ。機内で眠りについたカイルがふと目を覚ますとジュリアがいない。どこを探しても見つからず、乗客、乗務員の誰ひとりとして、ジュリアの姿を見た者はいない。必死に機内を探すカイルだが、ジュリアは夫とともに“6日前に死亡”との記録があると告げられる

3.「ダ・ヴィンチ・コード  

監督:ロン・ハワード

出演者:トム・ハンクス イアン・マッケラン オドレイ・トトゥ ジャン・レノ アルフレッド・モリナ ポール・ベタニー ユルゲン・プロフノウ エチエンヌ・シコ ジャン=ピエール・マリエール

あらすじ:ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化した話題のミステリー大作。ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた…。

4.「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  

監督:アンドリュー・アダムソン

出演者:ティルダ・スウィントン アナ・ポップウェル ウィリアム・モーズリー ジョージー・ヘンリー スキャンダー・ケインズ

あらすじ:偉大なる王・アスランによって創造された美しき国“ナルニア”は、冷酷な白い魔女の支配により、100年の冬に閉ざされていた。ナルニアの住人たちは、アスランの帰還を祈り、ひとつの予言に最後の希望を託す。一方、第二次世界大戦下のロンドンには、母親に別れを告げるペベンシー家の四人兄妹の姿があった。やがて田舎の古い屋敷に疎開した兄妹は、かくれんぼをして遊ぶうちに、ひとつの衣装箪笥を見つけるのだが…。

5.「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

監督:ゴア・ヴァービンスキー

出演者:ジョニー・デップ オーランド・ブルーム キーラ・ナイトレイ ジェフリー・ラッシュ ステラン・スカルスガルド ナオミ・ハリス ビル・ナイ

あらすじ:“孤高の海賊”ジャック・スパロウの前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。かつて《血の契約》を交わした“深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズが、約束の時が来たためジャックを捕らえに来るというのだ。一方、ウィルとエリザベスにも危機が訪れる。複雑に絡み合っていく3人の運命は如何に!?

 昨年の貴方のベスト5は?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月 9日 (金)

NO.72「も」のつく元気になった洋画「燃えよドラゴン」

燃えよドラゴン」 (モエヨドラゴン)

<元気コメント>
 気分がスカッとすることも元気になることに通じるようです。
 ただ、映画を見た後思わず手足を振り回したくなるのには困りもの。

<あらすじ>
 陰謀うず巻く国際都市香港から、南シナ海にうかぶ要寒島ハンで開かれる大武術トーナメントへの招待状が世界中の武術の名人にあてて送り出された。
 ロサンゼルスに住む黒人のカラテの名手ウィリアムス(ジム・ケリー)、同じくサンフランシスコのローパー(ジョン・サクソン)もその招待状を手に香港へ向かった。
 その頃、香港に近い田舎で中国人ばかりのカラテの試合が行なわれていた。
 優勝者は少林寺で仏の道と武術を勉強中のリー(ブルース・リー)という若者だった。
 早速彼は、秘密情報局のブレースウェートから、要寒島での武術トーナメントに出場するよう要請されるが、武術で名を挙げるよりも無名のままの修道を望むリーはそれを断わった。
 しかし・・・

<データ>
燃えよドラゴン(Enter The Dragon)
製作:1973年 アメリカ ワーナー映画配給
監督:Robert Clouse ロバート・クローズ
出演:Bruce Lee 李小龍  (Lee)
   John Saxon ジョン・サクソン  (Roper)
   Jim Kelly ジム・ケリー  (Williams)
   Ahna Capri アーナ・カプリ  (Tania)
   Bob Wall ボブ・ウォール  (Oharra)

参考:少林寺拳法を武器に強大な悪に対決するスーパーヒーローの活躍を描く。
   主演は"空手映画"ブームをまき起こし、これを最後に世を去ったブルース・リー。
   製作はフレッド・ワイントローブ、ポール・ヘラー、レイモンド・チョウ、監督はスチール・カメラマン出身のロバート・クローズ、脚本はマイケル・アリン、撮影はギルバート・ハッブス、音楽はラロ・シフリン、編集はカート・ハーシュラーとジョー・ウッターズが各々担当。
   出演はブルース・リー、ジョン・サクソン、アーナ・カプリ、ジム・ケリー、ボブ・ウォール、シーキエン、アンジェラ・マオ・イン、ベティ・チュンなど(goo映画案内より)

<「燃えよドラゴン」と言えば>
★ブルース・リー 李 小龍(リー・シャオロン, 広東語:Lei Siulung)
 本名: 李 振藩(広東語:L? Zhenf?n)は、アメリカ・サンフランシスコ生まれの中国人俳優である。
 截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。

(サンフランシスコで生まれ)
 中国系の父親 李海泉とドイツ系の母親グレースを両親に生まれる。弟はロバート。
 映画には芸名の李小龍で出演している。
 香港の舞台俳優(広東劇)である父李海泉の公演先であったアメリカ・サンフランシスコで生まれる。
 生後3ヶ月あまりでサンフランシスコで作られた『金門女』という中国映画に出演した。
 その後香港に帰国、8歳頃から子役として数多くの映画に出演。
 幼少より、中国武術(大陸では武術、台湾等では国術(國術)とも呼ばれる。
 海外では空手或いは拳法と誤認されることがあり、カンフーとも呼ばれる)の一派である詠春拳の葉問(イップ・マン)から手ほどきを受け、中国武術を身につける。
 少年の頃、通っていた道場にはバスで通っていて、いつも皆より早く行き、バス停で他の生徒を待ち、「今日も休みだ。」と嘘をつき、自分と先生だけで練習をしたという逸話がある。
 また北派少林拳の邵漢生にも指導を受けている。

(ジークンドー)
 かつて、香港では、喧嘩が法律で禁じられていた。
 しかし、当時でも珍しい中国服を着用していたことから街で目立ち、気性の荒い青年時代の彼は、「何ジロジロ見てるんだ」と難癖をつけて、毎日のように喧嘩沙汰を起こしていた。
 その後、18歳で単身渡米し、シアトルに移る。
 高校卒業資格を得てワシントン大学で勉学に励むかたわら、生活費及び学費を稼ぐために自らの道場を開き指導を始める。
 同大学にて、哲学の講師もしていた。
 その頃同じ大学の医学生で、道場で指導をしていたリンダ・エメリーと結婚。
 その後大学を中退し、道場経営に専念。截拳道(Jeet Kune Do / JKD〈ジークンドー〉)を創始。

(トップスター)
 その後、アメリカにおける空手トーナメントの場においてJKDの演武をおこなう。
 それがTVプロデューサーの目を引き、1966年にTVシリーズ『グリーン・ホーネットで準主役に抜擢。
 運転手のお仕着せに目だけを隠すマスク(そのマスクはその後キルビルでカトーマスクと呼ばれることになる)を付けた日系人のカトー役を演じ、人気を博したのをきっかけに、ロサンゼルスでハリウッドの俳優やプロデューサーを顧客に武術の個人指導をするようになり、TVや映画などでゲスト出演を重ねる。
 カトー役のイメージが強いのか『グリーン・ホーネット』を観ていた世代を中心に、アメリカではブルース・リーのことを日本人だと思っている人達が少なくない。
 『グリーン・ホーネット』の後、米国の連続テレビドラマ『燃えよ!カンフー』の企画を作成し、自ら主演する予定であったが、東洋人であることなどが理由で主演することができなかった(主人公の混血児ケインを演じたのはD・キャラダイン)。
 1970年に香港の映画会社ゴールデンハーベスト社のレイモンド・チョウ(鄒文懐)と契約し、『ドラゴン怒りの鉄拳など3本の映画に主演。
 香港の歴代興行記録を塗り替え、トップスターになり、1973年、ハリウッドとの合作映画『燃えよドラゴン』に主演。
 燃えよドラゴン』の中に出てくる台詞「Don't Think. Feel !(考えるな、感じろ。)」は、ジークンドーのコンセプトを語る上で、インタビューの際度々引用された。
 『燃えよドラゴン』のOPパートはリー自身が監督している。

グリーン・ホーネット』:昼は新聞社の青年社長、夜は助手のカトーと組んで悪を倒す神出鬼没の仕事人グリーン・ホーネットの活躍を描くアクション。3話から構成された迫力のカンフー・スタイルの勧善懲悪活劇。ブルース・リーの記念すべきアメリカTV番組進出第1作
ドラゴン怒りの鉄拳』:1900年初頭、日本帝国主義が横行している上海を舞台に、道場をつぶされ恩師を殺された青年が単身日本人武術家一派に立ち向かう

(死去)
 シアトル市内にあるブルース・リー親子の墓
 香港に建立されたブルース・リーの銅像1973年7月20日、『死亡遊戯』で共演する予定だった女優ベティ・ティンペイ(丁珮) の香港の自宅にて頭痛を訴え鎮痛剤(アスピリン)を飲んで横になったが、その後レイモンド・チョウ(鄒文懐)が異変に気づき、医師を呼んでクィーン・エリザベス病院へ担ぎ込まれたが、その後医師により死亡が確認された。
 公式な死因は脳浮腫(のうふしゅ)であるが、リーの死因には様々な都市伝説がある。
 司法解剖の結果微量の大麻が検出されたほか、脳が極度に肥大化していた事が判明している。
 リーは同年5月にも同様の症状を訴えており、死因は長年背中の古傷に使っていた痛み止めとその晩に服用した頭痛薬の副作用と言われている。
 直前に完成した本人待望のハリウッド主演作『燃えよドラゴン』公開を目前にして32歳の若さで急逝であった。
 遺体はシアトルダウンタウン近くのレイクビュー墓地に埋葬される。 
 日本での『燃えよドラゴン』の公開は1973年12月22日、日本でブルース・リーの人気が急上昇するが、既にブルース・リーはこの世の人ではなかった。
 その後、『ドラゴン危機一発』をはじめとする映画が公開されていったのである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

★「ドラゴン ブルース・リー物語(Dragon The Bruce Lee Story)
製作:1993年 アメリカ ユニヴァーサル映画=UIP配給
監督:Rob Cohen ロブ・コーエン
原作:Linda Lee Cadwell リンダ・リー・キャドウェル
出演:Jason Scott Lee ジェーソン・スコット・リー  (Bruce Lee)
   Lauren Holly ローレン・ホリー  (Linda Lee)
   Robert Wagner ロバート・ワグナー  (Bill Krieger)
   Michael Learned マイケル・ラーンド  (Vivian Emery)
   Nancy Kwan ナンシー・クワン  (Gussie Yang) 

 世界に名高いアクション・スター、ブルース・リーの人間像に迫る伝記映画。
 1940年11月27日サンフランシスコに生まれ、香港で育ち、己の恐怖心に勝つためにカンフーを学び小さなドラゴンと呼ばれた。
 18歳でアメリカに渡り、不安や偏見の障害を克服した青春時代を送り、仕事上での不遇時代を経て、武道家としてTVから映画へと進み活躍する。
 爆発的ヒットとなる「燃えよドラゴン」の公開を控え急死。
 この偉大な武術家の足跡と共に、一人のアメリカ人女性を愛し続けた、知られざる人生のドラマがここに存在する

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.71もう頬づえはつかないをご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【2/7(水)思い出の映画です】
 私も迷っていたことがありましたが、この映画を見てからずいぶん心が落ち着いたように思うのです。
 でも、今はまた別の問題が・・・あ、これはよけいなことでしたね。(仮名 草薙)

 ☆☆草薙さん、お便りありがとうございました。
   そのままとはいかないにしても、私自身もずいぶん映画によって元気付けられたことがありました。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【世田谷中込さんのオススメ「モスラ」】
 元気になったというより古きよき時代の思い出です。
 映画の中でモスラによって東京タワーが倒れされてしまう場面があるのですが、この映画を見て都内へ東京タワーを見学するのを楽しみにしていた子供が「モスラがこわしちゃったからもうないよー」と泣きべそをかいていました。(世田谷 中込)

 ☆☆世田谷の中込さん、お便りありがとうございました。
   まだ映画公開当時は特撮があまり知られていなかったのですね。
   ほのぼのとしたいいお話ありがとうございまし。 
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

モスラ
製作:1961年 日本 東宝配給
監督:本多猪四郎 ホンダイシロウ
原作:中村真一郎 ナカムラシンイチロウ
   福永武彦 フクナガタケヒコ
   堀田善衛 ホッタヨシエ
出演:フランキー堺 フランキーサカイ  (福田善一郎)
   小泉博 コイズミヒロシ  (中条信一)
   香川京子 カガワキョウコ  (花村ミチ)
   田山雅充 タヤママサミツ  (中条信二)
   伊藤ユミ イトウユミ  (小美人)
   伊藤エミ イトウエミ  (小美人)

解説:中村真一郎・福永武彦・堀田善衛の原作を、「泣きとうござんす」の関沢新一が脚色し、「ガス人間第一号」の本多猪四郎が監督した特撮映画。
   東宝が初めてカラー・シネスコで製作した怪獣映画の名作。
   南太平洋を航行中の第二玄洋丸は、突発的に発生したA型台風にまこまれて沈没した。
   船員のうち四人が、放射能の墓場といわれたロリシカ国の水爆実験海域のインファント島で奇跡的に救助され、帰国した。
   が、意外にも四人は放射汚染症状が全く見られなかった。
   日東新聞の社会部記者・福田善一郎は、女カメラマンの花村を連れて、核センターに原田原子力博士を訪ねた。
   船員の一人から無人島と思われたインファント島に原住民が生きていること、さらに原住民が飲ませてくれた赤い汁により、放射能障害はおろか普通以上の体力を取り戻せたことを聞き出した・・・

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年2月 5日 (月)

【2/26 本年度アカデミー賞が】

  2月26日に本年度の「アカデミー賞」(Academy Awards)各賞が決定します!
 アカデミー賞のサイト(英文)  

<アカデミー賞とは?>
 その年の映画に関連した業績に対して授与される賞で、アメリカの映画産業従事者の団体、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の会員の投票により選定される。

<オスカー?>
 アカデミー賞は別名オスカーとも呼ばれる。
 オスカーとは賞の副賞として与えられる彫像の名前であり、その名前はアカデミーの事務員マーガレット・ヘリックがその彫像が机に置かれているのを見て、『おじさんのオスカーにそっくりだわ』といったことがその由来だとの言い伝えがある。その他諸説あり。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より) 

 一例として主要7部門の本年度ノミネート作品をあげると以下の通りです。
 
 A:作品賞
  1)「バベル」
  2)「ディパーテッド」
  3)「硫黄島からの手紙」
  4)「リトル・ミス・サンシャイン」
  5)「クィーン」
----------------------------------------------------------------
B:監督賞
  1)アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 「バベル」
  2)マーティン・スコセッシ 「ディパーテッド」
  3)クリント・イーストウッド 「硫黄島からの手紙」
  4)スティーヴン・フリアーズ 「クィーン」
  5)ポール・グリーングラス 「ユナイテッド93」
----------------------------------------------------------------
C:主演男優賞
  1)レオナルド・ディカプリオ 「ブラッド・ダイヤモンド」
  2)ライアン・ゴズリング 「Half Nelson」
  3)ピーター・オトゥール 「Venus」
  4)ウィル・スミス 「幸せのちから」
  5)フォレスト・ウィッテカー 「ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド」
----------------------------------------------------------------
D:主演女優賞
  1)ペネロペ・クルス 「ボルベール <帰郷>」
  2)ジュディ・デンチ 「Notes On A Scandal」
  3)ヘレン・ミレン 「クィーン」
  4)メリル・ストリープ 「プラダを着た悪魔」
  5)ケイト・ウィンスレット 「リトル・チルドレン」
----------------------------------------------------------------
E:助演男優賞
  1)アラン・アーキン 「リトル・ミス・サンシャイン」
  2)ジャッキー・アール・ヘイリー 「リトル・チルドレン」
  3)ジャイモン・フンスー 「ブラッド・ダイヤモンド」
  4)エディ・マーフィ 「ドリームガールズ」
  5)マーク・ウォールバーグ 「ディパーテッド」
----------------------------------------------------------------
F:助演女優賞
  1)アドリアナ・バラザ 「バベル」
  2)ケイト・ブランシェット 「Notes on a Scandal」
  3)アビゲイル・ブレスリン 「リトル・ミス・サンシャイン」
  4)ジェニファー・ハドソン 「ドリームガールズ」
  5)菊地凛子 「バベル」
----------------------------------------------------------------
G:アニメーション映画賞
  1)「カーズ」
  2)「ハッピー フィート」
  3)「モンスター・ハウス」

さて、どの作品が栄光を!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年2月 2日 (金)

NO.71「も」のつく元気になった邦画「もう頬づえはつかない 」

もう頬づえはつかないicon」(モウホオヅエハツカナイ)

<元気コメント>
 女が自立にめざめる時、そこには男の影がある。

<あらすじ>
 早大生のまり子は、アルバイト先で知り合った同じ大学の橋本と、三十過ぎの芽の出ないルポライターの恒雄という二人の男とつき合っていた。
 まり子は現在橋本と同棲中で、その前は、恒雄と恋愛関係にあり、彼のために薬剤師になる夢を捨て大学も変えたことがある。
 彼女は恒雄のことで札幌の母と喧嘩して、以来、仕送りもなく、今は大家の中年男高見沢の妻・幸江の経営する美容院でバイト中だ。
 ある日、橋本と同じアパートにいる明美という女から、二人が以前、関係していたことをまり子は聞いた・・・(goo映画案内より)

<データ>
もう頬づえはつかないiconiconicon
製作:1979年 日本 ATG
監督:東陽一 ヒガシヨウイチ
原作:見延典子 ミノベノリコ もう頬づえはつかない
出演:桃井かおり モモイカオリ  (まり子)
   奥田瑛二 オクダエイジ  (橋本)
   森本レオ モリモトレオ  (恒雄)
   伊丹十三 イタミジュウゾウ  (大家・高見沢)
   加茂さくら カモサクラ  (美容師・幸江)

参考:一人の女子大生の愛と性を二人の男性にからませて女性の自立を描いたもので、見延典子の同名の小説の映画化。
  脚本はホワイト・ラブの小林竜雄とサードiconiconiconの東陽一の共同執筆、監督も同作の東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当(goo映画案内より)

 ホワイト・ラブ
 : 世紀のスーパー・アイドル、山口百恵の引退20周年を記念して、彼女の主演作をDVD化。公募した原案を基に製作された、百恵・友和の主演コンビ10作目となる記念作。 (「DVD NAVIGATOR」データベースより)
 サードiconicon
 : 4人の男女が“大きな町”に行くため売春をして資金稼ぎを始めるが様々な障壁に突き当たる。原作・軒上泊の『九月の街』を寺山修二が脚本化した。永島敏行や森下愛子の瑞々しい演技が光る東陽一監督作品

<「もう頬づえはつかないicon 」と言えば>
★ 原作者 見延 典子(みのべ のりこ 1955年 - )
 北海道札幌市生まれの作家。
 高校時代に北海道新聞社主催の有島文学賞で佳作に入る。
 作家になれると確信し、早稲田大学に入学。
 文芸科の卒業論文に200枚の小説もう頬づえはつかないを書いた。
 その後担当の先生が面白いと、雑誌早稲田文学に紹介し、掲載された。
 のちに講談社から出版され、50万部を超える大ベストセラーになる。
 本作は桃井かおり主演で映画化され、ヒットした。
 1981年に結婚して広島県へ転居。
 以後同県で執筆活動を継続する傍ら、地元のテレビ番組やラジオ番組にも出演している。
 2000年、歴史小説「すっぽらぽんのぽん」で頼山陽記念文化賞を受賞(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 

★主演 桃井かおり (ももい かおり、1952年4月8日 - )
 日本の女優。東京都世田谷区出身。
 称号はフランス共和国のボージョレーワイン委員会とフランス食品振興会認定コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士。血液型O型。
 清水ミチコや椿鬼奴などがパロディーをしている。
 2005年公開のハリウッド映画「SAYURI」出演を期に、2006年には全米最大の俳優組織SAG(映画俳優組合)に加入、活躍の場をハリウッドにも広げる。

(『愛ふたたび』にて浅丘ルリ子の妹役でデビュー)
 国際政治学者の桃井真の子供として生まれる。
 兄は脚本家の桃井章。
 中学生の時、イギリスのロイヤルバレエアカデミーに単身留学。
 帰国後、女子美術大学付属高等学校・中学校へ入学。
 同校在学中は東京バレエ団に所属。
 同校卒業と同時にバレエを辞め、演劇を目指し文学座付属演劇研究所(養成所)第11期生に研究生として入る。
 映画『愛ふたたび』(市川崑監督)にて浅丘ルリ子の妹役でデビュー。
 1971年ATG映画『あらかじめ失われた恋人たちよ』(監督・田原総一朗)にてヒロインを演じ、本格的に映画デビュー。
 翌年、文学座を離れる。

(「世の中、バカが多くて・・・」)
 『エロスは甘き香り』では、唯一のロマンポルノ映画として、大胆なヌードシーンを披露した。
 過去に出演したエーザイチョコラBBのCMで「世の中、バカが多くて疲れません?」というセリフに「バカはお前だろう」と多数のクレームがついたことがある。
 この問題の後、「バカ」の部分は「お利口」に差し替えられて放送された(予め両方のパターンを撮っていたとの説もある)。
 親友は松任谷由実。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.70めぐり逢いをご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【1/30(火)ラストもいいのですが】
 ラストの再会シーンは何とも言えないのですが、船旅の上陸で彼の祖母を二人して訪ねるシーンもずいぶん印象に残りました。(京都 生島)

 ☆☆京都の生島さん、お便りありがとうございました。
   確か二人して上陸したのはナポリでしたでしょうか。
   石段のある風景がきれいでしたね。 
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ポピンさんのオススメ「メりー・ポピンズicon」】
 「め」へ来たらこの作品をお便りさせて頂こうと思っていました。
  全部で2時間以上ある長編だと思いますが、子供と一緒にみても全然飽きさせません。
  ディズニー映画って本当にすごいです。(ポピン)

 ☆☆ポピンさん、お便りありがとうございました。
   2時間20分と聞けば、お子さんどころか大人も飽きてしまう可能性がありますね。
   またの楽しい映画のお便りをお待ちしております。(映画で元気)

メりー・ポピンズiconiconicon(Mary Poppins)
製作:1964年 アメリカ ウォルト・ディズニー・プロ配給
監督:Robert Stevenson ロバート・スティーヴンソン
原作:P. L. Travers パメラ・L・トラヴァース
出演:Julie Andrews ジュリー・アンドリュース  (Merry Poppins)
   Dick Van Dyke ディック・バン・ダイク  (Bert)
   David Tomlinson デイヴィッド・トムリンソン  (Mr. Banks)
   Glynis Johns グリニス・ジョンズ  (Mrs. Banks)
   Ed Wynn エド・ウィン  (Uncle Albert)

解説:イギリスの女流作家P・L・トラヴァースが1934年に「メりー・ポピンズicon」を生んで以来、ショウ・ビジネスのプロデューサーたちは権利の獲得にひしめいたという。
 脚色はビル・ウォルシュとドン・ダグラディらディズニーのトップ・ライターが担当、撮影はエドワード・コールマンによる。
 音楽は、リチャード・M、及びロバート・B・シャーマン兄弟による歌曲と、アカデミー賞受賞の音楽監督アーウィン・コスタルによる編曲と指揮。
 シャーマン兄弟には「夏の魔術」などがある。
 コスチュームおよびデザイン顧問はトニー・ウォルトン、振付はマーク・ブロウ、ディ・ディ・ウッド夫妻、漫画監督はハミルトン・S・ラスク、漫画美術監督はマックラレン・スチュアートらがそれぞれ担当した。出演は「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース、「バイ・バイ・バーディー」のディック・ヴァン・ダイク、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のデイヴィッド・トムリンソン、ほかにグリニス・ジョンズ、ハーミオン・バッデレイ(子役)、カレン・ドートリス(同)マシュウ・ガーバー(同)、エルザ・ランチェスター、エド・ウィンほか。
 製作はウォルト・ディズニー、製作補佐はビル・ウォルシュ(goo映画案内より)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »