« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

NO.53「は」のつく元気になった邦画「遥かなる山の呼び声」

「遥かなる山の呼び声」(ハルカナルヤマノサケビゴエ)

<元気コメント>
 罪を負った「男」というものの生き様をまざまざと見せてくれる。
 子連れの「女」というものの生き様をまざまざと見せてくれる。

<あらすじ>
 北海道中標津。
 亡夫が残した牧場を経営する民子の下へ、宿を求めて男がやって来た。
 翌朝男は出て行くが、次の夏に男は再度民子を訪ね、働き口を世話して欲しいと頼むが…。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

<データ>
「遥かなる山の呼び声」
製作:1980年 松竹
監督:山田洋次 ヤマダヨウジ
出演:高倉健 タカクラケン  (田島耕作)
   倍賞千恵子 バイショウチエコ  (風見民子)
   吉岡秀隆 ヨシオカヒデタカ  (風見武志)
   鈴木瑞穂 スズキミズホ  (島田駿一郎)
   ハナ肇 ハナハジメ  (虻田太郎)
・ 警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを描く。
 脚本は「男はつらいよ 寅次郎春の夢」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当している。

↓「遥かなる山の呼び声」のDVD

↓「遥かなる山の呼び声」のDVDレンタル

iconicon

参考:高倉 健(たかくら けん、本名 小田剛一 おだ ごういち、男性、1931年2月16日 - )
 日本の映画俳優、日本映画界の第一人者。
 福岡県中間市で炭鉱夫の一家に生まれる。福岡県立東筑高校→明治大学商学部商学科卒、相撲部OB。
 
 日本を代表する文化人的芸能人であり、半世紀にもわたって活躍を続けるベテラン役者である。
 代表作は「網走番外地」シリーズ、「日本侠客伝」シリーズ、「昭和残侠伝」シリーズ、「山口組三代目」シリーズ、「八甲田山」、「南極物語」(「NO.43「な」のつく元気になった邦画「南極物語」参照)、「鉄道員」などでいずれも邦画史に残る大ヒットを記録している。
 70代になっても大作に主演し続け、国際的にも活躍するスーパースター。
 海外では特に中国で人気がある。愛称は健さん。

 元妻は歌手・女優の江利チエミ(物故者)で、再婚はせず現在も独身のままである。
 元オリックス監督故仰木彬は高校の後輩。
 江戸時代末期に「東路日記」を記した筑前の庄屋の内儀・小田宅子(おだいえこ)は先祖にあたる。。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

参考:倍賞 千恵子(ばいしょう ちえこ、1941年6月29日 - )
 日本の女優、歌手。
 倍賞美津子は実妹。離婚歴がある。現在の夫は作曲家の小六禮次郎。
 東京都生まれ。1960年松竹音楽舞踊学校を首席で卒業後、松竹歌劇団(SKD)に入団。

 1961年、松竹にスカウトされ『斑女』(中村登監督)で映画デビュー。
 1963年、山田洋次監督の「下町の太陽」に主演し、以降、山田映画に欠かせない庶民派女優となる。
 映画『男はつらいよ』シリーズで、渥美清演じる車寅次郎の妹である、車さくら役で人気を博す。

 1980年の山田洋次監督作品『遥かなる山の呼び声』で日本アカデミー賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を、1981年の降旗康男監督の東宝映画『駅 STATION』でキネマ旬報賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を受賞。
  2004年には、宮崎駿監督の映画『ハウルの動く城』で、ヒロインであるソフィーの声を担当し、主題歌『世界の約束』を歌っている。
 『下町の太陽』の主題歌で歌手としてもデビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞。歌手としても活躍している。。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<「遥かなる山の呼び声」と言えば>
★中標津(なかしべつ)
 映画ロケが多い町 

 開陽台は丸い地平線、森林や波うつ丘陵や牧草地などがエンドレス 

★乗馬や牛の乳搾り体験等北海道の観光牧場はいかが

iconiconiconicon

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.52「野のユリ」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【9/25(月)エーメンと歌う】
 以前テレビの映画で見たことがありましたが、もう一度「エーメン」と歌う姿が見たくてレンタルで見ました。(大曲)

 ☆☆大曲さん、お便りありがとうございました。
   修道尼達と合わせて歌う声がなんとも楽しげでしたね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.52「野のユリ」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【9/26(火)シドニー・ポワチエが最高!】
 こんなに楽しくて、幸せな気持ちになれる映画があるなんて!
 これからも他の出演作品をみるのが楽しみです。(田園調布 蒲原)

 ☆☆田園調布の蒲原さん、お便りありがとうございました。
   シドニー・ポワチエの出演作品でお気に入りがございましたら、オススメの投稿をお願いします。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
(今週のお便りはございません)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月25日 (月)

特報!■PRIDE無差別級グランプリ2006 決勝戦

■PRIDE無差別級グランプリ2006 決勝戦 が見れる!

      9月27日(水)から10月11日(水)までの期間限定配信!  

   本日、9月25日(月)より先行予約開始!!

・真の最強戦士の称号はたった一人に与えられる。

 ・ついに開始した無差別級グランプリ決勝トーナメント。 

  ・ミルコ・クロコップVSジョシュ・バーネットの互いの闘志が炸裂!! 

   ・ジョシュ・バーネットの高い潜在能力に、王者ミルコはどう戦う? 

    ・ヒカルド・アローナVSアリスター・オーフレイムに、吉田道場の新星・中村和裕と中尾“KISS”芳広の不穏の一戦も白熱する!! 

     ・この険しいトーナメントを制するのは誰だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

NO.52「の」のつく元気になった洋画「野のユリ」

「野のユリ」(ノノユリ)

<元気コメント>
 一見バッドタイミングだが、きままな自由人でも、信念を持つとこれが神のなせる御わざにまで変っていく。
 私の場合、ふだんは宗教というものをほとんど意識していない生活のはずなのに、彼らの互いのベースにある信仰がうらやましくさえ思えるのはなぜだろうか。

<あらすじ>
 キャンプ用具を積み込んだステーション・ワゴンを運転して気楽な旅を続けている黒人ホーマー(シドニー・ポワチエ)はアリゾナ砂漠のはずれでエンストをおこし、荒地を耕す東独を亡命してきた、修道女たちとあった。
 修道女たちは、この荒地に教会を建てるという無謀な望みを持っていた。

<データ>
「野のユリ」(Lilies of the Field)
製作:1963年 アメリカ ユナイテッド・アーチスツ配給
監督:Ralph Nelson ラルフ・ネルソン
原作:William E. Barrett ウィリアム・E・バレット
出演:Sidney Poitier シドニー・ポワチエ  (Homer Smith)
   Lilia Skala リリア・スカラ  (Mother Maria)
   Lisa Mann リザ・マン  (Sister Gertrude)
   Isa Crino アイサ・クリノ  (Sister Agnes)
   Francesca Jarvis フランセスカ・ジャービス  (Sister Albertine)

・ウィリアム・E・バレットの原作を「八十日間世界一周」(アカデミー賞)のジェームズ・ポーが脚色、TV出身のラルフ・ネルソンが製作・演出したヒューマニズムドラマ。
撮影は「風と共に去りぬ」(アカデミー賞)のアーネスト・ホーラー、音楽は「マンハッタン物語」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。
出演は「長い船団」のシドニー・ポワチエ、TV「プレイハウス90」のリリア・スカラ、フランセスカ・ジャービス、アイサ・クリノ、リザ・マン、パメラ・ブランチ、「ティファニーで朝食を」のスタンリー・アダムスなど
↓「野のユリ」のDVD

参考:シドニー・ポワチエ(Sidney Poitier、1927年2月20日-)
(生年月日に諸説)
 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身の映画俳優、監督。
 黒人俳優としての先駆者的存在のひとりで、男優としては初めてアカデミー主演男優賞を授賞した。
 両親はバハマでトマト栽培で生計を立てる農夫であった。
 出荷先マイアミで母が胎児を孕み、そこで生まれたのがポワチエである。
 15歳のとき、生活の事情で単身で再び渡米。
 あらゆる種のアルバイトを転々とし、年齢を詐称して軍隊に入隊。
 生年月日に諸説があるのはこのためである。

(『野のユリ』でアカデミー主演男優賞授賞)
 除隊後は、アメリカン・ニグロ・シアターに入団し、俳優を志し始めるが、故郷バハマの訛りが取れなかったため、裏方での仕事に終始していたといわれる。
 1945年頃に映画デビューを飾り、1946年には黒人俳優だけの舞台でブロードウェイに初出演。
 1955年『暴力教室』の生徒役で注目されてからは知名度が上がり、続く58年『手錠のままの脱獄』では主演のトニー・カーティスと共にアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、その後は順調にキャリアを重ねた。
 この時代、黒人俳優としてのイメージや全般的な扱われ方は、労働的な端役や多国籍な悪役など不本意なものであり、ポワチエが映画界に入った時期もいまだにこうした気風が抜けきらぬときであった。その中にあって、黒人俳優の最古参の一人とも言える人物で、当時人気を博していたウディ・ストロードのようなパワフルで逞しい肉体を擁したアクション系の黒人俳優の個性が定着しつつあったなかで、ポワチエはあえて肉体のパワーではなく演技と「知」のイメージでの活躍を意識したという。
 こうした一見、地道な個性が1963年の社会派作品『野のユリ』におけるアカデミー主演男優賞授賞という歴史的快挙に結実するのである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<「シドニー・ポワチエ」と言えば>
★シドニー・ポワチエとアカデミー名誉賞
(「いつも心に太陽を」)
 そのまま主演級の俳優に成長し、それまでのハリウッドにおける黒人俳優のイメージを一変させた。
 1968年招かれざる客iconicon、『夜の大捜査線』など社会的かつ人種差別問題を真正面から提起する重い題材に挑みつづけ、多くのファンの支持を獲得した。
 こうして、黒人俳優というひとつの道を開拓したのである。
 同年、かつて生徒役で登場した『暴力教室』のリメイク版いつも心に太陽をに主演。
 サッカレー先生役で登場し、日本でも広く知られた。

(バハマ駐日大使を歴任)
 70年代以降はポール・ニューマンらとプロダクションを設立し、監督業にも挑むが、公民権運動が盛んな時代になるとポワチエの個性は過去のものとなっていったかのように影をひそめてゆく。
 その間、彼を継承するかのように多くの黒人俳優が台頭。
 その第一人者がデンゼル・ワシントンであり、いつしかスクリーンでは違和感なく黒人ヒーローが活躍するようになった。
 2001年に贈られたアカデミー名誉賞は、こうしたポワチエの功績に対する敬意を象徴している。
 近年の主な代表作は1988年の『リトル・ニキータ』や『影なき男』でのタフガイ刑事、豪華スターが結集した1997年『ジャッカル』でのFBI副長官役、2001年『希望の大地』での知的で温厚なレンガ職人などが名高い。
 また97年には大型TVドラマ『Mandela and de Klerk(日本未公開のため原題)』で、ネルソン・マンデラを好演し、話題となった。
 1950年に結婚、4人の娘がいるが1965年に離婚。1976年には女優のジョアンナ・シムカスと再婚し二女がいる。
 バハマ駐日大使を歴任した経験もあり、人望を買われて政界への進出を請われたが、本人は拒んだともいわれる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

TSUTAYA onlineTSUTAYA online

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
NO.51「の・ようなもの」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【9/13(水)秋吉久美子の・・・】
 秋吉久美子のトルコ、いえ今はソープ嬢の姿がなんとも言えず好きです。
 もっと秋吉久美子出演の映画も取り上げて下さい。(山梨 金田一)

 ☆☆山梨の金田一さん、お便りありがとうございました。
   ぜひ貴方からも秋吉久美子出演のオススメ映画をお寄せ下さい。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【黒澤ファンさんのオススメ「野良犬」】
 まだ戦後間もない頃に刑事や銃を題材にしたこのような映画をよく描けたと思います。
 きっと黒澤監督ならではの事だと思います。(黒澤ファン)

 ☆☆黒澤ファンさん、お便りありがとうございました。
  きっと黒澤監督の映画にお詳しい方なのでしょうね。  
  また黒澤監督の映画のお便りをお待ちしております。(映画で元気)
「野良犬」(ノライヌ)
製作:1949年 
監督:黒澤明 クロサワアキラ
出演:三船敏郎 ミフネトシロウ  (村上五郎刑事)
   志村喬 シムラタカシ  (佐藤刑事)
   清水元 シミズゲン  (中島主任警部)
   永田靖 ナガタヤスシ  (阿部捜査主任)
   河村黎吉 カワムラレイキチ  (スリ係老刑事市川)
・「不良少女(1949)」「風の子」の本木莊二郎の製作で、黒澤明の原作を新人菊島隆三が脚色。演出は「静かなる決闘」の黒澤明で撮影は「青い山脈(1949)」の中井朝一の担当である。出演者はストーリーの関係で大勢を動員「酔いどれ天使」「静かなる決闘」の三船敏郎、志村喬をはじめ、俳優座の出演をはじめ、第一協団、バラ座の一部参加、井田綾子は松竹少女歌劇研究所員より抜てきされた。
↓「野良犬」のDVD

↓「野良犬」のDVDレンタル

iconicon

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年9月15日 (金)

NO.51「の」のつく元気になった邦画「の・ようなもの」

「の・ようなもの」

<元気コメント>
 とぼけたユーモアは、心を和ませホッと一息つかせてくれます。 
 
<あらすじ>
 二ツ目の落語家、志ん魚は二十三歳の誕生日、志ん米はじめ、仲間の援助で初めてトルコに行った。
 志ん魚についたエリザベスは初々しい彼に興味を抱き、二人はその日からデートを重ねた。
 彼女はペンギンブックスを読むようなインテリだ。数日後、そんな志ん魚に、女子高の落研に所属する女の子たちがコーチを依頼に来る・・・(goo映画案内より)

<データ>
「の・ようなもの」
製作:1981年 日本へラルド映画配給
監督:森田芳光 モリタヨシミツ
出演:秋吉久美子 アキヨシクミコ  (エリザベス)
   伊藤克信 イトウカツノブ  (志ん魚)
   尾藤イサオ ビトウイサオ  (志ん米)
   でんでん   (志ん水)    
   小林まさひろ コバヤシマサヒロ  (志ん肉)

・ 古典落語の修業に励む二ツ目の落語家とトルコ嬢、落研の女高生たちの青春群像を描く。
  脚本、監督は「ライブイン茅ケ崎」など自主映画で活躍、この作品が劇場用映画のデビューとなる森田芳光、撮影は渡部眞が担当。(goo映画案内より)

↓「の・ようなもの」のDVD

参考:「二つ目」(ふたつめ、落語家の身分)
 落語家身分は前座、二ツ目、真打の三段階からなり、二ツ目から真打は己の師匠と別の師匠による推薦の後、試験により昇進が決められる。
(前座)
 入門したての落語家の卵であり、お囃子の演奏、お茶くみなど楽屋の雑用をこなす。
 師匠の家に住込むこともあり、師匠の身の回りの世話をすることもある。
 最も古株の前座のリーダー格を立前座と呼ぶ。
 寄席で「開口一番」と呼ばれる最初の一席を受持つ場合もあるが、飽くまで「勉強の為」であるから通常は番組にも載らず、割(客の入りに応じて分配される給金)ももらえない。
 第二次世界大戦直後位までは古参で実力のある前座も存在したが、その後はある程度の年数が経つと、ほぼ自動的に昇進するようになった。

(二ツ目)
 見習いを終えて、紋付きの羽織を着ることが許されるようになる。
 寄席で口演すると割がもらえるようになるが、通常の場合仕事は殆ど無く、前座と違って雑用で給金や小遣いがもらえる訳でもなく経済的には苦しいと言われ、アルバイトなどをするものも少なくない。

(真打)
 真打になることを「真を打つ」と言う。
 昇進の際には真打披露目が行われ口上が述べられる。
 寄席で主任(とり)を務めることができる資格を有することを意味する。
 「真を打つ」とは寄席の終演者が閉幕の際に蝋燭の芯を打つ様からきたと伝えられる。
 また東京では真打になって初めて「師匠」と呼ばれるようになる。
 1980年代半ば頃から落語協会、落語芸術協会共に所属する噺家の半数以上を真打が占めるようになり、制度としては形骸化しているとの意見もある。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

参考「トルコ」=「トルコ風呂」(とるこぶろ)
 字義どおりにはトルコ風の浴場という意味である。
 一般的には、中東の都市でみられる伝統的な公衆浴場であるハンマーム(アラビア語。トルコ語ではハマム (hamam) という)を意図する名詞であるとみなされるが、特に日本では、かつて個室付特殊浴場(ソープランド)の通称として「トルコ風呂」の語が使われていた。
 しかし、1984年に元トルコ人留学生の抗議運動がきっかけになって「ソープランド」と改称され、それから年月が経過したため、昨今では性風俗用語としての「トルコ風呂」の名も忘れ去られつつある。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<「の・ようなもの」と言えば>
★「森田芳光」(もりた よしみつ)
  NO.31「そろばんずく」参照

★「古典落語」(こてんらくご)
 落語の演目のうち、一般に江戸時代から明治時代に作られたものを指す。
 それよりも新しい時代に作られた演目は、新作落語と呼んで区別される。
 なお、創作落語は関西の落語家による造語であり文献によっても広く古典と対比されるのは新作とされる。

 落語は、江戸時代、軽めの講談、辻話(辻芸)として京都の露の五郎兵衛らによって創作され、明治時代になって三遊亭圓朝によって大成され、都市化、筆記化とともに大衆文化として花開いた。
 この時代までに骨格の出来上がった演目が、古典落語に相当する。
 第二次世界大戦後は、ラジオ寄席、TV放映などを通して人気を維持したが、大衆レベルでの古典文化の喪失、名人の死去、後継者のレベル低下、娯楽の多様化などから、人気が衰えつつある。
 だが2005年に放送した、タイガー&ドラゴン(NO.33「タイガー&ドラゴン」参照)という古典落語を舞台にした連続ドラマを放送したところ、若い世代に古典落語を知る機会を与え、若い世代の客層が増えてきたとされている。

 古典落語の演目は、その内容から、落とし噺と人情噺とに大別される。
 上方と江戸で別々に発展したため、東西によって落語の題名が違ったり、片方にしかない演目がある。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
↓「古典落語名作選 其の一」のDVD

  
★「秋吉久美子」 (あきよし くみこ)
(1954年7月29日 - )日本の映画女優。本名、小野寺 久美子。静岡県出身。Beside所属。
 父親の業務上の理由で、福島県いわき市で育ち、福島県立磐城女子高等学校(現・福島県立磐城桜が丘高等学校)を卒業。

 1972年、松竹映画、『旅の重さ』の主役オーディションで、高橋洋子についで2位となり、端役として出演する。
 この演技が認められ、1973年、松本俊夫監督の『十六歳の戦争』に主演するが、難解だという理由で1976年まで公開されなかった。

 1974年、日活の藤田敏八監督の青春映画『赤ちょうちん』、『妹』、『バージンブルース』に立て続けに出演し、愛くるしい表情とそれに似合わない大胆な脱ぎっぷりで一躍フォークソングとベトナム反戦の時代の寵児となる。
 代表的な作品には、『誘拐報道』(1982年、東映)、『異人たちとの夏』(1988年、松竹)、『レッスン』(1994年、ポニーキャニオン)、『深い河』(1995年、東宝)などがある。
 
 円熟した女性を演じて定評がある。
 濡れ場シーンでは、他の同年輩の女優の追随を許さない大胆な演技を披露した。
 美しい豊乳、裸体でも有名。
 20歳前後の裸もいいが、20代後半の『ウィークエンド・シャッフル』(1982年)などで見せた裸体は生唾モノである。
 
 作詞家としても活躍しており、DOGGY BAG、松尾光次にも楽曲を提供している。
 またシラケが流行した1970年代、桃井かおりらとともに、そのユニークな言動が話題を呼んだ。このため「シラケ女優」、「なまいき」、「毒舌」などと言われた。
 有名なものに、「面白くもないのにカメラの前で笑ったり、俳優ってバカみたい」や、子供が出来たときの記者会見の「おなかが大きくなるのはイヤ、卵で産みたい」、映画『異人たちとの夏』で日本アカデミー賞「助演」女優賞を獲ったときの「私、助演やってるつもりないんですけど」などがある。
 
 近年はバラエティにもゲスト出演している。
 2006年8月12日、NHKで放送予定第38回『思い出のメロディー』で司会に初挑戦。
 会見で「あのころは"痛がる時代"だったと思う」と独自の理論を披露した。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
↓「秋吉久美子 DVDセレクション」のDVD

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
(今週はお便りはございません)

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【ダイアナさんのオススメ「ネットワーク」】
 「ネットワーク」。
  フェイ・ダナウェイが両手を挙げるシーンが好き。(ダイアナ)
 
☆☆ダイアナさん、お便りありがとうございました。
  フェイ・ダナウェイは、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞したんでしたね。  
  またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

「ネットワーク」(Network)
製作:1976年 アメリカ ユナイト映画配給
監督:Sidney Lumet シドニー・ルメット
出演:Faye Dunaway フェイ・ダナウェイ  (Diana Christensen)
   William Holden ウィリアム・ホールデン  (Max Schmacher)
   Peter Finch ピーター・フィンチ  (Howard Beale)
   Robert Duvall ロバート・デュヴァル  (Frank Hackett)
   Wesley Addy ウェズリー・アディ  (Nelson Chaney)
・ 視聴率を増大させんがために血道を上げる野望の集団を描く。
 製作はハワード・ゴットフリード、監督は「狼たちの午後」のシドニー・ルメット、原案・脚本は「ホスピタル」のパディ・チャイエフスキー(ノヴェライゼーション/サム・ヘドリン著・番町書房刊)、撮影は「サウス・ダコタの戦い」のオーウェン・ロイズマン、音楽はエリオット・ローレンス、編集はアラン・ハイムが各々担当。
 出演はフェイ・ダナウェイ、ウィリアム・ホールデン、ピーター・フィンチ、ロバート・デュヴァル、ウェズリー・アディ、ネッド・ビーティ、ビル・バロウズなど。
↓「ネットワーク」のDVD

↓「ネットワーク」のDVDレンタル

iconicon

↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【高崎の高村さんのオススメ「ネバーエンディング・ストーリー」】
 いつもメールマガジンを楽しく拝見させて頂いておりますが、今回初めてお便りさせて頂きました。
 ちょっと古い映画かもしれませんが、「ネバーエンディング・ストーリー」は私にとって思い出深い映画なのです。(高崎 高村)
 
 ☆☆高崎の高村さん、お便りありがとうございました。
   貴方にとってどんな楽しい思い出だったのでしょうか。
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

「ネバーエンディング・ストーリー」(The Neverending Story)
製作:1984年 西ドイツ東宝東和配給
監督:Wolfgang Petersen ヴォルフガング・ペーターゼン
出演:Noah Hathaway ノア・ハサウェイ  (Atreyu)
   Barret Oliver バレット・オリヴァー  (Bastian)
   Tami Stronach タミー・ストロナッハ  (Childlike Empress)
   Moses Gunn モーゼス・ガン  (Cairon)
   Patricia Hayes   (Urgl)
・ 幻想の国が無に襲われ危機に瀕するというファンタジーと、その物語に読みふける少年を並行して描く。
 ベルント・アイヒンガーとディーター・ガイスラーがノイエ・コンスタンチンのために製作。
 アメリカのWBが配給会社PSOを通じて製作費を出資している。
 エグゼキュティヴ・プロデューサーはマーク・デーモン(PSO社長)とジョン・ハイド。
 監督は「U・ボート」のヴォルフガング・ペーターゼン。
 ミヒァエル・エンデの『はてしない物語』(岩波書店)に基づいてペーターゼンとヘルマン・ヴァイゲルが脚本を執筆。
 ただし、原作者は映画の出来に不満で、法廷に訴えて自分の名前をクレジットから削らせている。
 撮影はヨスト・ヴァカーノ、音楽はクラウス・ドルディンガー、特殊効果はブライアン・ジョンソンが担当。
 主題歌をリマールが歌っている。
 出演はノア・ハサウェイ、バレット・オリヴァーなど。
 本国での題名は “Die Unendliche Geschichte"

↓「ネバーエンディング・ストーリー」のDVD

↓「ネバーエンディング・ストーリー」のDVDレンタル

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

NO.50「ね」のつく元気になった洋画「ネバーセイ・ネバーアゲイン」

<元気コメント>
 誰しも老いたることを自覚するのはつらいものである。
 増してや名声を築いた身なればこそだ。
 だが、それを跳ね返すことができた時、人生の達成感にあふれる。

<あらすじ>
 ジャングルにある要塞に侵入するジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)。彼は敏捷な行動で敵を倒し、捕らわれの身となっている若い女性のところへ行く。
 彼女をたすけ起こそうとした時、彼女は隠し持っていたナイフで彼を刺す。
 以上は訓練の一つで、それを記録したビデオ・テープを見ながら、新しいMは言う。
 「私は前任者ほど君を買っていない。スパイ学校で講師をしている間に君の身体はなまったらしいな。シュラブランド療養所に行き、鍛え直したまえ」。
 一方、対謀報・テロ・復讐・強要機関スペクターは部下を集め、首領のブロフェルド(マックス・フィン・シドー)が、新たなる謀略行動アラーの涙作戦2を発表する・・・(goo映画案内より)

<データ>
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(Never Say Never Again)
製作:1983年 アメリカ 日本ヘラルド映画配給
監督:Irvin Kershner アーヴィン・カーシュナー
原作:Ian Fleming イアン・フレミング
出演:Sean Connery ショーン・コネリー  (James Bond)
   Klaus Maria Brandauer クラウス・マリア・ブランダウアー  (Largo)
   Max Von Sydow マックス・フォン・シドー  (Blofeld)
   Barbara Carrera バーバラ・カレラ  (Fatima)
   Kim Basinger キム・ベイシンガー  (Domino)

・ スペクターによって奪われた核ミサイルを、英国情報部員ジェームズ・ボンドが取りもどすまでを描くアクション映画。
 イアン・フレミング著「サンダーボール」(早川ポケットミ・ステリ)の映画化権を持つケヴィン・マクローリーが、その権利をジャック・シュワーツマンに売り、シュワーツマンが製作に当った。
 マクローリーはエグゼクティヴ・プロデューサーとクレジットされているが、名前だけで製作にはタッチしていない。
 監督は「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)のアーヴィン・カーシュナー。
 脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はダグラス・スローカム、音楽はミシェル・ルグランが担当した。
 主題歌をラニ・ホールが歌っている。
 第2班監督はミッキー・ムーア、水中場面監督はリコウ・ブラウニングがつとめている。
 出演は「007/ダイヤモンドは永遠に」(71)以来12年振りにボンド役を演じるショーン・コネリーの他に、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フィン・シドー、キム・べイシンガー、バーニー・ケーシーなど。
 パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。(goo映画案内より)

↓「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のDVD

↓「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のDVDレンタル

iconicon

↓「ネバーセイ・ネバーアゲイン」映画原作小説(「サンダーボール作戦」)

サンダーボール作戦

↓「ネバーセイ・ネバーアゲイン サントラ」

ネバーセイ・ネバーアゲイン サントラ 

参考:映画原作者のイアン・フレミングや、主演のショーン・コネリー  についてはNO.29「007ドクター・ノオ」を参照

参考:007シリーズ第4作『サンダーボール作戦』の再映画化
 1982年に、007映画から離れていたショーン・コネリー主演で『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(アーヴィン・カーシュナー監督)が制作された。
 これは1961年にフレミングが書いた『サンダーボール作戦』(1965年にイオン・プロダクションのシリーズ第4作としてテレンス・ヤング監督、コネリー主演で映画化)の、イオン・プロダクションから離れた形での再映画化である。
 この作品も権利関係の混乱による産物であり、以後、イオン・プロダクション以外で007映画は制作されていない(上記の様な理由から、007映画にはおなじみのオープニングテーマとオープニングで、ボンドを狙う銃口―逆に撃たれて血を流すシーンは使用されていない)。
 2000年頃に『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のプロデューサーとソニーが組んで、イオン・プロダクションとは無関係の新007シリーズを製作すると発表した。
 イオン・プロダクションとMGM(ユナイテッド・アーティスツを買収)はこれに反発し、事態は法廷闘争に持ちこまれた。
 最終的にソニーは新007の製作を断念、その代替としてかヴィン・ディーゼル主演のスパイアクション大作トリプルXを製作した。
 これをシリーズ化するかと見られていたソニーだが、意表を突くかのように、経営難に陥ったMGMを買収したので、ソニーは本家「007」映画の製作に携われるようになった。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

「サンダーボール作戦」のDVD

「サンダーボール作戦」のDVDレンタル

iconicon

「サンダーボール作戦」サントラ

<「ネバーセイ・ネバーアゲイン」と言えば>
★ラルゴの愛人ドミノ・ペタチ=キム・ベイシンガー
(Kim Basinger、1953年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州出身の女優。父親はジャズバンドに所属し、母親はダンサーだった。
経歴
 子供の頃はバレエを習っていた。16歳の時にミスコンに出場し、ジョージア州の代表に選ばれニューヨークに行く。その時モデル・エージェンシーに見出され、20歳の時にはトップモデルとなっていた。
 その後ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学び、ハリウッドに移って俳優としての道を模索しはじめた。
 1970年代中頃から『チャーリーズ・エンジェル』等のテレビ番組に端役で出演するようになり、1983年、007シリーズ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のボンドガールに抜擢される。
 1985年の『ナインハーフ』で大胆な演技が話題を呼び、スターの仲間入りを果たした。
 1992年『ボクシング・ヘレナ』を降板したことで訴えられ、多額の損害賠償を払い破産宣告を受けた事もある。
 1993年、『あなたに恋のリフレイン』で共演したアレック・ボールドウィンと結婚したが、2002年に離婚した。
 1997年、往年の女優ヴェロニカ・レイク彷彿とさせる役柄で『L.A.コンフィデンシャル』でゴールデングローブ賞 助演女優賞、アカデミー助演女優賞を受賞。
「ナイン・ハーフ」
・ ふとしたきっかけで知り合った男が女に仕掛けるエロティックな行為によって、女の内側に潜む官能が次第に刺激され、目覚めていくさまを9週間半にわたって描いた作品

★バハマ・ニース
 ジェームス・ボンドがスペクターの女殺し屋ファティマ(バーバラ・カレラ)と凌ぎを削ったのがカリブ海バハマ
 バハマへは?→例:「♪魅惑のバハマ、素肌に感じる情熱は常夏の余韻♪★☆バハマの休日 6日☆★」 iconicon
 ジェームス・ボンドがラルゴは愛人ドミノ・ペタチ(キム・ベイシンガー)と堂々のタンゴを踊るったのが南仏ニース
 ニースへは?→例:「NET限定< AF利用 フランスレールパス1等利用! ゆとりの個人旅行♪ マルセイユ&ニース7日間」iconicon

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.49「眠狂四郎殺法帖」をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【9/2(土)こんなに早く】
 こんにちは、以前に投稿させて頂いた坂梨です。
 こんなに早く市川雷蔵の映画を取り上げて頂けるとは思いませんでした。
 雷蔵ファンとしては大歓迎です。(坂梨)

 ☆☆坂梨さん、度々のお便りありがとうございました。
   今度はぜひ坂梨さんオススメの市川雷蔵出演映画を掲載したいですね。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
↓オススメ映画をお寄せ頂いたお便りです
【京都大村さんのオススメ「ねらわれた学園」】
  薬師丸ひろ子主演の「ねらわれた学園」が、当時高校生だった私の思い出です。
  あ、これじゃあ年齢がわかってしまいますね。(笑)
  超能力とやらでまたあの頃に帰りたいです。(京都 大村)

 ☆☆京都の大村さん、お便りありがとうございました。
   年齢は秘密にしておきます。
   ところで1997年版の「ねらわれた学園」はご覧になっていますか。   
   またのお便りをお待ちしております。(映画で元気)

「ねらわれた学園」1981
製作:1981年 東宝
監督:大林宣彦 オオバヤシノブヒコ
原作:眉村卓 
出演:薬師丸ひろ子 ヤクシマルヒロコ  (三田村由香)
   高柳良一 タカヤナギリョウイチ  (関耕児)
   長谷川真砂美 ハセガワマサミ  (高見沢みちる)
   手塚真 テヅカマコト  (有川正彦)
   船木浩行 フナキヒロユキ  (大野)

・ 平穏な学園を支配しようとする超能力を持った女生徒に立ち向う同じ力を持った少女の活躍を描く。
 眉村卓の同名の小説の映画化で、脚本は「水戸黄門(1978)」の葉村彰子、監督は「金田一耕助の冒険」の大林宣彦、撮影は「オレンジロード急行」の阪本善尚がそれぞれ担当

↓「ねらわれた学園」1981のDVD

↓「ねらわれた学園」のDVDレンタル

iconicon

↓「ねらわれた学園」映画原作小説

「ねらわれた学園」1997
製作年:1997年 ギャガ・コミュニケーションズ配給(配給協力*ゼアリズ)
監督:清水厚 シミズアツシ
出演:村田和美   (楠本和美)
   柏原収史 カシワバラシュウジ  (関耕児)
   佐伯日菜子 サエキヒナコ  (高見沢みちる)
   太田有美 オオタユミ  (五十嵐さつき)
   星野あずさ   (西沢響子)

↓「ねらわれた学園」1997のDVD

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 1日 (金)

NO.49「ね」のつく元気になった邦画「眠狂四郎殺法帖」

「眠狂四郎殺法帖」(ネムリキョウシロウサッポウチョウ)

<元気コメント>
 誰にも束縛されず自由に生きたい。
 幸福を求める一つの方法だと思います。
 眠狂四郎の行き方にはそんな一面がうかがえます。

<あらすじ>
 円月殺法を使うニヒルな浪人・眠狂四郎を市川雷蔵が演じた、エロチシズムと猟奇溢れる娯楽時代劇シリーズ第1作目
 眠狂四郎の下へ加賀前田藩の奥女中・千佐が訪れ、唐人・陳孫から命を守って欲しいと乞う。
 狂四郎は密貿易に絡む争いに巻き込まれていく。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

<データ>
「眠狂四郎殺法帖」
製作:1963年 大映 
監督:田中徳三 タナカトクゾウ
原作:柴田錬三郎 シバタレンザブロウ
出演:市川雷蔵 イチカワライゾウ  (眠狂四郎)
   中村玉緒 ナカムラタマオ  (千佐)
   城健三朗 ジョウケンザブロウ若山富三郎  (陳孫)
   小林勝彦 コバヤシカツヒコ  (金八)
   扇町景子 オウギマチケイコ  (芸者歌吉)

・ 柴田錬三郎の同名小説より、「座頭市兇状旅」の星川清司が脚色、「座頭市兇状旅」の田中徳三が監督した時代劇。
  撮影もコンビの牧浦地志。

↓「眠狂四郎殺法帖」のDVD

↓「眠狂四郎殺法帖」のDVDレンタル

iconicon

↓「眠狂四郎殺法帖」映画原作小説

参考:★眠狂四郎シリーズ raizofan.net

<「眠狂四郎」と言えば>
★眠狂四郎シリーズ ちょんまげランド

★市川雷蔵・眠狂四郎 ドリームBox・SP 

★コミック「眠狂四郎」作画:柳川喜弘 新潮社コアミックス(パピレス)

★市川雷蔵以降「眠狂四郎」を演じた人々
(田村 正和:『眠狂四郎』は市川雷蔵の当たり役であったが、雷蔵亡き後を継ぎドラマで狂四郎を演じたところ、それを見た原作者の柴田錬三郎が「田村正和は最高の狂四郎役者」と絶賛したのはもはや伝説である)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.48「ヌーヴェルヴァーグ」の記事ををご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【8/28(月)「勝手にしやがれ」を見ました】
 「ヌーヴェルヴァーグ」が手に入らなかったので、「勝手にしやがれ」を見ました。
 ジャン・ポール・ベルモンドってほんと素敵です。(島根 パトリシア)

 ☆☆島根のモーリーさん、お便りありがとうございました。
   パトリシアというのはジーン・セバーグが演じるジャン・ポール・ベルモンドの恋人役の名前ですね。
   「ヌーヴェルヴァーグ」もご覧になったらお便り下さい。
   またのお便りをお待ちしております。 (映画で元気)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
↓NO.48「ヌーヴェルヴァーグ」の記事をご覧になってお寄せ頂いたお便りです
【8/28(月)「映画史」はすごい!】
 ゴダールの「映画史」を見ました。
 映画マニアなら必見だと思います。(難波)

 ☆☆難波さん、お便りありがとうございました。
   残念ながら私は「映画史」をまだ見ていません。
   機会があればぜひ見たいですね。
   またのお便りをお待ちしております。映画で元気)

「ゴダールの映画史」(Histoire(s) du cinema)
製作:1998年 フランス フランス映画社配給 
監督:Jean-Luc Godard ジャン・リュック・ゴダール
・ヌーヴェル・ヴァーグの偉才ジャン=リュック・ゴダールによる、百年余に及ぶ映画の歴史の集大成。
 全体は8章。各章のタイトルは、1章(1A)『すべての歴史』、2章(1B)『ただ一つの歴史』、3章(2A)『映画だけが』、4章(2B)『命がけの美』、5章(3A)『絶対の貨幣』、6章(3B)『新たな波』、7章(4A)『宇宙のコントロール』、8章(4B)『徴は至る所に』。
 監督・編集・出演(朗読も)はゴダール。
 88年に第1章・第2章の初版完成(日本ではWOWOWとNHKで放映、今回の決定版は新たな編集版)、94~96年に第3~7章が完成、98年に全8章が完成。
 フィルムとビデオを用いて撮影・編集されたものをデジタルベータカムによって完成。
 フランス本国では全4巻のビデオが販売され、99年夏にカナル・プリュス系列で全欧に向けテレビ放映。
 4時間半の長尺のため、前半の4章を第1部、後半の4章を第2部として公開(goo映画案内より)

↓「ゴダールの映画史」のDVD

◇◇貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい
(今回はお便りがございません)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »