トップページ | 2005年11月 »

2005年10月27日 (木)

0005「五つの銅貨」

B0002J539W

五つの銅貨

<元気コメント>
  ジャズ界の頂点に立とうという名コルネット吹きが、娘の脚の病に責任を感じて引退する。だが、逆に成長した娘に励まされカムバックする日、娘と父の感動の舞台が待っていた。
→浮き沈みの激しい世の中で、努力により辛さを克服した時の得がたい喜びに感動し元気が出ました。

<あらすじ>
  ジャズ・プレイヤー、レッド・ニコルズの半生を描いた伝記的作品。時は1920年代の禁酒法時代。ユタ州の田舎からニューヨークに出てきたコルネット奏者レッド・ニコルズ(ダニーケイ)は、バンド仲間と歌手の女性二人と、あるクラブへやってくる。そこで、飛び入りで、ルイ・アームストロングとリ・パブリック讃歌を共演する。やがて自分の楽団ファイヴ・ペニーズを結成し成功するが、全国の演奏ツアー中に娘が小児麻痺で倒れてしまう。一度はジャズを捨てた彼が、再びカムバックするまでを感動的に描く。ちなみにタイトルの「五つの銅貨」は、レッド・ニコルズの楽団名であり、ヒット曲名である。

<データ>

五つの銅貨
1959年 アメリカ・パラマウント
監督:メルヴィル・シェイヴルソン(Melville Shavelson)
出演:ダニー・ケイ(Danny Kaye)バーバラ・ベル・ゲデス(Barbara Bel Geddes)ルイ・アームストロング
(Louis Armstrong) チューズデイ・ウェルド(Tuesday Weld)

参考:「五つの銅貨」主題歌歌詞
これは願いごとの銅貨 願いをかなえてくれる
これは希望の銅貨 夢を見せてくれる
これは踊る銅貨 キラキラ輝いている

口笛のように軽く 花のように明るく
まばたきのように ほんの一瞬だけ

これは笑いの銅貨 涙から守ってくれる
これは最後の銅貨 何よりも大切なもの

愛を教えてくれる 天国のある場所を
五つの銅貨があれば 君は百万長者さ

参考:ダニーケイ 1913年、ニューヨーク生。コメディ、ミュージカルと大活躍し、ボブホープと並ぶエンターテイメント。彼の得意ワザは物真似と早口言葉。「虹を掴む男」ではその早口と物真似を、「ホワイトクリスマス」ではビングクロスビーと、この「五つの銅貨」ではルイ・アームストロングとデュエットを行い彼の持ち味を発揮している。74才でこの世を去っているが、彼の名前は、日本の有名なコメディアン、そして演奏家でもある谷啓さんに引き継がれている。ダニーケイ→たにけい…谷啓の名はダニーケイに由来しているという。
                              
◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい

◇◇また貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

0004「命のビザ」

六千人命のビザ」(ドラマ)
images <元気コメント>
助けを求めるユダヤ人と日本政府の助力拒否に現地責任者の杉原千畝(すぎはら ちうね)は悩む。だが良心と向かい合った時、自分の職を失うことになっても体制に従うことができないと決断した。
→本人の勇気と家族の支えの姿が、生きること、生きられることに感動を与え、辛い時に元気づけてくれました。

<あらすじ>
   第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害を受けていたユダヤ人難民たちに通過ビザを発給し、多くの尊い命を救った“杉原千畝”の物語を描いたドラマ作品。(オリコン・データベースより)ナチス・ドイツに迫害されていたポーランドのユダヤ人は、スイスと同じように中立国と思われていたリトアニアに移住してたが、1940年7月15日親ソ政権が樹立され、ソ連がリトアニアを併合することが確実となった。リトアニアがソ連邦下になれば、ユダヤ人たちは国外に出る自由は奪われてしまう。ヒトラーの戦略から、いずれは独ソの戦いが始まることも視野にいれると、ソ連に併合される前にリトアニアを脱出しなければ、逃亡の経路は断たれてしまうとユダヤ人たちは予感していた。もはや一刻を争う状態だった。すでにポーランド、デンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギー、フランスがドイツの手に落ちていたの、ユダヤ人の逃亡手段は日本の通過ビザを取得し、そこから第三国へ出国するという経路しか残されていなかった。だが、日本の通過ビザを取るには受入国のビザが必要だった。ソ連併合に備え、領事館が撤退する中、ユダヤ人難民に対して入国ビザを発給する国がない。この窮状を解決したのは、カウナスの各国領事の中で唯一ユダヤ人に同情的だったオランダ名誉領事ヤン・ツバルテンディクである。彼はカリブ海に浮かぶオランダ植民地キュラソー島なら、税関もないので入国できるということに目をつけ、キュラソー行きのビザの発給を決断した。キュラソー島は岩だらけの小島で、ユダヤ人の窮状を救うために考えられた方便であったが、もはやこれしか方法がない。「キュラソー・ビザ」を持ってユダヤ人が杉原千畝を責任者とする日本領事館に押し掛けたのは、1940年7月18日午前6時であった。
(「6000人の命のビザ」杉原千畝生誕100年記念事業のご案内 より一部引用)

<データ>
「命のビザ」(ドラマ)
制作:?年 日本
監督:大山勝美
出演:加藤剛、秋吉久美子

制作:2005年 日本
監督:渡辺孝好
出演:反町隆史 飯島直子 伊東四朗 伊武雅刀 勝村政信 吹石一恵 生瀬勝久

images3

著者名:杉原幸子 
出版社:大正出版 
発行年月:1993年10月 

参考:杉原千畝氏戦後の名誉回復
 2000年10月10日河野外相は遺族に対し、「外務省とご家族との間に色々ご無礼があった」と語り、戦後の外務省の対応について外相として初めて謝罪しました。杉原氏の功績を称える顕彰プレ-トも都内の外交資料館に設けられ、半世紀以上を経ての外務省による「名誉回復」となりました。

参考:「6000人の命のビザ」杉原千畝生誕100年記念事業のご案内

参考TV放送ガイド 

◆◆このドラマをご覧になった方は感想をお寄せ下さい

◇◇また貴方のご覧になった他の<元気の出た映画・ドラマ>をご紹介して下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

0003「アイリスへの手紙」

アイリスへの手紙 icon

images
<元気コメント>
 未婚のまま妊娠した娘他2人の子供、仲のよくない失業中で同居の妹夫婦まで抱えた貧困の未亡人が、偶然知り合った文盲の男に文字を教えていく。
→自分とは比較にならない逆境の中で、さらに他人を親身に助けようとする女性のいじらしさと強さに心打たれ励まされました。

<あらすじ>
 8カ月前に夫に先立たれたアイリス・キング(ジェーン・フォンダ)は、パン工場に勤めながら、娘のケリー(マーサ・プリンプトン)と12歳の息子リチャード(ハーリー・クロス)、さらに妹のシャロン(スウォージー・カーツ)と、彼女の夫で失業中のジョー(ジェイミー・シェリダン)を養っていた。貧困にあえぐ家の中は、暗い雰囲気に満ちていた。ある日アイリスは、工場からの帰り道に泥棒に給料を奪われるが、その時彼女を助けようとしてくれた工場のコック、スタンリー・コックス(ロバート・デ・ニーロ)と知りあい、次第に親しくなってゆく。ところがアイリスは、偶然スタンリーが文盲であることを知り、それが原因で彼は工場を追われることになってしまう。収入のなくなったスタンリーは、やむなく年老いた父レオニデス(フィオドル・シャリアピン)を老人ホームヘ入れるが、数週間後、父は帰らぬ人となった。その頃アイリスは、ケリーが妊娠していることを知り、ショックでうちひしがれる。そんな時アイリスは、父の死で自責の念にさいなまれるスタンリーから、字を教えてほしいと頼まれ、こうしてふたりの勉強は始まった。しかし、地図を片手に標識を頼りに目的地に向かうという野外学習に失敗したスタンリーは、字を覚えることを締めようとする。心を痛めたアイリスは彼の家を訪ねると、そこには彼の発明品があった。彼女はスタンリーの才能をほめ、その一言で彼は再び勉強への意欲を呼び戻す。やがてスタンリーが読み書きを自由に出来るようになった時、ふたりは愛によって結ばれるのだった。そして発明品を認められたスタンリーは、デトロイトに働きに出かけ、そこからアイリスに手紙を書き送り愛を育んだ。それから数カ月後、町に戻ったスタンリーは、アイリスにプロポーズするのだった。(goo映画紹介より)

<データ>

アイリスへの手紙 icon

制作: 1990年アメリカ 配給 : MGM/UA映画=UIP映画
原作:パット・バーカー(Pat Barker)
監督: マーティン・リットマーク・ロブソン(Martin Ritt)
出演:ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)
ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)
☆★共に2度のオスカー受賞者であるJ・フォンダとR・デ・ニーロが初共演し
た、ラブロマンス。夫を失った女性と彼女に想いを寄せる文盲の男性の、心の
ふれあいを描く。

参考アイリスへの手紙原作について
不況の風が冷たく吹きつけるイギリス北東部の炭坑町を舞台に、たくましく生きる7人の女たちの姿を描く。11歳で強姦されてしまうケリー、失業中の夫と2人の子供を抱えるリサ、60歳に達はようとする今も酒場で男の気をひいて日々の暮らしを立てているブロンディなど…。本書は出版されるや感動の嵐を呼んでベストセラーとなりデ・ニーロとジェーン・フォンダ主演「アイリスへの手紙」として映画化された。(「BOOK」データベースより)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい

◇◇また貴方のご覧になった他の<元気の出た映画>をご紹介して下さい

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

0002「嵐を呼ぶ男」

mo_15

嵐を呼ぶ男 (あらしをよぶおとこ)

<元気コメント>ドラマー合戦につぶされた右腕で望むという最悪の場面に、歌うドラマーとして蘇る。

→自由奔放な若者の生活ぶりへのあこがれと共に、逆境を福となす姿に励まされました。

images <あらすじ>
  福島慎介とシックス・ジョカーズのドラマー、チャーリー桜田(青山恭二)images2 は、華麗な演奏と美貌で人気の的だった。慎介の妹で楽団のマネージャー美弥(北原三枝)は、チャーリーとできていたが、チャーリーの浮気にほとほと愛想をつかしていた。美弥はある日、場末の三流小屋でみつけた国分正一(石原裕次郎)の、粗けずりのドラムに現代の息吹を感じた。鍛えたらきっとものになると美弥の直感が働いた。偶然、チャーリーはTVの出演に穴をあけた。美弥は正一を無理失理引っぱってきてその穴埋めとした。これは意外にも大成功で、音楽評論家の左京(金子信雄)も正一のスティックさばきを激賞した。怒ったチャーリーは退団し持永プロに走った。正一はジョカーズに引き抜かれ猛烈な練習を強いられたが、正一はよくそれに耐えた。正一の腕はめきめきとあがった。美弥を狙う左京は、正一が美弥と左京を取り持つことを条件に、正一の売出し記事を書き出し、そして日本一を争って、チャーリーと正一のドラム合戦を計画した。ところがその前の晩、酔った正一はチャーリーと踊り子メリーを争って、チャーリーの用心棒と喧嘩し、右手をケガしてしまった。翌日、超満員の観客を前に二人はドラムを叩きまくった。しかし、右手の利かない正一は次第に押された、がいきなり正一はマイクをつかむと唄い出した。"俺らはドラマー、やくざなドラマー"そのやけっぱちな力強い唄は完全に観客の心をつかんだ。歌うドラマー正一は日本一となった。

<データ>
嵐を呼ぶ男
iconicon

制作:1957年 日活
監督:井上梅次
原作:井上梅次
出演:石原裕次郎、北原三枝、金子信雄、青山恭二、岡田真澄、芦川いづみ、白木マリ他
☆★石原裕次郎を一躍国民的スターにした大ヒット作。美しい兄弟愛を中心に裕次郎が唄って暴れてぐっと泣かせる。笈田敏夫と演ずるドラム合戦は見る人を魅了する、スケールが大きい充実した娯楽大作。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

images3☆★嵐を呼ぶ男:歌詞  着メロ

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい

◇◇また貴方のご覧になった他の<元気の出た映画>をご紹介して下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

0001「六番目の幸福」

B0007TFB9O六番目の幸福 (ろくばんめのこうふく)

<元気コメント>
グラディスはイギリスの片田舎から中国への伝導を希望してロンドンへ出てくるのだが、資格がないとことわられてしまう。だが、彼女は諦めず一番安い中国行きのキップを手に入れるためメイドとして働き、日々のわずかな稼ぎも全て旅行代金に注ぎこんでしまう。

→自分の新しい夢にくじけそうになった時この映画を見て元気がでました。

<あらすじ>
日本軍による中国侵略が開始された1930年代初頭、英国女性宣教師グラディス・エイルワード(イングリッド・バーグマン)は中国カンチェン村に赴いて「六番目の幸福(六福桟)」という名の宿を開業し、そこで布教活動を始めていく。混血将校リン大佐(クルト・ユルゲンス)は数々の苦難に立ち向かう彼女を気遣うあまりに帰国を勧めるが、聞き入れようともしない。やがて、日本軍が村を襲撃してきたが、そのとき彼女は……。中国の人民に献身的に尽くし、100人の孤児を日本軍の魔手から救った英国女性の実話を基に、『チャンピオン』などの名匠マーク・ロブソン監督が描いたスケール豊かなヒューマン・メロドラマ大作。I・バーグマンの熱演はもちろんだが、『眼下の敵』など戦争ものには定評のあるC・ユルゲンスの名演も見逃せないところ。なお、撮影はロンドン郊外に中国の城郭町をオープンセットで設けて行われた。(Amazon.co.jp DVDレビューより)

<データ>
六番目の幸福 (THE INN OF THE SIXTH HAPPINESS)
iconicon

制作:1958年 アメリカ
原作:アラン・バージェス
監督:マーク・ロブソン(Mark Robson)
出演:イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman) 
    クルト・ユルゲンス(Curt Jurgens) 
    ロバート・ドーナット(Robert Donat) 
    ロナルド・スクワイア(Ronald Squire)

◆◆この映画をご覧になった方は感想をお寄せ下さい

◇◇また貴方のご覧になった他の<元気の出た映画>をご紹介して下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »